So-net無料ブログ作成
検索選択

帝劇「天使にラブ・ソングを」観劇 [┣ミュージカル]

ミュージカル
「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」

音楽:アラン・メンケン/歌詞:グレン・スレイター
脚本:チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー

演出: 山田和也
翻訳・訳詞: 飯島早苗
音楽監督: 八幡茂
歌唱指導: 矢部玲司・ちあきしん
美術: 松井るみ
照明: 高見和義
音響: 山本浩一
衣裳: 前田文子
振付: 田井中智子・大澄賢也
ヘアメイク: 富岡克之(スタジオAD)
指揮: 塩田明弘
オーケストラ: 東宝ミュージック(株)・(株)ダットミュージック
稽古ピアノ: 國井雅美・岡田あかり
演出助手: 鈴木ひがし
舞台監督: 佐藤 博
プロダクション・コーディネーター: 小熊節子
プロダクション・マネージャー: 佐藤由美子
プロデューサー: 岡本 義次・関恭一

宣伝美術: 山下浩介
宣伝写真: 田内峻平

製作: 東宝

ミュージカル「天使にラブ・ソングを」初観劇しました[exclamation]
ウーピー・ゴールドバーグの映画も見ていないので、まったくの初体験なのですが…いやー、面白かった[exclamation×2]
殺人事件の現場を見てしまった人が証言台に立つまでの間を描く作品…というと、私などは、ハリソン・フォード主演の大昔の映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」みたいなサスペンスを思い出してしまうが、いや、全然違う[あせあせ(飛び散る汗)]実に楽しいミュージカルだった。
歌手を夢見るデロリス(蘭寿とむ)は、ギャングのボス・カーティス(石川禅)の情婦となってチャンスを待つが、なかなかステージに立たせてもらえない。クリスマスの今夜も、最高の歌を聴かせたのに、返事は曖昧なまま。いいかげん、愛想が尽きたデロリスだったが、カーティスが手下を撃ち殺す現場を目撃してしまい、情婦から一転、命を狙われる立場になってしまう。デロリスが逃げ込んだ警察署にいたのは、ハイスクール時代のクラスメイト、エディ(石井一孝)。
エディは、デロリスが裁判で証言するまでの間、匿ってくれる場所を探し、なんとさびれた教会の修道院(尼僧院)にデロリスを連れていく。
修道院長(鳳蘭)は、警察からの多額の寄付によってデロリスを受け入れたものの、彼女の破天荒な行動に、神経をすり減らす。しかし、やる気のない聖歌隊の指導をデロリスに任せたことから、世界は一転する。修道女と正反対の人生を歩いてきたデロリスだが、「歌」に関してだけは、共通点があったのだ。歌が好き、もっと上手くなりたい[exclamation]という…
こうして修道女たちは、歌う喜びに目覚め、修道女たちのゴスペルは、あっという間に大評判となる。潰れる寸前だった教会は寄附金で持ち直し、修道院も売り飛ばされずに済んだ。意外と利にさとくノリノリのオハラ神父役を今井清隆が怪演している。
ところが、あまり人気になって、ローマ法王の前でも歌うことになったため、それがニュースになり、カーティスに居場所を知られることとなった。エディはデロリスを迎えに行き、彼のアパートで匿う。しかし、既に修道女たちとのゴスペルなしに、自分は生きられないと知ったデロリスは、危険を承知で修道院に戻るのだった-

デロリスとカーティスの二役がWキャスト。私は、上記の配役で観劇したが、別キャストは森公美子と大澄賢也が務めている。こちらも観たかったな…[揺れるハート]

デロリス役の蘭寿とむは、帝劇初出演にして初主演とは思えない、パーンッとしたがあり、登場するだけで、彼女を愛さずにはいられない、そんなキュートな魅力がある。宝塚の現役時代から磨き抜かれていたパワフルな身のこなしと、パンチのあるハイトーンボイスは健在。その上に、どこから積み上げたんだ[exclamation&question][ぴかぴか(新しい)]と言いたくなるようなバストの構築と、長く引き締まった足をミニドレスに包んで、やばいくらいのいい女[キスマーク]
なんでカーティスみたいな男に引っ掛かってしまったのか…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][ふらふら]
まあ、そういう意味では、人間としてダメな部分が多すぎるデロリスは、優等生蘭寿とはキャラが違いすぎて、彼女の過去を想像するのは難しい。たぶん、いろんな意味でダメすぎて、歌以外なんの取り柄もない人間なのだろうけど、そう見えない。
キレッキレのリズム感と身体能力で客席を酔わせる生まれながらのスターにしか見えないのだ。
ま、いっか。素敵だもん[exclamation]
ミュージカルだから、あまり細かい点に拘ることもないだろう。

また、ほんとのほんとの高音部分は、蘭寿も、修道院長のも苦しいところはある。特には、あちこち、かなり音がズレている。それをよしとしてしまう空気がこのミュージカルにはある。楽しいことが大事、というか。
だから、カーティスが無慈悲な人殺しで、デロリスを殺すために修道院でピストルをぶっ放すヤツだったとしても、そこを重く考えるのではなく、そのサスペンスを楽しむ、そういう設定を楽しむ、それが正解なのだろう。
蘭寿の、適応力の高さというか、守備範囲の広さというか、「ifi」以来の生蘭寿だったが、女優になってからの変化に驚いた。帝劇は、また一人、すごい主演女優をゲットしたな、と思った。
ところで、修道女はお化粧をしていないものだが、出演している女優さんが、みんなそういう体でメイクをしていることに驚いた。いつも帝劇でバリバリにツケマしている女優さんたちが、ほぼドーランだけで舞台に立っている。最初、さんを除いて、誰が誰やら…状態。ただ、蘭寿はウーピーじゃないので、黒塗りメイクをバッチリしている。そのメイクが浮いて見えないところに、蘭寿の真骨頂がある。ほんとに派手な顔の黒人女性にしか見えないってか。
やっぱ、芝居はハートですよ[黒ハート]
そして、男優の皆さんは、さまざまな人種やキャラクターを表すために派手なメイクをしている。男優が派手メイクで、女優がすっぴん…みたいな、そこも面白い。
石川、石井、今井(並べてみると面白いな)は、ベテランらしい安定感で舞台を支え、上口耕平、泉見洋平、宮澤エマらは溌剌と若いエネルギーを真摯に注ぎ込んでいる。特に、宮澤は、観るたび歌が上手くなっている気が…。今、かなり楽しみな存在。ちなみに「ラフルアー」は使わない方向性でいいのかな。

“今日は何の日”
【6月10日】
国立西洋美術館の開館式(1959=昭和34年)。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: