So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚歌劇星組バウホール公演「燃ゆる風」観劇 [┣宝塚観劇]

バウ・戦国ロマン
「燃ゆる風―軍師・竹中半兵衛―」

作・演出:鈴木圭
作曲・編曲:吉田優子
振付:若央りさ、桜木涼介
殺陣:諸鍛冶裕太
装置:稲生英介
衣装:加藤真美
照明:勝柴次朗
音響:大坪正仁
小道具:福井良安
所作指導:花柳寿楽
歌唱指導:ちあきしん
映像:保坂裕之
舞台進行:政村雄祐
舞台美術製作:株式会社宝塚舞台
録音演奏:宝塚ニューサウンズ
衣装協力:時代物工房 一助朋月

大河ドラマ「軍師・官兵衛」にあやかったのかな…と思われるタイトル。また、これは、個人的に思っていることなのだが、タイトルが『風』で終わる作品の半分くらいは意味もなく適当に“風”という字が当てられ、そういう作品に限って駄作である、というジンクスもあって、大変心配しつつの観劇だった。

結果、「燃ゆる風」の意味はわからなかったが、そして、もしかしたら、駄作かもしれない…という気はしたが、出演者のハマり具合がハンパなくて救われた、と思う。なんか、わからないが、すごかった[ひらめき]星組生が戦国武将そのものだった。中でも、特に96期生が、全員これまでのベストアクトだったんじゃないか…という出来だった。
穿った見方かもしれないが、3年間の謹慎に近い状態を過ごした鈴木圭先生は、初舞台から印象最悪のレッテルを貼られた96期生に、特に温かい目を向けたのかな…と思った。(かなり邪推[あせあせ(飛び散る汗)]

物語は、竹中半兵衛重治の36年という短い人生にスポットを当てているが、前半は、秀吉に仕官するまでの物語から、朝倉攻めでの敗走まで、そして後半は、松寿丸の一件と三木城攻めという流れ。この歴史上の事実の上に、妻の得月院が信長と正室・濃姫(帰蝶)の間に生まれた娘であったというフィクションをまじえてストーリーは展開していく。

初主演の七海ひろきは、時代劇等でおなじみの竹中半兵衛通り、数手先を読む冷静さと、熱い思いを胸に秘めたブレないキャラクターを的確に表現していた。初主演なのに気負うことなく、あくまでも爽やかに、沈着冷静に。女と見紛う美貌という説もある半兵衛は、美丈夫の七海にはピッタリの役どころかもしれない。
少しハスキーな七海の声が、理を説くと、なんか、そうかもしれない…と思ってしまう私は、声フェチです[黒ハート]

妻・いね(=得月院)を演じたのは、公演終了を以て組替えが決まっている真彩希帆。恋愛場面がなく、いきなり妻としてスタートするのは、若手の娘役には、かなりハードルが高いと思うが、半兵衛と信頼し合う妻である面と、自らの出生を知らない心許なさの両面を、余すところなく演じていて、見事だった。

そして、専科から参加した悠真倫が、秀吉役で大活躍[exclamation×2]
花組時代の悠真は、脇だから、自由に脇として光らせてもらいます[exclamation]みたいな、物語の本筋じゃないところを頑張ってる印象があった。本人の気持ちはわからないけど。
が、専科に行った頃から、もっといろいろな意味で自由になった気がする。組というピラミッドから離れたことで、主演に対して変に卑屈になったり、勝手に引いたりしないで、作品を良くするために、出るところは出る[ひらめき]芝居の出来る主演者なら、そんな悠真の演技を受けとめられる[exclamation](芝居が微妙な主演者の公演には、出なければいいだけの話。ここが、専科のフレキシブルなところ)
めいっぱい魅力的な秀吉で、目が離せなかった。決して三枚目にならず、かっこいいことから始まって、半兵衛が信長ではなく、秀吉の家臣になることを選ぶのもさもありなんという、他の誰にも出せない魅力が悠真から溢れていた。
若き日の秀吉ということで、老獪というよりは、バイタリティーに溢れ、信長のために戦い続ける武将なのだが、真摯で誠実な反面、将来の出世を予想させるキラッとした部分も見せる…ステレオタイプの秀吉ではないキャラクターで、かなり役作りは難しかったと思われる。が、悠真は、楽々クリアしているようで、秀吉が戦乱の世を楽しんだように、悠真も『燃ゆる風』の舞台を楽しんでいるように感じた。
半兵衛から、ついに三顧の礼を受け入れると告げられる場面では、少ないセリフの中で、いねを含む三人の心情が見事に表現された、素晴らしいシーンだった。

信長の家臣団の有名どころ、丹羽長秀(大輝真琴)と、柴田勝家(輝咲玲央)は、イメージ通りの好演。
信長の嫡男、信忠役の紫藤りゅうは、跡取り息子感満載で、軍団を率いて登場するシーンなど、インパクト大。明智光秀役の音咲いつきは、一声発した瞬間、ぶわっとオペラグラスを向けてしまうほどの美声。半兵衛の人生は、本能寺のだいぶ前に終わってしまうので、それほど大きな役ではないと思っていたら、一幕終わりなど、けっこう見せ場があり、印象に残った。超いい役を見事にものにしていた。朝水りょうは、濃姫の父、斎藤道三で一場面登場したが、美貌が際立ち、また堂々とした雰囲気が良かったと思う。
天華えまは、半兵衛の幼馴染キャラで、わかりやすくフラグが立って死んでしまうのだが、なんと1幕であっさり死んでしまったのには、驚いた。もう少し活躍するかな…と思っていたのだが…。松寿(官兵衛の息子)役の天彩峰里は、少年役を通しで演じたのだが、得意の歌を披露する場面もあったし、少年らしくしっかりと演じていた。荒木村重役の桃堂純も、おいしい役をしっかりとものにしていた。

そして、黒田官兵衛役の天寿光希。生真面目ゆえに荒木村重の乱のとばっちりを受けてしまうのだが、ああ、なんか、わかるなぁ~[ひらめき]という感じ。大河ドラマなどの影響を受けず、天寿らしい官兵衛になっていたと思う。
信長役は、わりとステレオタイプに描かれていたが、演じた麻央侑希は、見た目的にはかっこよく、でも、脳筋的なキャラに見えた。それでよかったのかどうかは、わからない。

で…濃姫役の音波みのりが、『鈴蘭』に引き続き、女神だった。星組には女神がいる…[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: