So-net無料ブログ作成

「初姫さあやサロンコンサート」 [┣コンサート・スポーツその他のパフォーマンス]

先月の元月組・琴音和葉ちゃんに続き、元花組…というか、祐飛さんのファンにとっては、なくてはならない存在でもある、初姫さあや様のサロンコンサートに行ってきました[黒ハート]

2016030621100000.jpg

まず、DSなので、お食事のご紹介から。

第一1.jpg

<パテ・ド・カンパーニュ バケットを添えて>
懐かしい昔ながらのパテという感じでした。

第一2.jpg

<コーンポタージュ>
こちらもほっこりする昔ながらのコーンポタージュでした。

第一3.jpg

<お魚のムニエル 鱈とジャガイモのクリームクロケット それぞれのソースで>

お魚のムニエルってのが、とても大ざっぱで気になりますが…(笑)
鱈系の白身魚でした。たぶん、南洋のどこかで採れるお魚なのでしょう。ムニエルもコロッケもとても美味しかったです[揺れるハート]
メインは、昔ながら…という感じではなく、さっぱりとしたお味でした。

第一4.jpg

<デザート>
こちらも大ざっぱな表記ですが、抹茶のスポンジの上に栗が乗っていて、回りを求肥がかこっているという、和風なデザートでした[るんるん]

お腹がいっぱいになったところで、ショーが始まります。

「パリのメロディ」(ファントム)で、登場したさあやは、黒いふわっとしたドレスが可愛い[かわいい]籠から楽譜の代わりに、小さな花束を客席に配っていた。

続く「踊り明かそう」(マイ・フェア・レディ)は、英語で。曲中、自己紹介も入れて、楽しく歌ってくれた。
歌が終わると、あらためて自己紹介をして、客席を和ませるトークなんかが入り、そこから3曲目へ。

「夢やぶれて」(レ・ミゼラブル)。全体的に、大人っぽい曲が増えたような気もしたけど、大人っぽい曲も、可愛い曲も、それぞれ美味しく歌ってくれた。

《The Sound of Musicメドレー》
 
The Sound of Music
 My Favorite Things
 Edelweiss
 Climb Ev'ry Mountain

なにかの番組でレディー・ガガがこのメドレーを歌っていたそうで、今回の選曲は、ガガ・バージョンとのことだったが、奇しくも、先月の琴音和葉ちゃんと同じメドレーなのね[るんるん]

《宝塚メドレー》
 タカラジェンヌに栄光あれ
 愛あればこそ
 エンター・ザ・レビュー
 こどものように
 愛のプレリュード
 You Are Music

「タカラジェンヌに栄光あれ」は、宝塚全体の歌だけど、あとは、花組時代の思い出の曲とのこと。
「愛あればこそ」を主題歌とする『ベルサイユのばら』は、さあやの初舞台公演。あ、そうね、そうね、87期だったわね[黒ハート]
「愛のプレリュード」は、初めて、お芝居のカゲソロを担当した作品。「You Are Music」(ファントム)は、エトワールで歌った思い出の曲。
そして、最後の一曲は、「花組の代表作」byさあや、「EXCITER!!」。これは、さあやから振付の指導を受けて、みんなで一緒に踊った。可愛いさあやと踊れるなんて、至福のひととき[いい気分(温泉)]

ここで、さあやは、お着換えタイム。伴奏の、ピアノ・小室弥須彦さんが、ショパンの「雨だれ」前奏曲を聴かせてくれた。

再度登場した、さあやは、白地に赤のレースでできた身体にピッタリとしたドレス。背中が大きくあいているセクシーな衣裳。まずは、「My Funny Valentine」をしっとりと。
続いて、歌で世界旅行を…ということで、「蘇州夜曲」を歌おうと思ったら、これは中国の歌じゃなくて、服部良一先生の曲でした…と笑わせてくれる。あれ、花組のショーで、服部良一コーナー、あったよね[exclamation&question]中国っぽい雰囲気を出すためか、コロラトゥーラのように、ころころと声を転がして聴かせてくれた。ほんとに綺麗な歌声[揺れるハート]
フランスより、「La vie en Rose」。さあや自身が新婚さんのせいか、なんか、愛の歌が多いような…[るんるん]特にオノロケトークはなくて、新妻話も笑いを取るネタだったりするのだけど、ステキな奥様として幸せな人生を満喫しつつ、こうして時々、歌を聴かせてくれたり、ステージに登場してくれたり…そんな時間を過ごしてくれたら…と期待。
続いて、スペインより、「ベサメムーチョ」。意味は、キスして!という意味ですよ~、皆さんも使ってみてくださいね~と言うさあや、天使の可愛さでした[るんるん]ムーチョ、だから、「いっぱいキスして」かな。ちょっと低めの太い声も駆使して、新たな初姫さあやを実感できた曲。
日本からは、美空ひばりさんの「愛燦燦」。難しい曲なんですよ、と言いながら、テクニカルに、そしてアーティスティックに聴かせてくれた。
アメリカからは、「It Don't Mean A Thing」。手拍子に乗って客席を練り歩きながら歌ってくれた。途中、「Sing,Sing,Sing」も入った素敵なアレンジだった。

アンコールは、今回封印していたディズニーソングから、「So Close」(魔法にかけられて)。
やっぱり、さあやにディズニーは、良く似合う[黒ハート]

“今日は何の日”
【3月5日】
北条時宗、第8代鎌倉幕府執権に就任(1268=文永5年)。
(←旧暦。新暦では4月18日となる。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0