So-net無料ブログ作成
検索選択

宝塚歌劇月組博多座公演「長崎しぐれ坂」観劇 [┣宝塚観劇]

宝塚ミュージカル・ロマン
「長崎しぐれ坂」―榎本滋民作「江戸無宿」よりー


脚色・演出:植田紳爾
作曲・編曲・録音音楽指揮:吉田優子
編曲:鞍富真一
振付:花柳壽應、若央りさ
殺陣:菅原俊夫
装置:関谷敏昭
衣装:河底美由紀
照明:勝柴次朗
題字:望月美佐
音響:加門清邦
小道具:下農直幸
演技指導:立ともみ
歌唱指導:ちあきしん
演出補:鈴木圭
舞台進行:日笠山秀観


2005年星組大劇場公演の再演作。当時は、轟悠の大劇場“降臨”公演のただ中。2003年・花組「野風の笛」、2004年・雪組「青い鳥を捜して」に続く、第3弾がこの「長崎しぐれ坂」だった。そして、この公演は、伝説のトップ娘役、檀れいのサヨナラ公演でもあった。
今回は、なんと12年ぶりの再演とのこと。ちなみに12年前の感想はこちらです。同じ役で出演するには、茫然とするしかない。
さて、江戸時代の長崎には、大きな使命があった。鎖国を掲げた日本の中で、唯一、外国との交易のための港が開いていたのだ。そして、そこには、交易相手の外国人居留区があった。その中は、租界のような仕組みになっていて、治外法権。日本の役人もむやみに手が出せなかった。それを狙って、各地の無宿者が、ここに潜り込んでいた。
伊佐次(轟悠)もその一人。そして、彼の幼なじみの岡っ引きで、だからこそ、伊佐次を人の手に渡したくない卯之助(珠城りょう)も、立場のないただの下っ端になることを承知で長崎に移り住んだのだった。
人に捕えられるくらいなら、自分の手で捕縛したい…と。
でも、それは積極的な感情ではなくて、いつまでもこんな中途半端な日々が続いてほしいと卯之助は思っているようだ。
一方、長崎奉行所の面々も、他所からやってきた悪人達の捕縛には、積極的ではない。面倒この上ないと思っている。長崎で何かをしたわけではないのに、なんて捕縛しなきゃならんの[exclamation&question]的な。
それが卯之助の狙い目でもある。
ところが、ここへ、江戸から館岡(朝美絢)という男がやってきた。彼は伊佐次を捕縛するために手段を選ばないと、宣言している。この男が来たことで、それまで、それぞれの思惑を胸に互いに「なにもしないこと」で共存してきた彼らの人間関係が変化を始める。
館岡役に朝美を配したことで、初演以上の効果があったように思う。小柄な朝美がスピッツのようにキャンキャン吠えることで、それに響かない長崎という場所の特異性や、これまでなあなあで来た関係が、この男のせいで崩れて行きそうな不穏な空気が感じられる。
そこにいち早く気づいて、現状維持と新しい風、どっちに転んでもいいように、巧みに動きを始めている探り人のぼら(千海華蘭)。顔と声の幼さが気になるが、卑屈な小物キャラが憎らしいほどピタリとくる。変わろうとする空気に敢えて気づかぬような振りをしながら、全力で揺り戻しをかける卯之助との対比が鮮やかだ。
それぞれのキャラクターを際立たせるというよりは、関係性の中で自然と際立つように作って行く「月組芝居」が、古いテイストの植田作品を鑑賞に堪えるものに仕上げていく。
さて、長崎奉行の面々も、何もしていないわけではない。
悪人達が勝手に自滅して唐人屋敷を抜けだしたら、一斉に動いてお縄にする。恋人に会いたくて、でも、家族に会いたくて、でもいい。誰だってそういう不安定な心情になる時がある。それが彼らの動く時だ。館岡は手ぬるいと言うが、この方法が一番確実なのかもしれない。
ある日、卯之助は、神田明神の氏子仲間、おしま(愛希れいか)と再会し、懐かしさのあまり、伊佐次に会わせる。三人は幼なじみで、足の悪い卯之助を伊佐次とおしまが庇ってくれた、という過去がある。おしまは、廻船商・和泉屋(綾月せり)の囲われ者になっている。このキャスティングのため、「舞音」を思い出してしまうが、おしまは、舞音より年齢も上だし、色々な経験を経て、蓮っ葉でさばさばした明るい女になったんだろうなと思わせ、素敵。祇園の芸妓のように美しかった檀れいより、説得力がある。
このおしまの登場は、唐人屋敷で大事にされてお山の大将として第二の人生を過ごしていた伊佐次に衝撃を与える。一気に里ごころがついてしまった伊佐次は、荒れに荒れる。
自分が唐人屋敷を出ないのではなく「出られない」事実を突きつけられたから。
唐人屋敷には、伊佐次だけでなく、各所で悪事を働いた無宿者が多くたむろしていた。彼らは、いつの間にか伊佐次をリーダーとして、纏まっていた。が、最年少のらしゃ(暁千星)が最近反抗期のようで、ことごとく伊佐次に逆らう。
どうやら、陰でぼらが暗躍しているようなのだが、らしゃは、ぼらをいい人だと信じている。そんならしゃが伊佐次は危なっかしくて見ていられないが、一人前のつもりのらしゃは、伊佐次の干渉を拒む。
星組では、このらしゃ役を研15の安蘭けいが演じた。当然、過干渉気味の伊佐次が謎だし、母親に会いたくてぼらの嘘に騙されるのが頭悪そうにしか見えなかった。まだ新公学年で、あどけない表情のが演じたことで、母恋しな、らしゃに涙することができた。
さて、主演の
12年ぶりの伊佐次と思えない。「の伊佐次」が蘇ったように感じる。
技術的なことを言えば、年齢的なものなのか、これまでの酷使が祟ったのか、声がカスカスしていて、かつての大音声を知る身としては寂しくもなるが、その枯れた感までも含めて伊佐次だった。「帰りたい」とジタバタする姿や、一人で酒を飲んでいる場面の太ももまであらわな姿、どれも絵になる。
卯之助の珠城は、そんなと同い年の幼なじみ…というありえない設定を精一杯頑張っていた。
見た目で、それは無理があることは百も承知、それでも、伊佐次と一緒に夢を見続けたい、と縋る卯之助がちゃんとそこにいた。月組トップスターらしい素晴らしい卯之助だったと思う。
その他、水牛を演じた華形ひかる、李花役の憧花ゆりのも好演だったと思う。


上演前は、期待値ゼロだったが、思いのほか楽しめる「長崎しぐれ坂」だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1