So-net無料ブログ作成
検索選択

垂井町竹中半兵衛の町 [┣行ってきました!(旅・花・名所・展覧会)]

今年のGWは、宝塚ファン仲間と共に、様々な「ゆかりの地」を訪ねる旅に出た。
まず初日は、星組公演「燃ゆる風」の主人公、竹中半兵衛重治の城、菩提山城を訪れることに。


岐阜県、関ヶ原駅のひとつ先、「垂井」で電車を降りると…


垂井-1.jpg


半兵衛氏の銅像がお出迎え。駅前の垂井町観光協会では、半兵衛グッズも販売されていた。レンタサイクルもあるし、この地を訪れた主演コンビの記念写真も飾られていて、お得な気分。ファンの方は、もし訪れる機会があったら、この観光協会と菁莪記念館はぜひ行ってみてほしいと思う。


垂井-2.jpg


子どもの日直前ということで、町内を流れる相川沿いに鯉のぼりがたくさん泳いでいた。なんかGWだなぁ~と、ほっこり。


垂井-3.jpg


こちらは、五明稲荷神社の「松寿丸お手植えの銀杏」。
『軍師・官兵衛』でおなじみの黒田官兵衛が、荒木村重の反乱によって幽閉された際、一子、松寿丸は、官兵衛の裏切りを疑った織田信長によって殺されるはずだった。しかし、官兵衛に限って裏切るはずはないと信じていた竹中半兵衛が、彼を匿った。
ここは、松寿丸がかくまわれていた場所。官兵衛が救出され、無実が分かった後、晴れて官兵衛のもとに帰る時に、松寿丸が植えた銀杏の木が、ここにあったとのこと。残念ながら、木が弱ってきたため1年ほど前に切除することとなったそうだが、ご覧のように、若芽が育ってきている。
松寿丸は、後の福岡藩主・黒田長政。半兵衛がいなければ、歴史は大きく変わっていただろうな。


垂井-4.jpg


竹中陣屋に置かれている看板。
竹中陣屋とは、関ヶ原の合戦時に、半兵衛の息子重門が陣を置いた場所なのだが、なぜか、関ヶ原の頃にはとっくに亡くなっているはずの半兵衛の像がここにもいた[わーい(嬉しい顔)]
そして、垂井町の花は、やはりツバキらしい[黒ハート]


垂井-5.jpg


陣屋の上部から半兵衛像を撮影。
そして、そこから、菩提山に出発[exclamation×2]


垂井-6.jpg


山のあちこちにこの幟があって、とても勇気づけられた[ぴかぴか(新しい)]


垂井-9.jpg


この景色を見ると、つらい時間が報われる感じ[ひらめき]


垂井-7.jpg


一時間程度のハイキングで無事、山頂に到着[黒ハート]


垂井-8.jpg


山を下りた後、禅幢寺に寄り、半兵衛の墓にお参りした。


その後、駅に戻る途中にすっかり日が落ちてしまい、そうすると、周囲は真っ暗。都会からは考えられない垂井の夜。
日本の原風景を見るようなGW初日だった。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0