So-net無料ブログ作成

fever [┗エンタメへの想いとか薀蓄とか]

ゆうひさんのライブ「Rhythmic Walk」で歌われた「fever」。
宝塚では、『ラ・カンタータ』(1994)が初出だと思うが、よく使われるかっこいいナンバーだと思っている。

で、東京で、ゆうひさんが、「えっちな歌詞」と言っていて、あれ、そうだっけ[exclamation&question]と思い、車に乗せっぱなしだった、マイケル・ブーブレのCDを回収してきた。

そういえば、マイケル・ブーブレのCDを聴いている時から、「ロミオとジュリエット」という歌詞があることには気づいていたのだが、今回、ゆうひさんの歌を聴いて、初めて「ポカホンタス」が登場していることを知った。ゆうひさんの英語の発音、なんか聞き取りやすいのよね。むしろ日本語より[爆弾]
2回目、注意して聴いたら、「キャプテン・スミスとポカホンタス」と歌っていた。ジョン・スミスじゃないから、気づかなかったのかな。

「えっち」かどうかは、英語のニュアンスがわからないので、なんとも言えないが、このポカホンタスにくだりが、私的にツボだったので、私の訳でその部分だけ、引用させてください。


Captain Smith and Pocahontas      キャプテン・スミスとポカホンタス
Had a very mad affair          とても熱い時を過ごした
When her daddy tried to kill him     彼女の父親(たしか酋長だったハズ)が彼を殺そうとした時
She said “Daddy, o, don't you dare    彼女は言った。「おとうさま、お願いだからやめて
He gives me fever with his kisses    彼は私に、キスをして燃え上がらせるの
Fever when he holds me tight      熱い 彼が私をギュッと抱きしめる時
Fever, I'm his misses,          熱い 私は彼の妻よ
Oh daddy, won't you treat him right”  ね、おとうさま、彼にふさわしい(私の夫として)扱いをして」 


いや、娘に手を出したから、殺そうとしてると思うんだけど…

ポカホンタスが、ジョン・スミスと恋に落ちた時、彼女はまだ12歳だったとか。
ジュリエットも13歳。
その年齢で、「Fever」と言われてもね…えっちな意味より、むしろ、若気の至りを感じてしまいますが、こんなふうに言われたポカホンタスのお父さんが気の毒…[もうやだ~(悲しい顔)]

史実のポカホンタスは、ジョン・スミスとは結婚せず、でもイギリス人の男性と結婚してイギリスに渡り、黒髪の貴婦人として人気を得たのだとか。でも、イギリスの気候が合わずに若くして亡くなってしまったそうです。
ジョン・スミスともイギリス社交界で再会したそうですが、やはり若気の至りだったらしく、焼け木杭に火が付くことはなかったそうです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0