So-net無料ブログ作成

2018年公演ラインアップ(花組) [┣宝塚情報]

集合日を迎えたばかりの大劇場公演「ポーの一族」終了後の別箱公演内容が早くも発表された。


2018年 公演ラインアップ【博多座】


2017/11/07


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【博多座】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


花組公演


主演・・・明日海 りお、仙名 彩世


◆博多座:2018年5月4日(金)~5月26日(土)


万葉ロマン 『あかねさす紫の花』
作/柴田 侑宏、演出/大野 拓史


博多座での「あかねさす…」は、2002年の春野寿美礼お披露目以来ですね。
その時は、中大兄皇子を主役にしたスタイルだったのだが、作品としての出来は、大海人を主役にした方が座りがいい。
でも今回、妻子のいる柚香に対してみずらの明日海というシーンが「有」なのだろうか。


レビュー・ファンタスティーク 『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~
作・演出/藤井 大介


大劇場・東京でも人気だったショー。博多再演は納得。えーと、サンテグラスどこいったっけ[exclamation&question]


バウホール公演は下記の通り。


2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】


2017/11/07


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


花組公演


主演・・・水美 舞斗


宝塚バウホール:2018年5月10日(木)~5月21日(月)


バウ・ラテングルーヴ 『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男—
作・演出/稲葉 太地


“CRUZEIRO(クルゼイロ)”とは、ポルトガル語で南十字星のことだそうです。
稲葉先生の作品で、バウホールでのショー仕立ての作品…というと、『インフィニティ』がすぐ浮かんでしまう。まっつファンなので。
あれは幸せな公演でした。
マイティも幸せな時間を過ごせますように。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。