So-net無料ブログ作成
検索選択

星組公演千秋楽と北翔海莉さよならショー [┣宝塚観劇]

星組千秋楽のライビュ観てきました[exclamation×2]
その後、劇場に行こうかなと思っていたのですが、あまりにも号泣しすぎて、具合が悪くなり、そのまま帰りました…[もうやだ~(悲しい顔)]

作品の感想は、お芝居はこちら、ショーはこちらにアップしていますので、この記事ではさよならショーについて簡単にアップしておきます。なお、本公演のショーにおける、退団者のコサージュですが、美城さんは、ソロで銀橋を渡るところで。トップコンビは、イル・モンドのところで。みっちゃんのお花は、とてもシンプルな小さいもので、風ちゃんのお花は、ドレスにピッタリと沿った形のものでした。美都くららちゃんは、白いドレスの胸元に付けていました。

<北翔海莉さよならショー>

大階段からスタート。
男役が白燕尾で居並ぶ中、北翔は一人、サックスブルーのラテン襟変わり燕尾。音楽は、北翔ら84期生初舞台のショー、「シトラスの風」の主題歌。
美城れんの歌で北翔が踊る場面も。ここは、泣ける[もうやだ~(悲しい顔)]
そして、北翔が出世役・ドアボーイを演じた「ノバ・ボサ・ノバ」より、『アマール・アマール』。ここで、同じくサックスブルーのドレスに身を包んだ妃海風とデュエットダンスを踊る。
大階段には、「Kairi Hokusho」の文字が浮き上がっている。
次の曲は、聞き覚えがなかったが、「想夫恋」の曲かしら[exclamation&question]
つづいて、銀橋を渡りながら、「THE SECOND LIFE」の曲を北翔が歌うと、本舞台上では、美都くららが、七海ひろきの腕の中で踊っている。宙組時代の作品だが、七海は出演していたから、違和感がない。
そして、おもむろに金のマイクを取り出し、こぶしを転がしながらの『OH!Edo Night Show』。そして最後に、「THE ENTERTAINER!」の曲(ブルーローズ、夢は必ず叶う…みたいな曲です[るんるん])で、終了。

ここで、美城が登場し、ソロで、『My Heart Will Go On』(映画「タイタニック」のテーマ曲)を歌い、銀橋を渡る。黒燕尾に白いバラを胸につけていた。美城が歌う間に幕が下り、再び上がる―

「LOVE&DREAM」の場面がここで再現。大階段でガラスの靴をやっちゃう、みち&ふう[黒ハート]そのまま、『夢はひそかに』(ディズニー長編アニメーション映画「シンデレラ」より)をデュエットする二人。妃海の紫のゴージャスなドレスは、本物のお姫様のようだった。
ここから「こうもり」の場面へ。
北翔の後ろで白燕尾姿の男役が踊ると、紅ゆずる・綺咲愛里を中心とした「こうもり」乾杯の場面が再現され、大いに盛り上がる。

と、下手の花道に、だぼだぼの水兵さんの衣装で、妃海が登場。「南太平洋」から『ワンダフル・ガイ』を歌う。
そして、大階段上に白スーツにソフト帽の北翔が登場、「女神よ今夜だけ」を歌い、「初めての恋」へ繋ぐ。ここで再び、妃海とデュエットしていた…と思った。
次の曲は、今年のバウホール公演「One Voice」のシーンだったのかな、順番的に。観ていないので、ちょっとわからない。

最後に、会場じゅうのペンライトを見ながら、『すべての山に登れ』を歌い、銀橋を渡る北翔。
主演公演をすべて観劇するほどのファンではなかったが、初舞台からの歩みをふりかえり、長い努力の果てに頂点を掴んだ北翔らしい、素敵なさよならショーだな…と思った。

続く、退団のご挨拶は、大劇場に引き続き、紋付き袴で。
冷静にさよならショーを観ていたのだが、ここで再び、号泣してしまった。

日比谷でお見送りできなかったのは痛恨の極みだが、最後まで中継を観られたことは、とても幸せな体験だった。
退団者のみなさんのお幸せをお祈りしています[ぴかぴか(新しい)]

“今日は何の日”
【11月20日】
平清盛が後白河法皇を幽閉し院政を停止させる、という「治承三年の政変」が起きる(1179=治承3年)。
(←旧暦。新暦では、12月20日となる。)
武士が治天の君を幽閉してしまうなんて…というこの事件を皮切りに、やがて武士が天皇を島流しにする時代がやって来るんですね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0