So-net無料ブログ作成

宝塚歌劇花組東京公演「雪華抄」観劇 [┣宝塚観劇]

先日、スタジオライフのファンの集いでいただいたお土産、こんな包装紙でした。雪華堂.jpg

こんなお店があるんだ~[るんるん]と、ワクテカ[グッド(上向き矢印)]

というわけで、花組公演の感想です。

宝塚舞踊詩
「雪華抄」

作・演出:原田諒
作曲・編曲:玉麻尚一
音楽指揮:大谷木靖
振付:花柳壽應、藤間勘十郎、尾上菊之丞、麻咲梨乃
装置:松井るみ
衣装デザイン・監修:丸山敬太
照明:勝柴次朗
音響:大坪正仁
小道具:松木久尚
歌唱指導:山口正義
ヘアメイク監修:Eita
演出助手:栗田優香
衣装補:加藤真美、中村秋美
舞台進行:香取克英

原田諒先生、初のショー作品となる『雪華抄』、伝統的な宝塚の和ものショーらしさに溢れた秀作。初めて、原田作品を褒めた気がする。

<プロローグ 紅梅白梅>
全員が梅の花の衣装を着ての総踊り。幕開きは、もちろん、チョンパ[ぴかぴか(新しい)]
チョンパは、拍子木の“チョーン”の音の合わせて、パッと一斉に照明が点いたら、舞台上にずらっと出演者が並んでいる、という壮観な幕開きの光景を指す言葉だが、原田先生は、その場面の効果を増すために、袖の内側の灯りも消灯させているという。
出演者側も本当に真っ暗な中の移動になるので、前後の人と繋がってそろりそろりと舞台に出てくるらしい。移動が慎重になれば、衣ずれの音さえしないから、ますます効果は上がる。危険のない範囲で…とは思うものの、その拘りがプラスに働いたようだ。
和ものショーのプロローグといえば、慶長の若衆が定番だが、慶長といえば桜が多い中、あえて梅をテーマにしたところに新しさを感じた。和ものショーの定番は、季節が一巡してプロローグのところに戻るイメージだったが、梅から始まって桜で終わるのもいいなぁ~[るんるん]
大劇場を観た時は、あまり、「旬」ということを感じることはなかったが、東京では、お正月公演でもあり、梅がしっくりくる。もうすぐ、梅が咲いて、春が来るのだ、と寒さに耐えて劇場に通っている感じ[雪]
舞台中央の水の流れを模したセットも素敵だった。

ところで、「慶長の若衆」と、毎回書いている(プログラムにはこんな記載はありません)が、そもそも、なんで「慶長」なんだ[exclamation&question]あのヘアスタイルと、陣羽織を羽織ったような衣装を見ると、条件反射的に、「慶長の若衆」と書いてしまうのだが。
慶長年間の始まりは、豊臣秀吉の最晩年。(終わりは、大阪夏の陣の豊臣氏滅亡)その時代に行われた豪華な花見の宴のような、爛熟してるけど、後から見れば、儚いもの…それが、桜の花の特性と相俟って、日本人の大好きな春のイメージになっているのかな…と思っている。
とはいえ、今回は、梅、です。
桜はもちろんフィナーレに登場するが、桜でサンドイッチせずに、まずは、梅で幕を開ける。なかなか、新鮮でした[るんるん]
この場面の衣装が全員新調というのも、すごい[ぴかぴか(新しい)]太っ腹[わーい(嬉しい顔)]
そんな新しさもありつつ、内容は定番のプロローグらしく、華やかで美しかった。特に、和ものショーのお化粧を初めて見たが、桜咲彩花が雛人形のように美しくて、驚かされた[揺れるハート]

<花椿>
続いて、松本悠里による一人舞。
ここでは椿(雪椿)がテーマになっている。
バックに流れる影ソロ(音くり寿)の歌詞によれば、去年の雪が溶けて流れる2月が舞台。なるほど、梅⇒雪だと、なんとなく季節が後戻りしたようにも感じられるけど、どちらも2月…か。片や早春の喜びを歌うプロローグ、そして、一方では雪が残っている。それは決して矛盾しないし、それこそ日本らしい景色かもしれない。
情緒たっぷりの松本の踊りだが、歌詞が若干都々逸っぽいかなー。(そもそも芸者という設定なのかも[exclamation&question]
そのわりに、ラスト「散る」で終わるんだね…せっかく椿なのに…[あせあせ(飛び散る汗)]ってか、歌詞がかなりイミフ[爆弾]それっぽい言葉を連ねているわりに、何を言っているのかわからない。くりすちゃんの歌がクリアに聞こえるので、あれれ[exclamation&question]と思ってしまった。
は、童顔に似合わず、声だけだと、なかなか色っぽいなぁ~[黒ハート]

<鷹と鷲>
続いて、春。
鷹と鷲が大空の覇権を争う。
女性が一人でしっとりと踊るところから、一気に勇壮な男役の群舞になる辺り、メリハリがあって、とてもいい[ひらめき]
また、鳥といっても、鷲や鷹は、羽ばたくのではなく滑空する。そんな姿も見事に再現した振付(by藤間勘十郎)だった。
山のセットも中国の山水画のようで、美しかった。

<七夕幻想>
そして、夏の夜。
七夕の夜を楽しむカップルたち。浴衣姿が似合う。江戸時代の庶民という感じかな[exclamation&question]銀橋の鳳月杏桜咲のデュエットが美しいハーモニー。
そして、現実のカップルたちがハケた後、幕が上がり、そこでは、幻想的な七夕の風景が繰り広げられる。
彦星(芹香斗亜)と織姫(仙名彩世)を中心に、星空がつり下がった世界が美しい。舞台の奥行をすべて使って、盆が回って、天人と天女のカップルたちがポーズを取っているのが、本当に素敵[黒ハート]そのセンターで、苧環から織姫の織った布を彦星が引いている光景が美しくて[ぴかぴか(新しい)]
こちらは、天平時代辺りのファッションかな。中国風のテイストが、しっくりきてました。
ところで、冒頭の江戸風景が「七夕幻想A」で後半の織姫彦星が「七夕幻想B」なのね…[ひらめき]ちなつちゃんったら、なにげに、1場面もらったと考えていいのかしらね[るんるん](ちなつ贔屓[わーい(嬉しい顔)]

<波の華>
カーテンが閉じると、音楽が一変。勇壮なリズムの中、瀬戸かずやがセリ上がり、斎太郎節からスタート。中詰はノリノリの民謡メドレーだ[ひらめき](貝殻節~尾鷲節~佐渡おけさ~串本節)太鼓のリズムがエイトビートのロック調と融合して、血が騒ぐ[グッド(上向き矢印)]
斎太郎節や、佐渡おけさなど、誰もが知っているメロディーに混じって、尾鷲節や串本節など、へぇ~こんな民謡があるんだ~[目]と、思ったり、飽きさせない。妙に紀伊半島寄りだけど。
徐々に盛り上がったところで、トップ明日海りお登場。綾棒と呼ばれる銀の房のついた棒を両手に1本ずつ持ち、軽快に歌いながら操る。この総踊りは圧巻[ぴかぴか(新しい)]
さらにそこから、芹香の歌で、テーマ曲(音頭バージョン)が、夏を読みこんだ歌詞で歌われるのもニクい。ここでは綾棒を使って、寄せては返す波を群舞で表現している。いいなぁ、日本の夏。

<清姫綺譚>
一瞬の暗転の後、舞台には、安珍に扮した明日海
舞台上背景に、秋の月。安珍清姫の恋模様を舞踊劇にして見せる。
ぶっかえりのような歌舞伎手法と、大きな布を使ったマスゲーム的パフォーマンスの融合が素晴らしい。
一途に恋心を燃やす清姫(花乃まりあ)と、恋と修行に引き裂かれる安珍。安珍が修行を選ぼうとするところで、下級生男役たちが、安珍を守ろうとするかのように、周囲を取り囲んで踊る様は圧巻。女から稚児に逃げているようでもある…[あせあせ(飛び散る汗)](実は、日高川の波だそうです。)
赤いライトと旗で紅蓮の炎を表した場面もわかりやすく、清姫の痛々しいまでの愛に殉じる安珍の決心からのセリ下がりは、ドラマチック[ぴかぴか(新しい)]だった。短い場面なのに、芝居を一つ見たような充実感。

そして、冬。
舞台上の空間にまだ残る火の粉に混じって雪が降る。
若手の男役・娘役が8人ずつ、白い衣装で登場、静かに踊る。二人の霊を弔うかのように。和海しょうの銀橋での歌も雰囲気がある。

<フィナーレ 桜花夢幻>
そして、松本が桜の着物に身を包み、セリ上がる。
[るんるん]春よ、美しい春よ[るんるん]という歌で、少しずつ生徒が増えて行く。一人一人が違う着物。原田先生が生徒に合わせて選んだらしい。
ここの影デュエット(咲乃深音・愛乃一真)が素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]
最後に、安珍清姫が復活したかのように、セリ上がる明日海花乃春って復活・再生の季節なんだなぁ~(冬に枯れたものが、春に芽吹くみたいな…)と気づいて、うるっとした。明日海が、[るんるん]春よ、美しい春よ[るんるん]と一節歌って、そこからテーマ曲が再び流れ、一同銀橋で挨拶して終わる。

久々に素敵な和ものショーを堪能した気分。原田先生、こっちに転向したらどうかなぁ…[exclamation&question]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1