So-net無料ブログ作成
検索選択

まあくんの歴史 [┣ヅカネタ]

あらためて、先日退団を発表した、朝夏まなとのヒストリーを紹介していきたいと思います。

2002年 4月、星組大劇場公演『プラハの春/LUCKY STAR!』で初舞台。5月、花組に配属。この時、花組は、トップスター・匠ひびきのさよなら公演中。しかも本人が出演していない…という前代未聞の事態だった。朝夏ら88期生は、8月博多座公演『あかねさす紫の花/Cocktail』から合流。10月、大劇場公演『エリザベート』出演。新人公演で、黒天使の一人に抜擢される。
2003年 1月、『エリザベート』東京公演出演。3月、宝塚バウホール25周年記念5組連作公演バウ・ワークショップ『おーい春風さん/恋天狗』出演。5月、大劇場公演『野風の笛/レヴュー誕生』出演。8月同東京公演。10月、バウホール公演・東京特別公演『二都物語』出演。
2004年 1月、大劇場公演『飛翔無限/天使の季節/アプローズ・タカラヅカ!』出演。3月、同東京公演。5月、全国ツアー公演『ジャワの踊り子』参加。8月、大劇場公演『La Esperanza/TAKARAZUKA舞夢(マイム)!』出演。10月、同東京公演。東京公演直前に宝塚大運動会参加。
2005年 1月、バウホール公演『くらわんか』出演。華形ひかる、望海風斗らと、徳兵衛・貧乏神を競演。3月、大劇場公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』出演。ニコラ役。新人公演は、リュドヴィーク役で初主演(本役=春野寿美礼)[ぴかぴか(新しい)]ちなみに、ここまで、新人公演の役は“黒天使”くらいしか書いていない。2番手・3番手なしにいきなりの主役[exclamation]これってすごいかも[ひらめき]5月、同東京公演。8月、同博多座公演。アンリ役。11月、大劇場公演『落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!』出演。新人公演でヴィットリオ役(本役=彩吹真央)。
2006年 1月、『落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!』東京公演出演。3月、バウホール公演『スカウト』出演。キンケード役。6月、大劇場公演『ファントム』出演。従者役。新人公演では、シャンドン伯爵役(本役=真飛聖)。8月、同東京公演。11月、シアター・ドラマシティ・東京特別公演『MIND TRAVELLER』出演。ルーク・ベネット役。
2007年 2月、『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴-/TAXEDO JAZZ』出演。書生役。新人公演では、明智小五郎役で2度目の主演(本役=春野寿美礼)。4月、同東京公演。7月、梅田芸術劇場メインホール公演『源氏物語 あさきゆめみしII』出演。三位の中将役。9月、大劇場公演『アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー』出演。ミシェル役。新人公演では、ジェラール役で3度目の主演(本役=春野寿美礼)。11月、同東京公演。
2008年 3月、バウホール開場30周年記念・バウ・ワークショップ『蒼いくちづけ』主演。(バウ・ワークショップ初主演[ぴかぴか(新しい)])ドラキュラ伯爵役。5月、大劇場公演『愛と死のアラビア/Red Hot Sea』出演。アリ・ジム役。新人公演では、トマス・キース役で4度目の主演(本役=真飛聖)。7月、同東京公演。9月、全国ツアー『外伝 ベルサイユのばら/エンター・ザ・レビュー』出演。ジェロール・ロセロワ役。
2009年 1月、大劇場公演『太王四神記』出演。チュムチ役。おおらかでのびのびとした役作り。恋人を演じた野々すみ花とのラブラブっぷりが可愛かった[揺れるハート]新人公演では、プルキル役(本役=壮一帆)。2月、同東京公演。5月、全国ツアー公演『哀しみのコルドバ/Red Hot SeaII』出演。バシリオ役。7月、梅田芸術劇場メインホール公演『ME AND MY GIRL』出演。役替りで、ジャッキーとジェラルドを演じた。私が観たのは、ジェラルドの方だったが、魅力的なボンボンだった[かわいい]9月、大劇場公演『外伝 ベルサイユのばら/EXCITER!!』出演。シャロン役。そして、この時、研1の実咲凜音とショーで組んでいた[exclamation×2]という運命…[ぴかぴか(新しい)]10月、同東京公演。
2010年 1月、バウホール公演『BUND/NEON 上海』で、バウホール公演初主演[ぴかぴか(新しい)]クリストファー・ブレナン役。3月、大劇場公演『虞美人』出演。子期役。4月、同東京公演。7月、大劇場公演『麗しのサブリナ/EXCITER!!』出演。ケビン役。9月、同東京公演。11月、バウホール・東京特別公演『CODE HERO』出演。ジャスティン役で、2度目のバウホール主演[ぴかぴか(新しい)]同じ年に二度の主演、それも、同じ2番手で…というのは、かなり珍しいと思う。まぁくんとだいもんの絆の所以だろう。そして、ヒロインは、実咲凜音[ぴかぴか(新しい)]運命は、どこまでもついてくるのであった…[黒ハート]そんな運命的な作品ではありながら、内容は…えーと…[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
2011年 2月、大劇場公演『愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ)』出演。デューイ・スタイン役。3月、同東京公演。大劇場公演から東京公演の間に、東日本大震災が発生。様々な状況を考慮し、一部の公演が中止になり、公演中の入り待ち・出待ちも禁止となった。そして東京宝塚劇場のロビーで終演後、出演者が募金箱を手に募金を募るなど、異例の公演だった。まだまだ余震の続く中のこの公演は、当時の花組メンバーにとって一生忘れることのできない出来事だったのではないだろうか。6月、大劇場公演『ファントム』出演。役替りでシャンドン伯爵とセルジョ/若きキャリエールを演じた。8月、同東京公演。10月、シアター・ドラマシティ公演『カナリア』出演。ヴァンサン役。11月、同東京特別公演。12月2日、宙組への組替えが発表される。
2012年 1月、大劇場公演『復活/カノン』出演。セレーニン検事役。ショーでは、トップスター蘭寿とむと大階段で踊るなど、朝夏の立場が大躍進したような場面があった。2月、同東京公演。4月、全国ツアー公演『長い春の果てに/カノン』出演。アルノー役。6月1日付で、宙組へ。8月、大劇場公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』出演。キルヒアイス役。10月、同東京公演。
2013年 1月、博多座公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』出演。キルヒアイス役。3月、大劇場公演『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!! 』出演。フェルナン役で、悪役に挑戦した。また、大浦みずきのために書かれた“パッシィの館”の場面を実咲凜音と共に見事に再現した[グッド(上向き矢印)]5月、同東京公演。7月、全国ツアー公演『うたかたの恋/Amour de 99!!』出演。ジャン・サルバドル役。9月、大劇場公演『風と共に去りぬ』出演。役替りで、スカーレット・オハラ役とアシュレ・ウィルクス役。11月、同東京公演。
2014年 2月、シアター・ドラマシティ・東京特別公演『翼ある人びと』主演。ヨハネス・ブラームス役で、ドラマシティ公演初主演[ぴかぴか(新しい)]5月、大劇場公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』出演。役替りで、アンドレ役とジェローデル役。6月、同東京公演。8月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』参加。フェルゼン役で、全国ツアー公演初主演[ぴかぴか(新しい)]9月30日、凰稀かなめ退団に伴う、次期宙組トップスター就任発表[ぴかぴか(新しい)]11月、大劇場公演『白夜の誓い/PHOENIX宝塚!!』出演。カール・ポンタス・リリホルン役。
2015年 1月、『白夜の誓い/PHOENIX宝塚!!』東京公演出演。3月、梅田芸術劇場メインホール公演『TOP HAT』で、宙組トップスターお披露目。ジェリー・トラバース役。古きよきアメリカのミュージカル映画を見事に現代に蘇らせた。4月、同東京特別公演。6月、大劇場公演『王家に捧ぐ歌』出演。ラダメス役。7月、同東京公演。10月、全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ/シトラスの風III』参加。ダニエル役。
2016年 1月、大劇場公演『Shakespere/HOT EYES!!』出演。ウィリアム・シェイクスピア役。2月、同東京公演。5月、博多座公演『王家に捧ぐ歌』ラダメス役。7月、大劇場公演『エリザベート』出演。トート役。9月、同東京公演。この間に、相手役の実咲凜音が退団を発表している。11月、全国ツアー公演『バレンシアの熱い花/HOT EYES!!』参加。フェルナンド・デルバレス役。12月26日、実咲退団後の宙組にトップ娘役を置かないことが発表され、衝撃を生む[爆弾]
2017年 2月、大劇場公演『王妃の館/VIVA!FESTA!』出演。北白川右京役。3月7日、退団発表[exclamation]

<今後の予定>
(1)2017年3月31日(金)~4月30日(日)東京宝塚劇場『王妃の館 -Château de la Reine-/VIVA! FESTA!』
(2)2017年6月6日(火)~6月11日(日)梅田芸術劇場メインホール『A Motion(エース モーション)』 
(3)2017年6月23日(金)~6月28日(水)<文京シビックホール>演目は(2)と同じ
(4)2017年8月18日(金)~9月25日(月)宝塚大劇場 『神々の土地/クラシカル ビジュー』
(5)2017年9月27日(水)~28日(木)パレスホテル東京 朝夏まなとディナーショー
(6)2017年10月2日(月)~10月3日(火)<ホテル阪急インターナショナル>演目は(5)と同じ 
(7)2017年10月13日(金)~11月19日(日)<東京宝塚劇場> 演目は(4)と同じ

初舞台から恵まれた容姿で注目を浴び、とはいえダンサーの宿命でお芝居中心の新人公演ではなかなか役が付かず、しかし、研3で一気に主演し、そこから4度の新公主演。けれど花組の年功序列の中、なかなか立場が上がらなかったり、宙組に入っても役替りが多く、本当に2番手なのか…という日々が続いたり…晴れたり曇ったり。でもまぁくんは、いつも太陽の輝きを失わなかった。
トップスターとして、いつもキラキラの舞台を見せてくれた。

最後まで、キラキラのトップスターでいてください[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: