So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年ラインアップ発表 その5 [┣宝塚情報]

2018年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】


2017/10/16


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。


雪組公演


宝塚大劇場:2018年6月8日(金)~7月9日(月)
東京宝塚劇場:2018年7月27日(金)~9月2日(日)


ミュージカル・プレイ 『凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-
脚本/柴田 侑宏 演出・振付/謝 珠栄


主演・・・(専科)轟 悠、(雪組)望海 風斗、真彩 希帆


轟悠大劇場主演作としては、2014年の「THE LOST GLORY」以来4年ぶりということになる。
今年、博多座で、12年ぶりに「長崎しぐれ坂」で、変わらぬ姿を見せてくれたが、この「凱旋門」はさらに昔、前世紀の作品だったりする。本当にあのラヴィックが戻ってきてくれるのか…しかも、大劇場公演でやることの意味は…と、不安は尽きない。
寺田瀧雄が最後に手掛けた美しい音楽と共に、どんな姿であの「凱旋門」が蘇るのか、謝先生の手腕に期待したい。


ショー・パッショナブル 『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
作・演出/藤井 大介


主演・・・(雪組)望海 風斗、真彩 希帆


ショーの方には、轟さんは出ないようですね。
ポルトガル語で“美しい猫”を意味する“Gato Bonito”。
美しい猫というと、「美麗猫」がすぐ浮かんできてしまうオールドファン…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
世界ネコ歩きファンとしては、どんなネコたちに出会えるか、こちらも楽しみに待ちたいと思います。


それにしても、理事の降臨はどこまで続くのかな。
春日野先生の先例に倣えば、50代半ばくらいまでは、主演で出演が基本だったようなので、今後もないとはいえない感じでしょうかね。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

更新情報 [┣ブログ]

ようやく、過去記事の更新が進んでおります。映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン」の感想はこちら、文化庁が行った演劇アンケートについて一言書いたのがこちら、東京ハートブレイカーズ公演「サブマリン」(原作/伊坂幸太郎)の感想はこちらです。なお、最近の記事については、この下をスクロールしてご覧ください。また、写真帳の姫路編がようやくアップされました。こちらからご覧ください。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

礼真琴DS開催決定! [┣宝塚情報]

礼 真琴 ディナーショー


2017/10/13


<タイトル> 『未定』


<構成・演出> 中村 一徳


<出演者> (星組)礼 真琴 ほか


宝塚ホテル
<日時> 2018年2月12日(月・祝)・13日(火)
ディナー:18:30~19:45/ショー:19:45~20:45
<場所> 6階「宝寿の間」
<料金> 27,500円(税サ込)


第一ホテル東京
<日時> 2018年2月19日(月)・20日(火)
ディナー:18:15~19:30/ショー:19:30~20:30
<場所> 5階「ラ・ローズ」
<料金> 27,500円(税サ込)


FC会員でもなく、DSになんのツテもない私には高嶺の花ですが…
これはどんなに耳福な時間になるのでしょうか。
どんな曲をことちゃんが選ぶのか、それだけでも知りたいですね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「神家の七人」配役発表 [┣宝塚情報]

轟悠主演のバウホール公演「神家の七人」の主な配役が決まりました。


イヴァン・ターナー… 轟 悠
~*~*~*~*~*~*~*~
クライド・モリス… 汝鳥 伶
アルフ・ブラウン… 一樹 千尋
ハリー・スミス… 悠真 倫
ウィリアム・ターナー… 華形 ひかる
ロビン・ホワイト… 早乙女 わかば
ルイス・フィッシャー… 春海 ゆう
ミック・タイガー… 蒼瀬 侑季
レイ・カールズ… 周旺 真広


みつるくんは、理事の弟役なのかな[exclamation&question]


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

壁ドンあれこれ [┗エンタメへの想いとか薀蓄とか]

宝塚月組公演「All for One」を沸かせている「壁ドン」。
エンタメ業界で数年前に大流行りして、今は下火になってきたネタではあるが、そもそも壁ドンなどない17世紀を舞台にした本作では、むしろ新しいのかもしれない。
さて、壁ドン全盛期にはとても言えなかったが、私は壁ドンが好きではなかった[爆弾]もっと、詳細に書くと、男子⇒女子の壁ドンが好きではなかった。流行り始めの頃は、壁ドンってBLアイテムかと思っていた[あせあせ(飛び散る汗)](←商業誌のBL小説を読んだことがないので、全然違っていたらすみません…[ふらふら]
通常、壁にドンっとやられると逃げ場がない。逃げるためには、相手をドンっと突き飛ばすしかない。それができる力関係があるにもかかわらず、壁にドンってやられて大人しく言いなりになるってのは、こちらも気があるから。そういうシチュエーションにこそ「萌え」があるべきで、だから、BLアイテムなのかな、と思っていたわけです。
圧倒的な体力差がある状態の壁ドンは、暴力でしかない。それは、相手が好きな人かどうか、には関係ない。そこには、恐怖しかない。
というわけで、「壁ドンシチュエーションで撮影」みたいなイベントも、宝塚スターのお茶会なら大丈夫だけど、男性の俳優さん相手ってのは、ちょっとあり得ないなーと思って。
そういうのにキャーキャー言えるファンの子って、シチュエーションに対する想像力がないのか、好きな俳優さんに接近している事実だけに特化できるのか、なかなか理解できない世界です。
(同じようなイベントで、女子アイドルを壁ドンできる、とかいうのもあったりしたんでしょうかね、まさか。)

そんな私ですが、「All for One」の壁ドンは、楽しく拝見しました[揺れるハート]
それは、珠城りょうがタカラジェンヌだからじゃなくて。(ちゃんと男子認識で公演は観ていますので。)
おそらく、あそこで女子ルイ(愛希れいか)が、ドンっと押し返したら、ダルタニアン(珠城)は、突き飛ばされて尻もちをつくだろうな、と想像できるからかな、と思っている。
圧倒的な体力差があるにもかかわらず、ガスコンの無骨な男にもかかわらず。
珠城の演じる役には、そんな可愛げと、女子へのコーテシーが溢れまくっている。逞しいけど砂糖菓子でできているようなファンシーな存在。宝塚史上、なかなか表現しがたい魅力があると、思うのですよね。

私的に、壁ドンという壁を乗り越えられた「All for One」、楽しかったけど、ちょっと余人をもって替え難いアテ書き公演だったな、と思っています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

「ひかりふる路」新人公演主な配役決定! [┣宝塚情報]

発表の時、うちわでおめでとー[exclamation]と盛り上がり過ぎて、すっかり記事にするのを忘れていました[爆弾]
遅ればせながら、雪組大劇場公演「ひかりふる路」の新人公演、主な配役が発表されました[るんるん]


マクシミリアン・ロベスピエール(望海 風斗)… 綾 凰華
マリー=アンヌ(真彩 希帆)… 潤 花
ジョルジュ・ジャック・ダントン(彩風 咲奈)… 叶 ゆうり
カミーユ・デムーラン(沙央 くらま)… 永久輝 せあ
サン=ジュスト(朝美 絢)… 諏訪 さき


上記5名が発表された、ということは、ここまでが主要な役ということかな。
(なにげにあーさ、すごいかも…[ぴかぴか(新しい)]


あやなちゃん、新公主演、おめでとうございます[黒ハート]
星組の「THE SCARLET PIMPERNEL」でもロベスピエール役(本役・七海ひろき)を演じていただけに、これは、あるんじゃないか、と思っていたけど、主演決まってほんとによかった[ぴかぴか(新しい)]
叶ゆうりくんの2番手役も楽しみ。真地くんも最後の新公で2番手を演じて、とてもよかったので、上手い役者さんが地に足をつけて2番手的なポジションを演じるのは、とてもよいことだと思う。


そして、潤花ちゃん。研2だけど、「CAPTAIN NEMO」でも大きな役をしっかりと演じていたので、こちらも楽しみです。
みんな、がんばれ~[exclamation×2]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

2018年ラインアップ発表 その4 [┣宝塚情報]

2018年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】


2017/10/06


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。


星組公演


主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里


宝塚大劇場:2018年4月27日(金)~6月4日(月) 
東京宝塚劇場:2018年6月22日(金)~7月22日(日)


RAKUGO MUSICAL 『ANOTHER WORLD』
作・演出/谷 正純


谷先生は、バウホール公演で落語をもとにした作品を複数上演しているが、大劇場公演では、初めて、かな[exclamation&question]
落語を下敷きにした映画、「幕末太陽傳」がすごく評判よかっただけに、落語ベースの先駆者として、谷先生も満を持して大劇場作品をやるつもりになったのかもしれない。
まあ、皆殺しよりは、ずっといいし、楽しい舞台になりますように[黒ハート]


タカラヅカ・ワンダーステージ 『Killer Rouge(キラー ルージュ)』
作・演出/齋藤 吉正


その昔、キラーKという、激ヤバな場面がありまして。
あれから、15年近く経つんですかね。新たなキラーコンテンツは、キラールージュ、ということで、再び、激ヤバなステージを観られるのを楽しみにしています[キスマーク]


なお、宝塚大劇場公演は第104期初舞台生のお披露目公演だそうです。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

中秋の名月 [┣写真ネタ]

今年の中秋の名月は、あいにくのお天気で、なかなか月が見えなかったようですが。


ふとベランダから空を見上げたら、雲の切れ間にちょうど月が。周囲の雲に反射してまん丸には見えませんが…


名月.jpg


縁起がいいことにしておきましょう[るんるん]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年公演ラインアップ(雪組) [┣宝塚情報]

次回大劇場・東京公演終了後の雪組全国ツアーとバウホール公演の演目が発表された。


まずは、トップコンビ率いる全国ツアー公演。


2018年 公演ラインアップ【全国ツアー】


2017/10/02


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【全国ツアー】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


雪組公演


主演・・・望海 風斗、真彩 希帆


全国ツアー:2018年3月23日(金)~4月15日(日)


幕末ロマン 『誠の群像』-新選組流亡記-
作・演出/石田 昌也


1997年星組大劇場公演として上演されて以降、再演されていないので…21年ぶりの再演ということになる。
当時の配役は、こんな感じ。
土方歳三…麻路さき
お小夜…月影瞳
山南敬助/榎本武揚…稔幸
勝海舟…紫吹淳
沖田総司…絵麻緒ゆう
黒田了介…湖月わたる
加納惣三郎…彩輝直
近藤勇…千秋慎
田代/高松凌雲…夏美よう
プロローグで、浅葱色のだんだら羽織の一団が大階段に並んだ時の迫力といったら…今でもカッコよかったな~と思う。
この話、娘役はヒロインくらいしか大きな役がなくて…もしかして、ちっちゃくて可愛い隊士がわらわら出てくるかもしれない(笑)


レヴュー・スペクタキュラー 『SUPER VOYAGER!』 -希望の海へ-
作・演出:野口 幸作


こちらは、お披露目大劇場公演のショーをそのまま持って行く感じですね。


続いてバウホール公演。


2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】


2017/10/02


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


雪組公演


主演・・・朝美 絢


宝塚バウホール:2018年3月29日(木)~4月9日(月)


『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』
作・演出:谷 貴矢


えー、解説文には、「ヨシツネ」とか、「ヨリトモ」とか出てきます。
ヤバい…中2感ハンパない。
「アイラブアインシュタイン」のショックから立ち直り切れていない私ですが…谷先生、ほんと、宜しくお願いしますよ。


あーさ、あらためて、バウ主演、おめでとうございます[黒ハート]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

お肉様 [┣マイ・グルメとクッキング]

宮崎牛をたっぷりといただいたので、すき焼きにしました。


実は、香典返しのカタログで選んだのですが…よく考えてみたら、肉を選ぶってどうなんでしょうね…[あせあせ(飛び散る汗)]


肉1.jpg


麗しい…[ぴかぴか(新しい)]
柔らかくて、おいしいお肉でした。


肉2.jpg


フライパンでしっかりと焼いて…[どんっ(衝撃)]


肉3.jpg


たっぷりとお野菜も入れて。おいしかった~[るんるん]
やっぱり、肉はよいですね[揺れるハート]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -