So-net無料ブログ作成

宝塚花組大劇場公演 [┣宝塚観劇]

福岡の全国ツアー観劇の後、ムラで大劇場公演を観てきました。

いやー、今回は、弾丸でした。
そもそも、5月に博多座「王家に捧ぐ歌」を観劇する予定だったのが、諸般の事情でキャンセル。
それで、代わりに…と計画した全国ツアー公演。でも、それも色々な予定が前後に押して、かなり強硬スケジュール。
そんな強硬スケジュールなのに、3日の夜公演後に一緒にゴハンを食べてくれ、翌日も半日付き合ってくれた、福岡の友人には感謝の気持ちでいっぱいです。1年半ぶりの再会、食べて喋って楽しかったです。
しかも、私が泊まったホテル、偶然にも彼女の幼馴染の勤務先で…私の目の前での再会劇に、なんだかほっこりしたのでした[黒ハート]
全ツ期間中ということで、福岡市内のリーズナブルなホテルが全然取れず、身の丈に合わない高級ホテルに宿泊してしまいましたが、こんなオマケがあるのなら、それもよし…[ひらめき]こんなゴージャスホテルでした[るんるん]

福岡1.jpg 福岡2.jpg

4日に宝塚に向かい、翌朝東京に帰るというヅカ友、Tちゃんとムラでゴハンして、タカホに宿泊、翌朝、冬空の武庫川河川敷を撮影したのがこちらです。スッキリした良い天気でした。
(福岡~宝塚の2日間は雨で…)

宝塚1.jpg 

大劇場公演では、日本もののショーに因んで、春夏秋冬をイメージしたカクテルを販売していました。

宝塚2.jpg

私は、春をイメージしたカクテルをいただきました[バー]

では、大劇場公演ミニ感想です。

ショーは、わりとオーソドックス。春夏秋冬という季節に合わせて展開する。
オープニングは、チョンパからの慶長の踊り。
続いて、専科・松本悠里の日舞。こちらは、セリ上がり、セリ下がり。以前のショーでは、袖や花道から早足で登場していたが、今後は、こういう形での出演になるのかもしれないな。
鷲と鷹の勇猛な場面を経て、中詰めは、祭り。ここの男役は青天。いなせだな~[ぴかぴか(新しい)]定番の民謡も登場。ここは夏の雰囲気。
秋は、安珍清姫のストーリーダンスをトップコンビが演じる。布を使った演出が魅せる。照明も美しい。
二人の情熱が炎となって燃え尽き、雪がすべてを覆いつくすと、再び春が…。
構成は、日本もののショーとして、王道すぎる形だが、衣装と照明の拘りが原田先生流か。
ストレスになる場面がまったくなかったので、今後は、日本もののショー作家としての道をおススメしたい。

お芝居は、古代、架空の王国が舞台。奴隷と王女の恋物語とか、設定が斬新すぎる。しかも全員当て書きというのがすごすぎる[黒ハート]
トップコンビと2番手の恋愛が並行して描かれているところも素敵だった。幸せになれなかったトップコンビの分までも穏やかに生きて、幸せになってね、キキちゃん(芹香斗亜[ぴかぴか(新しい)]
同時に国王夫妻(親世代)の愛憎までもキッチリと回収しているのがたまらなかったです。
華優希ちゃん、ぶらぼー[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

ベルサイユのばら.jpg

花の道の「ベルサイユのばら」、まだ咲いていました[かわいい]

“今日は何の日”
【12月10日】
田中正造が、東京・日比谷で、足尾銅山鉱毒事件について、明治天皇に直訴(1901=明治34年)。

ただし、警官におさえられ、直訴は未遂。この時の直訴状は、平成25年に田中の出生地、佐野を訪れた今上陛下に伝えられたとのこと。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0