So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

キスの日 [┗エンタメへの想いとか薀蓄とか]

5月23日は、キスの日なんだそうです。


というのは、1946年5月23日に日本映画史上初めてキスシーンのある映画「はたちの青春」が公開されたから、らしい。


この当時、映画はGHQの検閲があって、キスシーンを入れなきゃ公開させない、と言われて、仕方なく作った場面なんだとか。とはいえ、キスシーンが見られるということで、映画は大ヒットしたそうです。
なぜ、GHQが検閲してキスシーンの必要性を説いたかというと、キスシーンこそが、日本に必要な「民主主義」の象徴だったらしい。
その後、時代が下り、映画全盛時代になると、キスシーンは当たり前のように映画に出てきて、ニューフェースでデビューした若い女優さんが、キスシーンがイヤで泣き明かした…という自叙伝を読んだりすると、本当にそれが民主主義か[exclamation&question]と思ってしまったりしたが、その謎は、宝塚の「ヘイズ・コード」で解けた。そっか、キスシーンを自由に撮影することは、アメリカ人にとっては、自由と民主主義の象徴だったのね[exclamation×2]


でも、この「はたちの青春」のキスシーン、実は、二人(大坂史郎・幾野道子)の唇の間にオキシドールを含んだ小さなガーゼが挟まれていたそうだ。当時は俳優といえども、赤の他人とキスをするなんて不潔…みたいな印象を持っていたのかもしれないが、GHQの要求を受け入れるふりをして、実は間にガーゼを挟んでいるとは、これぞ、日本映画界のレジスタンス[ひらめき]かっこいいエピソードです[揺れるハート]


そんなキスの日に、大空ゆうひさんは、キスシーンに挑んでいるわけですね。
この作品の中で、ただひとつのキスシーンは、それはもう意味があって、意味があって、意味があって…こんなに意味のあるキスシーンは日本演劇史上、例を見ないのではないかと思います[ハートたち(複数ハート)]


nice!(1)  コメント(0) 

「異人たちのルネサンス」メインキャスト配役発表 [┣宝塚情報]

現在東京公演中の「天は赤い河のほとり/シトラスの風」の次の大劇場公演のお芝居、「異人たちのルネサンス」のメインキャストの配役が発表された。


レオナルド・ダ・ヴィンチ… 真風 涼帆
カテリーナ… 星風 まどか
ロレンツォ・デ・メディチ… 芹香 斗亜


田渕先生、メディチ家に興味津々なのかな…。同じ宙組で上演された「SANCTUARY」でもメディチ家のカトリーヌ(フランス・アンリ2世の王妃)が大きな役割を果たしていたし。
今回の作品は、その時代から、またもう少し時代を遡る。「SANCTUARY」が大好きだった私としては、非常に楽しみにしております。


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

更新情報 [┣ブログ]

過去記事の更新情報です。 古いですが、宙組大劇場公演の感想はこちら、裁判劇「TERROR」の感想はこちらです。4月に見た宝塚の桜の記事はこちらです。 お正月の自炊写真はこちら、年末にいただいたリンゴで作った料理写真はこちら、国際フォーラムに展示されていた「源氏物語」ジオラマについての記事はこちら、私が超嵌まっているライトノベル、「カブキブ!」のご紹介記事はこちら、スタジオライフの感謝祭「マーガレットの花たちは冬に咲く」の私が観た作品レポートはこちら、そして、キャラメルボックス公演「ティアーズライン」の感想はこちらです。 最近の記事については、この下をスクロールしてご覧ください。 そして、写真帳のブログは、ディズニーシーのパイレーツイベントに2回目行った時の記事までアップしました。こちらからご覧ください


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

休演者… [┣宝塚情報]

月組 TBS赤坂ACTシアター公演 休演者のお知らせ


2018/05/18


月組 TBS赤坂ACTシアター公演『雨に唄えば』の休演者をお知らせいたします。


公演期間:2018年6月16日(土)~7月4日(水)   


TBS赤坂ACTシアター公演 全日程休演


(月組)佳城 葵


※怪我のため休演いたします。


※発声法の先生 役・・・佳城 葵→朝陽 つばさ


(月組)音風 せいや


※怪我のため休演いたします。


怪我のため休演…最近多いな…と感じます。
どうか、しっかり静養してくださいね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

月組退団者 [┣宝塚人事]

月組 退団者のお知らせ


2018/05/12


下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   


月組 茜 小夏


2018年7月4日(月組 TBS赤坂ACTシアター公演千秋楽)付で退団


96期もけっこうな上級生になってきたが、ACTでの退団は寂しいな…。
月娘らしい月娘。退団まで、月娘スピリットで駆け抜けてほしい。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

月組大劇場公演「エリザベート」主な配役決定! [┣宝塚情報]

月組公演「エリザベート」の配役が発表された。「エリザベート」公演は、これで10公演目。こちらに、6公演目までの一覧表を作っているので、6~10公演目までの一覧表を新たに作ってみたいと思う。


役名 18月組 16宙組 14花組 09月組 07雪組
トート 珠城 りょう 朝夏 まなと 明日海 りお 瀬奈じゅん 水夏希
エリザベート 愛希 れいか 実咲 凜音 蘭乃 はな 凪七瑠海 白羽ゆり
フランツ皇帝 美弥 るりか 真風 涼帆 北翔 海莉 霧矢大夢 彩吹真央
ルキーニ 月城 かなと 愛月 ひかる 望海 風斗 龍 真咲 音月桂
ルドルフ 暁 千星
風間 柚乃
澄輝 さやと
蒼羽 りく
桜木 みなと
芹香 斗亜
柚香 光
遼河はるひ
青樹 泉
明日海りお
凰稀かなめ
~*~*~*~
ゾフィー 憧花 ゆりの 純矢 ちとせ 桜 一花 城咲あい 未来優希
ツェップス 光月 るう 凛城 きら 天真 みちる 一色瑠加 磯野千尋
ルドヴィカ 夏月 都 美風 舞良 花野 じゅりあ 美鳳あや 灯奈美
ヒューブナー 響 れおな 松風 輝 航琉 ひびき 彩央寿音 柊 巴
死刑囚の母 玲実 くれあ 花音 舞 菜那 くらら 妃鳳こころ ゆり香紫保
グリュンネ 紫門 ゆりや 寿 つかさ 高翔 みず希 研 ルイス 飛鳥裕
Mヴォルフ 白雪 さち花 伶美 うらら 大河 凜 沢希理寿 晴華みどり
ラウシャー 千海 華蘭 天玲 美音 紫峰 七海 綾月せり 奏乃はると
スターレイ 香咲 蘭 愛白 もあ 梅咲 衣舞 花瀬みずか 麻樹ゆめみ
マックス 輝月 ゆうま 悠真 倫 悠真 倫 越乃リュウ 立ともみ
女官 楓 ゆき
姫咲 美礼
麗 泉里
美園 さくら
清華 蘭
桃歌 雪
瀬戸花 まり
花菱 りず
小春乃 さよ
遥羽 らら
華妃 まいあ
湖々 さくら
鞠花 ゆめ
桜咲 彩花
華雅 りりか
乙羽 映見
朝月 希和
花乃 まりあ
美夢ひまり
羽咲まな
彩星りおん
琴音和葉
玲実くれあ
夏鳳しおり
リヒテン 晴音 アキ 彩花 まり 芽吹 幸奈 憧花ゆりの 美穗圭子
ジュラ 春海 ゆう 春瀬 央季 芹香 斗亜
柚香 光
光月るう 蓮城まこと
ヘレネ 叶羽 時 桜音 れい 華耀 きらり 萌花ゆりあ 涼花リサ
家庭教師 桜奈 あい 綾瀬 あきな 春花 きらら 音姫すなお 山科愛
シュヴァ 颯希 有翔 美月 悠 羽立 光来 星条海斗 緒月遠麻
エルマー 蓮 つかさ
暁 千星
澄輝 さやと
蒼羽 りく
桜木 みなと
瀬戸 かずや 遼河はるひ

青樹 泉
彩那音
シュテファン 蓮 つかさ
風間 柚乃
澄輝 さやと
蒼羽 りく
桜木 みなと
鳳 真由 青樹 泉
明日海りお
沙央くらま
ヴィン嬢 海乃 美月 星吹 彩翔 仙名 彩世 夏月 都 天勢いづる
ケンペン 佳城 葵 星月 梨旺 夕霧 らい 華央あみり 谷みずせ
少年ルドルフ 蘭世 惠翔 星風 まどか 矢吹 世奈 羽桜しずく 冴輝ちはや
エーアンの歌手 周旺 真広 瑠風 輝 綺城 ひか理 輝城みつる
マデレーネ 天紫 珠李 結乃 かなり 水美 舞斗 蘭乃はな 愛原実花
黒天使 夢奈 瑠音
朝霧 真
蒼真 せれん
輝生 かなで(娼婦)
英 かおと
蘭 尚樹
彩音 星凪(娼婦)
礼華 はる
一星 慧
風馬 翔
実羚 淳
和希 そら
秋奈 るい
留依 蒔世
潤奈 すばる
希峰 かなた
優希 しおん
真名瀬 みら
冴月 瑠那
白姫 あかり
真輝 いづみ
舞月 なぎさ
和海 しょう
優波 慧
千幸 あき
紅羽 真希
亜蓮 冬馬
桐生園加
響れおな
宇月 颯
貴千 碧
紫門ゆりや
麗 百愛
煌月爽矢
鳳月 杏
星輝つばさ
真波そら
大凪真生
大湖せしる
祐樹千寿
愛輝ゆま
香音有希
香綾しずる
梓晴輝
彩凪翔
美容師 菜々野 あり 瀬音 リサ 真彩 希帆 白雪さち花
娼婦 陽海 ありさ
結愛 かれん
天愛 るりあ
菜々野 あり
羽音 みか
あまの 輝耶
侍女 白河 りり
エトワール 美園 さくら
病院長 - 七生 眞希 神房 佳希 良基天音
市長 - 朝央 れん 冴華 りおな 麻月れんか

※役名の女性役・出演者の女役さんについては赤で記載。また、本日現在、現役生は太字になっております。
なお、09年月組以降につきましては、事前にHP上で配役発表されたキャストのみ記載しております。どの役を事前記載するか、というのも、時代の流れがあって面白いな~と思います。たとえば女官と娼婦を被らせなくしてるんだな、とか。(07年雪組は、前回の一覧表から転記。)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「人形の家」初日 [┣大空ゆうひ]

女優になって5年。
ここで初キスシーンって、かなり、珍しいかも。
これ以上先だと、恋愛する役も来ないかも、だし、ゆうひさんなりに、今でしょ!ということなのかも。
しっかり見届けますよ!

nice!(1)  コメント(0) 

星組振り分け発表 [┣宝塚情報]

今回の大劇場公演終了後の星組振り分け…というか、台湾公演出演者が発表された。


(星組)万里 柚美、美稀 千種、紅 ゆずる、七海 ひろき、如月 蓮、白妙 なつ、天寿 光希、大輝 真琴、輝咲 玲央、瀬稀 ゆりと、紫月 音寧、夢妃 杏瑠、麻央 侑希、礼 真琴、ひろ香 祐、紫 りら、音咲 いつき、綺咲 愛里、拓斗 れい、桃堂 純、彩葉 玲央、有沙 瞳、天華 えま、夕渚 りょう、湊 璃飛、華雪 りら、小桜 ほのか、蒼舞 咲歩、桜里 まお、隼 玲央、希沙 薫、二條 華、きらり 杏、碧海 さりお、天飛 華音、咲城 けい、紅咲 梨乃、澄華 あまね、瑠璃 花夏、孔雅 といろ


以上40名が台湾行きのメンバー。海外公演だけに手厚い。


次に、上記メンバーが、梅田芸術劇場メインホール&日本青年館ホールで、台湾公演のプレビュー上演をしている間、バウホールで上演される「NEW WAVEー星―」の出演者です。


(星組)瀬央 ゆりあ、紫藤 りゅう、朝水 りょう、華鳥 礼良、澪乃 桜季、天希 ほまれ、天路 そら、遥斗 勇帆、七星 美妃、桜庭 舞、朱紫 令真、極美 慎、颯香 凜、夕陽 真輝、彩園 ひな、麻倉 しずく、都 優奈、奏碧 タケル、水乃 ゆり、侑蘭 粋、星咲 希、音佳 りま


95期は、せおっち一人なのね…[あせあせ(飛び散る汗)]
第1回の時は、柚香光でさえ「主な出演者」になれなかったのに、第5回は、公演の長とは…[exclamation×2]


そして、台湾公演の時、バウホールで公演する瀬央ゆりあ初主演作品「デビュタント」の出演者はこちらです。


(星組)音波 みのり、漣 レイラ、瀬央 ゆりあ、紫藤 りゅう、朝水 りょう、華鳥 礼良、澪乃 桜季、天希 ほまれ、天路 そら、七星 美妃、桜庭 舞、朱紫 令真、極美 慎、煌 えりせ、蓮月 りらん、颯香 凜、夕陽 真輝、彩園 ひな、麻倉 しずく、星蘭 ひとみ、草薙 稀月、都 優奈、奏碧 タケル、水乃 ゆり、鳳真 斗愛、侑蘭 粋、星咲 希、紘希 柚葉、羽玲 有華、瑛美花 れな


ショー作品である「NW」の方が出演者が少ないのは理解できるのだけど、微妙に、「NW」のみに出演するメンバーがいるのは、なぜなのだろうか…


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

松山城 [┣百名城]

松山での初日、ずいぶん早く休んだので、翌朝は早朝から元気に目覚め、さっそくチェックアウト。元気に歩き始めて少しして、荷物を持ってきてしまったことに気づいたが、まいっか…と、そのまま歩き、松山城入口へ。


松山城1.jpgロープウェイ・リフト乗り場の前には、こんなキャラたちがお出迎えを。馬に乗っているのは、松山城を築城した、三番槍・加藤嘉明公。
左側にいるのは、「坊っちゃん」のキャラクターたちで、左から、坊っちゃん、マドンナ、赤シャツ・野だいこ。松山の二大名物、なんでしょうね。


こちらで往復のチケットを買い、大きな荷物をロッカーに預けて出発。ロープウェイとリフトはどちらを選んでもOK。私は、なんとなくロープウェイを選んでみました。
あとで思ったのは、帰りは坂を下って二の丸庭園に行き、歩いて戻るというのも散策方法としてはあるのかな…ということ。その場合は、荷物を乗り場に置いてきちゃダメですけどね。


松山城2.jpgロープウェイから見たリフトの光景。
あっちも爽やかな感じでいいなぁ~[黒ハート]


松山城は、加藤嘉明によって1602年頃から築城されたが、完成前に嘉明自身は転封になってしまったとか。
天守閣は、連立式の層塔型天守で、日本三大連立式平山城のひとつでもある。そして、日本に十二しかない現存天守のひとつです、もちろん。


松山城3.jpgこちらは、小天守から撮影した、大天守。
登城前に、いくつか、撮影ポイントがあるのですが、新緑の季節のせいか、緑に隠れて、なかなか全貌が撮影できない…無念[もうやだ~(悲しい顔)]
そういう意味では、同じ連立式平山城の姫路城は、フォトスポットがしっかり確保されている辺り、観光に適した城といえるかもしれない。


あ、奇しくも、ちょうど一年前のこどもの日に姫路城に行ったんだった[exclamation]こりゃ、来年のこどもの日は、和歌山城(日本三大連立式平山城最後のひとつ)に行くしかないかも…[exclamation×2]


松山城4.jpg


大天守からの眺め。
あちこちに、櫓があって、これだけの施設が残っている城というのは、かなり珍しいと思った。(現存建築は、21棟もあるとか。)


お天気も良くて、今年のこどもの日も、「城日和」でした[るんるん]


松山城5.jpgもう一枚。遠くに見える海のようなものは、瀬戸内海。あっち側から来たんだな、私は…と思いつつ(笑)


詳細な写真は、いつアップされるか不明の「写真帳」を気長にお待ちいただくとして(汗)、見るものがたくさんあって、楽しいお城でした。


松山城6.jpgどうにか、木々の間から撮影した遠景です。


帰りはリフトに乗って地上へ。
時間があったので、秋山兄弟生誕の地へ寄ってから、JR松山駅に向かった。秋山兄弟の記事は、また別の機会に[exclamation]


 


 


 


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

湯築城 [┣百名城]

ミュージカルを楽しんだ帰りは、道後温泉近くまで戻り、湯築(ゆづき)城に。


湯築城1.jpg日本百名城に、愛媛県からは5つの城が選ばれている。これは、全国最多。坊っちゃん劇場でホタテくんを観ることも、今回のGW旅行の大きな目的だったが、四国の城を見てみようというのも、大きな目的。というわけで、イヨテツの市電に揺られて、到着!


すぐ近くに道後温泉がある平場に、そこだけ小高い丘。
のんびりとした風景がステキな場所だった。


湯築城2.jpg史跡として、しっかりと整備しようという関係者の気合いが感じられる作り。1988年から発掘作業を行い、武家屋敷などが再現されている。


こちらは再現された家臣団の武家屋敷。室内も再現されていて、当時をしのぶことができる。


湯築城3.jpg庭には、池らしきものや、あずまやもあったりして、地元の方達の憩いの場にもなっているようだった。


5月というのに、この日はすごく暑い日だったので、あずまやで涼んでいる方も多かった。


湯築城4.jpg湯築城は、そもそも中世に主語であった河野氏が築城したもので、その後、豊臣秀吉の四国進出のために、小早川隆景や福島正則の居城となり、その後、福島氏の転封に伴って廃城になった。
発掘の結果、その様々な時期の地層が発見されたので、展示されている。


湯築城5.jpg木がうっそうとしていて、登りがいのありそうな景色。


手前側はせき止められて、藻でドロドロになっているが、内堀。まるで、山水画のような景色が広がっている。


此の丘陵部の反対側にある土塁に沿って、一番端まで行くと、行き止まりになったので、また、元に戻る。


さて、今度は、高いところに登る番だ。(半分びびりつつ…)湯築城6.jpg


整備された山道を登っていくと、いくつかの壇がある。
ここは、「杉の壇」と呼ばれている。
そもそも中世の城なので、用途などは、わかっていないらしい。


湯築城7.jpg展望台まで登って松山市内を臨む。


ご存じの通り、松山市内には、有名な松山城がある。
七本槍の一人、加藤義明が築いたこの城を中心に、江戸時代の松山市は栄えていく。


廃城になった湯築城は誰にも顧みられることがなかったはずだが、往時の姿が復元され、こうして百名城にも選ばれ、今日を迎えている。
関係者の努力の賜物だな…と思う。


道後温泉1.jpgちょっと足をのばすと、有名な道後温泉。
ここは、有名な「道後温泉 本館」。宿泊施設ではなく、入浴と休憩しかできない。GWで数時間待ち状態な上に、一人旅だったので、ちょっとびびって周辺写真を撮っただけで退散した。


道後温泉2.jpgそして、観光列車の「坊っちゃん列車」も展示されている。


これは一時間に一本、松山市内を走ってもいる(市電ルートの一部を)のだが、今回は乗れなかった。また、リベンジしたいな~と思っている。


道後温泉3.jpg温泉街を彷徨っていると、「熟田津(にきたつ)の道」というのに出合う。
額田王が「熟田津に船乗りせむと月待てば汐もかなひぬ今は漕ぎ出でな」と詠んだあの熟田津に向かってまっすぐ伸びていく道が、これ。
斉明天皇が、滅亡した百済に援軍を出すため、九州まで行く途中、道後温泉に立ち寄り、そこから船に乗った。その時、額田王が力強いこの歌を詠んたと言われている。


松山4.jpg気づいたら、朝から何も食べていなかった。まだ夕食には早いが、ホテル近くに戻って店を物色。
野性の勘が働いて入ったお店がここ。
カレーの専門店だったが、カレーオムというのを注文し、めっちゃ美味しかった[黒ハート]


その後、ホテルに戻り、夜バス移動だった前日の疲れを癒すため、この日は早めに休んだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -