So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

一月も半分過ぎて [┣ブログ]

バタバタしている間に時間が過ぎてます。
観劇もしてるのに、レポートする時間がない!今週末くらいから、復活しますので、またよろしくお願いします!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

関西の門松 [┣写真ネタ]

東京では、門松ってだいたいこんな感じです。

門松.jpg 宝塚2017-1.jpg

こんな風に、せいぜい松竹梅とか松竹橙のシンプルなものが多いです。

でも、関西はちょっと違うんですね。なんか、もしゃもしゃしてる…

関西の門松1.jpg 関西の門松5.jpg

そして、葉牡丹が必ずといっていいほど、飾られていました。あと、梅じゃなくて南天を使うようです。
こういうのにも、土地柄というのがあるんですね、お雑煮みたいに。

関西の門松3.jpg

こちらは、新阪急ホテルのお正月飾り。豪華かつ風情がありますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

大雪 [┣写真ネタ]

降りましたね。

雪10.jpg

これは関ヶ原町付近。

雪11.jpg

ここが、ザ・関ヶ原。

やはり、関ヶ原~米原が、東海道で一番雪が深いという噂は正しかった…

雪12.jpg

米原駅を通過した辺り。佐和山城跡も激しい降雪です。

新幹線も徐行で大幅に遅れていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

冬の花火 [┣写真ネタ]

先日、冬の花火に遭遇しましたので、おすそわけです。

冬の花火1.jpg

冬の花火2.jpg

冬の花火.jpg

空気が澄んでいる分、もしかしたら、夏より、綺麗に見えるのかもしれないですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2017年公演ラインアップ(星組) [┣宝塚情報]

まだ「THE SCARLET PIMPERNEL」の前の公演中だというのに…大劇場公演後の星組ラインアップが発表になりました。


2017年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場メインホール】

2017/01/13

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【梅田芸術劇場メインホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。

星組公演

主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里

梅田芸術劇場メインホール:2017年7月22日(土)~8月7日(月)
?
マサラ・ミュージカル『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』
[コピーライト]Red Chillies Entertainments Pvt Ltd./Asian Films Co.,Ltd.
脚本・演出/小柳 奈穂子


現在、東京の国際フォーラムホールCにて絶賛上演中の「オーム・シャンティ・オーム」が7月の梅芸に登場です。

2番手が演じる悪役ムケーシュは役替り必定なので、その辺りも見どころになりそう[黒ハート]

一方、ムケーシュ役で、現在、新たな魅力を開花させている礼真琴は…



2017年 公演ラインアップ【シアター・ドラマシティ、日本青年館】

2017/01/13

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【シアター・ドラマシティ】【日本青年館】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。

星組公演

主演・・・礼 真琴

シアター・ドラマシティ:2017年7月15日(土)~7月23日(日)
日本青年館:2017年7月31日(月)~8月6日(日)
※当初発表の予定より、公演期間が変更となりました。

ミュージカル『阿弖流為 -ATERUI-』
原作/高橋 克彦「火怨 北の燿星アテルイ」(講談社文庫)
[コピーライト]高橋 克彦/講談社
脚本・演出/大野 拓史
歌舞伎などでも上演され、人気を博している、“アテルイ”が、宝塚の舞台に登場[exclamation×2]

盛岡出身で、独特の史観を持つ高橋氏は、かつて、大胆な原作の改変に怒って大河ドラマ『炎立つ』の原作クレジットを途中から外してもらった、という逸話の持ち主だったりする。
大野先生、頑張ってね[わーい(嬉しい顔)]

徳川家康など、『将軍』と呼ばれる人々は、征夷大将軍というのが正式名称。
その初代が、坂上田村麻呂。そして、“征夷”の相手が、アテルイたちだったんですね。

平安時代は、死刑がなかったとか。
でも、アテルイらは都に連れていかれて、処刑されます。
命を助けると約束されていたのに。

そんな悲劇の勇者アテルイをどんなふうに大野先生が舞台化するか、楽しみです[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

佐倉城 [┣百名城]

トークショーにつきましては、「COUNTUP」の方にちょこっと書いています。祐飛さん、少し髪の色を換えましたね[わーい(嬉しい顔)]

さて、年末に佐倉城に行ってきました。佐倉城1.jpg

天守とか櫓とかがひとつもない…ということは聞いていたので、そんなに期待しないで行ってみたら、もう…大興奮[いい気分(温泉)]

まず、こちらが馬出空堀です。

美しい[ぴかぴか(新しい)]

建物が何もないので、入場料など何もないのですが…このお手入れ、すごくないですか[exclamation&question]近くに建っている国立歴史民俗博物館の入場料が使われているのでしょうか[exclamation&question]
この時点で、すっかり、佐倉城址に見せられてしまいました[黒ハート]

では、佐倉城2.jpg順にご案内していきましょう[ひらめき]

この日は12月とは思えないよく晴れた日で、お城仲間の友人と、のんびり過ごしてきました。
この最高の環境の中、惜しむらくは、最寄りの佐倉駅(JRも京成も)駅前喫茶店などが見当たらないことでしょうか。どっかに隠れてたのかな…[バッド(下向き矢印)]

園内を歩いていると、佐倉城3.jpg「マムシが出ます」とかいう、シャレにならない看板を見かけたりしますが、冬だから冬眠してるハズ[exclamation]と根拠のない掛け声をかけながら、歩き続けました。

こちらの銅像は、タウンゼント・ハリスさん。ハリスが日米修好通商条約の調印を迫った時、それを受け取り、調印のために頑張ったのが、佐倉城の城主であった、老中・堀田正睦。
そんな関係で、ハリスと堀田の銅像が並んで立っていました。
実際には、攘夷で固まっていた朝廷が調印に応じるはずもなく、堀田自身も井伊直弼と対立して失脚してしまい、「日米修好通商条約」自体は、大老井伊直弼が朝廷に諮ることなく締結に踏み切ってしまったそうですが。

ハリスさんと堀田さんの銅像の奥に本丸が広がる。

ああ、そういえば、ここには石垣もないのだった…[わーい(嬉しい顔)]
天守閣・櫓・門・本丸or二ノ丸御殿・石垣…お城の歴史的建造物といえば、だいたいこんなところだと思うが、佐倉城は、それがひとつもない[exclamation×2]
しかし、佐倉城のすごいところは、「ないのに、残っている」ことなのだ。これだけの広大な土地が公園として残されていることに、深く感動した。

こちらは、佐倉城4.jpg本丸跡。石垣がないから、周囲は土塁で覆われている。
本丸の一番端に天守閣の跡がある。
どうして、建物がないのか…というと、明治6年にこの地に陸軍歩兵第二連隊が置かれた時に、ぜーんぶ取り壊されてしまったんだとか。仕方ないですね…幕府の要職にあった人の城ですから…[もうやだ~(悲しい顔)]

ところで、そもそも石垣に使う石、関東周辺ではほとんど採掘できないとか。そんなわけで、関東周辺の城は、土塁の上に建設されている。
あの天下普請・江戸城ですら、石垣と土塁の両方が使われている。
そして、関東では、石垣よりも土塁の方が、城を守りやすいらしい。何故なら、関東ローム層というとても滑りやすい粘土層の土があるから。
西国の武士は、土が滑るなんて思いもしないから、このローム層で作られた空堀を這い上がることは不可能だったみたい。

お城に嵌まったばかりの頃は、石垣がない城なんて…と思っていたが、空堀の魅力に気づいてからは、土塁にも激しく惹かれています[黒ハート]

さてこちらは、佐倉城5.jpg隅櫓の跡のようです。

周囲に空き地がなく、ギリギリの位置で撮影したため、全体が見にくいかもしれませんね。

佐倉城を佐倉城6.jpg後にして、近隣の武家屋敷を訪ねてみようと思ったら…残念ながら、お休みでした[もうやだ~(悲しい顔)]

外から見える景色だけ、撮影してみました。これは、庭の木で剣の稽古をする場所みたいですね。

詳しい写真は、写真帳の方にアップしていく予定です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

宝塚月組大劇場公演 [┣宝塚観劇]

先月に続き、弾丸でムラ大劇場公演に行ってきました。

のぞみ.jpg

新年初新幹線…特に指定せずに取った席が…7-7-7[exclamation]
なんか、ラッキーな気がするぞ[るんるん]今年は、よい観劇イヤーになるぞっ[ぴかぴか(新しい)] 

大劇場では、レビュー上演90周年にちなんで、当時の羽根飾りを再現したものを展示していました。

羽.jpg

昭和2年という時代に、こんな羽飾りを見たら…宝塚は夢の国だって、今の何倍も何十倍も感じたでしょうね。

新年の花.jpg

今年は、東西で劇場の花を撮影することができました。
大劇場で、新年の花が飾られている期間に観劇することは、なかなかないので、毎年どんなふうに花が飾られているか、わからない。
なんとなく、東宝の方が花というよりは、オブジェっぽいものを飾っている感じかな。 

また、大劇場では、公演に因んで、グランドホテルのバーで提供されるようなカクテルを販売していました。

カクテル.jpg

私は、シャルトリューズとフランボワーズのカクテルをいただきました[バー]

では、大劇場公演ミニ感想です。

  • 「グランドホテル」は、思っていた以上に、初演の装置や衣装がそのまま出てきて、懐かしく、時間が1993年に戻ってしまったような感覚で観ていた[黒ハート]
  • 開演前の注意喚起アナウンスと、グランドホテルの交換手たちの声、そして珠城りょうによる開演アナウンス、緞帳の動きが、ものすごく緻密に考えられていて、生田先生の拘りにニヤリとしてしまった[グッド(上向き矢印)]
  • 今回、男爵が主役、そして、珠城のお披露目ということで、新場面がいくつか追加された。このため、残念ながら削られたナンバーもあった。ジミーズのナンバーがなかったのは寂しかったな、しょうがないけど[もうやだ~(悲しい顔)]
  • フラムシェンは、短いアバンチュールの結果、妊娠している可能性があって、そのことを相手の男に電話で伝えている。その時、“遅いの”という言葉を遣っているのだが、それ、意味不明だよね。「来ないの」とか「遅れてるの」なんじゃないかな「ミス・スイス時計」も分かりにくい。前回は、「クオーツみたいに正確」と言っていたような…[爆弾]
  • 「グランドホテル」は、宝塚とはいえ、どこかリアルな演技が要求される。とはいえ、リアルだけでは宝塚じゃない。前回は、オットーとフラムシェンの周囲に夢々しさを感じたのだが、今回は、男爵とグルーシンスカヤの周辺にドリームが散りばめられていた[ひらめき]
  • 昨年のトム・サザーランド版「グランドホテル」も観劇しているが、現実のグルーシンスカヤは、安寿ミラであり、草刈民代であると思う。それを愛希れいかが演じることで、ありえない夢の世界が広がる。ありえないと知りつつ、美しく蘇ったグルーシンスカヤの姿に、うっとりとしてしまった[揺れるハート]
  • 華形ひかるが演じたことで、プライジング社長が、存在そのものが不気味という存在でなくなってしまった。華形を起用するなら、歌わせなくてもいいから、彼の設定をもっと明らかにしてほしかった。それゆえの闇を演じられる役者だからこそ、もったいなかったし、奥行きが広がらず、残念[むかっ(怒り)]
  • ラファエラが女性だということに気づかない人がいるらしい。どうにかしてほしい[がく~(落胆した顔)]
  • ショーは、退団者贔屓の私には、泣けて泣けて…[たらーっ(汗)]稲葉先生、ありがとうございます[黒ハート]

美少年.jpg

とんぼ返りで、東京で新年会に参加。美少年、美味しかったです[黒ハート]

クリームあんみつ.jpg

さらにクリームあんみつまで食べてしまった…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

【1月8日】
第二次国府台の合戦。北条氏と里見氏が国府台で戦い、里見氏が敗れる(1564=永禄7年)。

(←旧暦。新暦では、2月20日となる。)
国府台に里見公園というのがあるのですが、あの辺は里見氏の所領だったんですね。里見氏というと、安房の領主というイメージでしたが、昔は千葉県全体を治めていたんですね。

<今日は何の日>シリーズは、これでおしまいです。1年以上に渡り、お付き合いいただきましてありがとうございました[ひらめき]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

七草粥 [┣マイ・グルメとクッキング]

あっという間に松の内が過ぎ去っていきました…

私、どうしたことか、七草粥を食べるのが1月6日だと今年は思い込んでいて…昨日、食べられなくてめっちゃ落ち込んでいたのですが(笑)、今日でした[あせあせ(飛び散る汗)]

七草粥.jpg

朝から、トントン七草を細かくみじん切りにして、今年も無病息災を願いながら…

お正月の暴飲暴食をリセットする効果があるそうですが、この後、ランチは新年会でフランス料理を食べに行ってしまいました…[わーい(嬉しい顔)]

ランチは場所が狭くオープンだったので、周囲のご迷惑になりそう…ということで、残念ながら撮影は諦めました。
代わりと言ってはなんですが、お正月に食べたものをアップしておきます。

おせち4.jpg

撮影を忘れていた酢ばす。それと伊達巻の残り。鷹の爪の辛さがいい感じなのです。

ランチ.jpg

こっちは、新春初観劇の前にいただいたシャンテのランチ。ゆっくり食べたい時は、このお店に行きます。

【1月7日】
昭和天皇が崩御。元号が“平成”と決まる(1989=昭和64年)。

たった7日間の昭和64年。でも、その間に生まれた人もいますよね。今年28歳になるんですね、最後の昭和っ子。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

花組全国ツアー全配役発表! [┣宝塚情報]

花組新トップコンビプレお披露目となる全国ツアー「仮面のロマネスク」の配役が発表された。

主な配役 前回出演者 今回配役 
ヴァルモン 明日海 りお 明日海 りお 
メルトゥイユ夫人  花乃 まりあ 仙名 彩世 
*~*~*
ローズモンド夫人 (ヴァルモンの伯母)五峰 亜季 五峰 亜季 
法院長(トゥールベル氏) 高翔 みず希 高翔 みず希
ロベール(メルトゥイユの執事)夕霧 らい 夕霧 らい 
ジェルクール(セシルの婚約者)鳳月 杏 瀬戸 かずや 
ブランシャール夫人(セシルの母) 花野 じゅりあ 白姫 あかり 
ヴィクトワール(メルトゥイユのメイド頭)芽吹 幸奈菜那 くらら 
トゥールベル夫人 仙名 彩世 桜咲 彩花
司祭ルブラン 航琉 ひびき航琉 ひびき
ガボット(ブルジョワ) 舞月 なぎさ 羽立 光来
ジラルド夫人 新菜 かほ新菜 かほ
テチエンヌ夫人(ローズモンド夫人のカード仲間)菜那 くらら紗愛 せいら
アゾラン (ヴァルモンの従者)優波 慧 水美 舞斗
ダンスニー 芹香 斗亜 柚香 光 
ドラノワ夫人(ジェルクールの愛人) 美花 梨乃更紗 那知 
フレネー 高峰 潤桜舞 しおん
セシル(深窓の令嬢) 音 くり寿 城妃 美伶 
ジル(メルトゥイユ家の下働き)華雅 りりか春妃 うらら 
ヴァレリー 千幸 あき 紅羽 真希 
リーザ 雛 リリカ雛 リリカ
ランベール伯爵 碧宮 るか碧宮 るか
ルイ(メルトゥイユ家の下働き) 帆純 まひろ 飛龍 つかさ 
ギョーム公爵 和 礼彩峰果 とわ
ベルロッシュ(メルトゥイユの恋人矢吹 世奈 帆純 まひろ 
ドミニク嬢 澪乃 しづか 澪乃 しづか 
ソフィ(セシルの修道院時代の学友) 茉玲 さや那 澪乃 しづか
ジャン(メルトゥイユ家の下働き) 聖乃 あすか 泉 まいら
テチエンヌ公爵 一之瀬 航季 一之瀬 航季
ジュリー(メルトゥイユの召使) 春妃 うらら 華 優希 
ボヌール夫人(ブルジョワの夫人) 茉玲 さや那 咲乃 深音
ナヴァラン 澄月 菜音愛乃 一真 
ラヴァル 芹尚 英芹尚 英
マリナ 桜花 りな 凜香 百音 
ヌーボー 翼 杏寿 侑輝 大弥
クレア-三空 凜花
召使夏葉 ことり


これは…思っていた以上に、いい感じの配役の予感…[黒ハート]
前回、残念だった部分が、もっと良くなってくれることを期待したいです[ぴかぴか(新しい)]

【1月6日】
斉明天皇、百済救援のため、難波を出航、西に向かう(661=斉明天皇7年)。
(←旧暦。新暦では、2月10日となる。)
斉明天皇は九州で亡くなり、中大兄皇子は葬儀のため畿内に帰ることを余儀なくされ、天皇・皇太子が直接、朝鮮半島に向かうことはありませんでした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宙組新人公演主な配役発表! [┣宝塚情報]

主な配役

北白川右京(朝夏 まなと)… 留依 蒔世
桜井玲子(実咲 凜音)… 遥羽 らら

留依蒔世くん、初主演、おめでとうございます[exclamation]
休演とか、色々あったけど、このチャンスを生かして、頑張ってね[黒ハート]

【1月5日】
乃木希典将軍、旅順攻略後に、ロシアのステッセル将軍と会見(1905=明治38年)。

水師営の会見と呼ばれた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -