So-net無料ブログ作成
検索選択

劇団メリーゴーランド「不埒な花は誘惑する」観劇 [┣ミュージカル]

劇団メリーゴーランド特別公演 Vol.III
ミュージカル・コメディ「不埒な花は誘惑する」

脚本・演出:平野華子、俵ゆり
作曲:内海治夫
振付:俵ゆり、平野華子
音響:長柄篤弘(ステージオフィス
照明:花木秀行(THEGLEE)
宣伝写真:Kikineko_Musik
制作:劇団メリーゴーランド

劇団メリーゴーランドの三人ミュージカル「不埒な花は誘惑する」を観劇した。劇団本公演ではなくて、選抜メンバーでの公演。アナザー・メリゴ的な公演で、通称“大人メリゴ”と言われている。

今回は、三人出演(いつもの大人メリゴは二人芝居)ということで、ショーを入れず、90分間一本勝負のワン・シチュエーション・ミュージカル。すごい[ぴかぴか(新しい)]膨大な台詞量[exclamation]みなさん、本当にお疲れさまでした[exclamation×2]
劇団メリーゴーランドのお芝居は、基本、ミュージカル・コメディ。予期せぬ展開と、見事に伏線を回収しまくる大団円が見どころだと勝手に思っている。挟みこまれる「くすっ」と笑えるポイントの配分や、繰り返しが生み出す笑いの効果も、本職だって間違うことの多い昨今、納めどころを見事に把握しているのは、脚本家自身が、その脚本で舞台に立っているから、かもしれない。昨今、優れた脚本家は、みな舞台経験がある。これって、ギャグが滑った時の現場の寒さが分かるゆえ…なんじゃないだろうか。

で、メリゴのヒロイン羽良悠里嬢の爆弾娘ぶりが、今回も素敵に発揮されている。そして、翻弄される男Sと書いて、「スタア」と読む、華波蒼氏[exclamation×2]今回は、人の話を聞いてない人物が二人に増え、さらに翻弄されている。そして、会社社長なのに、拳銃をホルスターに入れて持ち歩くのがサマになっている辺りも、素敵過ぎる[黒ハート]そしてそして、大人メリゴ新加入の斎桐真氏。前回本公演では、ゲスト出演的な立場だったが、その時から、もう絶対メリゴの人になってくれーと、思っていた。
(私の)念願叶ってのご出演、もう盤石ですね、メリゴさん[ぴかぴか(新しい)]
とはいえ、
男性が二人になっても翻弄されるのは、スタア華波さんだけ。(やっぱり[爆弾]

天才植物学者なのに、わけわかんない坊やの斎さんが、最高すぎ[黒ハート]あの育ちすぎの美貌で「ルークにーに[るんるん]」と言い出すなんて、何のプレイですかっ[exclamation&question][揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]

今回は、ショーがない1本物ミュージカルだったが、そういうのもいいなぁ~[るんるん]本公演はお芝居とショーで、別箱はじっくりとミュージカルって、いいかもしれない。
最後にちょこっとだけ登場された、黒柳芽里子さん(羽良さんの化身)も、相変わらず素敵なトークで、次回公演まで、皆様に幸あれ~[黒ハート]と私も思いました。

今回は、お芝居の脚本に、俵さん(=羽良さん)も参加され、メイン・ライターの平野さん(=華波さん)が、自分のこと、こんな風に書くのは恥ずかしいし…みたいな部分にも、ぐいっと切り込んだため、さらに容赦なく笑えて、素晴らしいと思った。これも、いつもはショー脚本を担当される俵さんの手が空いていたからこそ。そういう意味でも、別箱は1本物って、いい企画だと思った。

あ…ストーリーとか、なんにも書いてない…

あれですよ、つまり、花粉症の原因になるような不埒な花から、マフィンの香辛料が採れるという…しかも、そのめしべは堕胎薬でもあったらしい…それが教会が運営している孤児院の庭にてんこもり植えられているという…なかなか不埒なお話なのですが、望まない妊娠をした女性に対して、不確実な堕胎薬を用いて、それでも生まれてくる子供については、孤児院に引き取るというのは、孤児院で育った子供たち(登場人物3人は全員その孤児院出身)にとっては、自分が望まれずに生まれてきたとも取れるわけで、悲しい気持ちになると思うけど、それこそ、“神の御心に委ねる”ということなのだろうな…なんて妙に納得したのでした。(本筋そこじゃないから…[たらーっ(汗)]

しかし、スタア華波さまの魅力はいささかも揺るがないにしても、おねーさんたち(誰[exclamation&question])、斎さんみたいな美少年は大好物だからっ[黒ハート]
というわけで、ますます、メリゴから目が離せないですね[るんるん]


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0