So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚星組東京公演「長崎しぐれ坂」観劇 [┣宝塚観劇]

昨日の夜公演を観劇。
以前書いた通り、本公演は今日一日だけの観劇。そう思って観るせいか、それなりに楽しめた公演だった。もちろん、リピートはキツいし、終盤はダレたそれでも、こういう公演は「あり」だと思ったし、そうすべきだという植田紳爾氏の宝塚への愛情は本物だと思った。(ちょっとマジ語り)

拍子木の音でライトがつくと、神田祭。定番の鳶頭と芸者の踊りだ。鳶頭に轟・湖月・安蘭。芸者に松本・檀麗しい
そこから神田祭での幼い日の回想シーンとなる。子役たちのデフォルメされ、舞踊化されたいじめの場面。そして、成人した3人(轟・湖月・檀)に入れ替わる手際。どこにも新鮮さはないが、手堅いし、わかりやすい
新国劇が原作だから、これは、「型」の芝居だ。
子役たち、そして、上級生の芝居を袖から眺める下級生たちが、芝居に「型」があること、その型の中に感情を入れ込む形の演劇があることを、知ってほしい、という植田氏の信念を感じる。
わたるさんの少年時代を演じた麻尋しゅん、若き日のたーたんに似ている気がする…。
入れ替わった大人の三人は、歌いながら銀橋を渡る。ここはプロローグではあるが、すでにわたるさん演じる卯之助は、右足が不自由だということが明かされた状態。銀橋を渡るわたるさんは、ずっと足を引き摺っていた。それが、気になった。(あんな歩き方で銀橋を渡るのは、大変だろうなぁ
かの長谷川一夫先生は、プロローグは、まだ役に入らずに、役者の顔で観客の心を掴むように!と、宝塚を演出した際におっしゃっていたらしいが…。
三人が銀橋を渡ると、場所が長崎に転じる。
花魁(松本)、禿(仙堂)、そして蛇踊り…。先頭のさんが、妙に涼しげ&凛々しいお顔だった。蛇の先頭・大真くんは、可愛らしい
次の場面に出てくる♪ばってん長崎恋の町♪という曲、だっさ~い歌を植田氏も書いたもんだ!と思っていたら、「長崎シャンソン」という歌謡曲らしい。先生、すみません、誤解してました。

こうして、舞台は江戸から長崎へ何の違和感もなく転換し、唐人屋敷の地図の前で、芝居を通じてこれまでの経緯が語られる。
ここで、ベルばらでおなじみ、典型的な植田芝居が出てくる。
登場人物が語っていると、どこからか声が聞こえる。
「ダレだ、出てこい!」
そして、派手な音楽と共に、トップスターが現れる。
この時、芝居が型どおりでなかったら、薄ら寒いだろう。しっかり演じ切るのが、トップスターの責任かもしれない。
このオープニングの幕前芝居で、物語の大半が読み取れる。出てこないのは、恋の部分だけ。(それは、宝塚らしく、ちゃんと舞台で展開されていく。)
さて、同じ神田明神の氏子だった、伊佐次、卯之助、おしまの三人は、20年後には、人生が大きく変わっていた。伊佐次は、強盗・殺人の大罪を犯した兇状持ち(犯罪者)。おしまは堺まで流れて、色芸者で囲われ者。卯之助は、逃亡した伊佐次を捕えるために、江戸から長崎までやってきて、長崎奉行所の下っ端をやっている。
北町奉行所の岡っ引きになった、という、卯之助は、足が悪いというハンデにもめげずに強く生きた…という人生が見えるし、伊佐次を追って長崎まで来たというのも、たとえ極悪人になったとはいえ、子供の頃、恩を受け、尊敬しつづけた伊佐次を、捕えるのならせめてこの手で…と、いうことなら、理解できる。
が、伊佐次、おしまが、どういう事情で身を持ち崩したのか、それが出てこないので同情できないこのドラマに悪い点があるなら、そこだと思う。
(ひとつだけ、ぼらという探り番の男に気を許してはいけない、おいらも、若い頃、それで酷い目にあった、と、語っているから、もしかしたら、親切ごかしに近寄ってきた男に騙されて悪の道に入ったのかもしれない。)

長崎に流れ着いた伊佐次、堺で大商人の妾になったおしま。それなりに現状に満足していたはずなのに、再会したら江戸が恋しくてたまらなくなる
それは江戸という名の、昔に帰りたい…ということなのだろうが、本人たちは江戸に帰りさえすれば、すべてが元に戻る…と、思い込んでいる。その大の大人の純情みたいなものが、しっとりと描かれる。さすがに演技の火花を散らせたい…と、植田氏が語る所以である。

唐人屋敷で伊佐次はかくまわれている。そのわりに彼は横暴だ。唐人たちに平気で当たったりしている。そういうところも、感情移入しづらい要因だ。
が、そんな伊佐次の子供っぽい、どこか放っておけない部分が、だんだんいとおしくなるのは、轟サマの力量といったところだろうか。
乙名役のみきちぐ(美稀)が、相変わらず面白い。内通辞の大真くんは、ここでも愛らしかった。
さて、伊佐次には、手下がいる。いずれも兇状持ちだ。こういう関係では、より悪いことをした方が祭り上げられるので、性格が悪くても手下がいるのは問題ない。

さて、手下のらしゃ(安蘭)には、芳蓮(白羽)という恋人がいる。彼女の中国名は「ファンレン」らしい。が、らしゃをはじめ日本人は「ホウレン」と呼ぶ。
漢字、読めるんですか?いや、読めたとしても、先に耳で聞いた名前で呼ぶのが普通だろうと思うが…。

伊佐次が心配した通り、ぼらは食わせ物だった。瀕死の重傷を負ったらしゃは、自らの手でぼらに制裁を加え、彼の死を見届けてから息絶える。その時、どうしてぼらの上に乗って死ぬのかな?
ぼらが手前で死んでいる。その後ろに立つらしゃ。そこで死ぬとぼらの死体の奥になるので、らしゃの死に顔が客席から見えない。それはわかるのだが、まるでロミオとジュリエットのように折り重なって死なれると…。

おしまを囲っている堺の大商人()。たった一場面だが、見事に場面を生かした。かっこいい~。

が、その後の芝居が少し冗長で、緊張感が薄れた。卯之助の本心がわかる場面がこの位置にあるのが中途半端なのだ。ちょうどダレる時間帯で、さすがにイライラしたのは、たぶんそんなことだろう、と予想していたせいもある。(一度、ムラで観てるんだから、予想とは言わないかもしれないが、もちろん初見から予想はできるものだった。)

屋敷から逃亡を図った伊佐次の捕り物に重なって、精霊流しに向う人々の群れが踊りで表現される。
松本先生演じる精霊流しの女Sは、情念を昇華させていくような踊りで、これから起こる悲劇を十分に感じさせてくれる。

で、最後に、伊佐次を小舟で逃がそうとするわけだが、その瞬間、最初の場面から浮いていた館岡(立樹)という新任の同心がピストルで撃つ。(その場面、舞台に舘岡は出ていないが、前後の流れから、舘岡が撃ったと思っていいだろう。)
卯之助は、小舟に乗り移り、もやいを解いて、一緒に流される。伊佐次は息絶え、卯之助の号泣の中、幕は下りる。

やりたいことはわかるし、それはある意味成功している。下級生も型の芝居を覚えることの重要性に気づくかもしれない。
(やってられない、と思うかもしれない。主役以外は、セリフや出番が限定されるので、ショーとの組み合わせをよく吟味しないと、生徒の士気にかかわる。その辺りは、注意してほしいと思う。)

が、それよりなにより一番の問題は…
リピートできない!
普通、商業演劇の多くの観客は同じ演目を2回観ることはない。再演ですら、観ない。が、宝塚は、当然のように何度もリピートする観客に支えられている
そこをどう考えるか、植田氏に聞いてみたいものだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

maito

こんにちわ。ひかわまいとです。
星組東京観に行った観劇記をアップしたのですけど、伊佐次が誰にやられたのかわからなかったので(苦笑)TBさせてもらいました。
リピートできない!には激しく同意します・・・
by maito (2005-08-11 08:33) 

夜野愉美

まいと様
コメント&TBありがとうございます。
伊佐次が誰にやられたか…って舞台には出てこないんですよね。ただ、あの奉行所のメンバーの中で、銃を持って追いかけてるのは、舘岡さんだけなので、当然舘岡さんが撃ったという設定になっている…と思っております。
誤解をうける表現かもしれないなぁ…と思い、原文は少々手直ししました。
でも…まいと様も、リピートは無理ですか…(苦笑)
by 夜野愉美 (2005-08-11 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: