So-net無料ブログ作成

「エッグスタンド」新チラシ [┣Studio Life]

エッグスタンド.jpg

これまで萩尾先生の原画を使っていた「エッグ・スタンド」。詳細チラシはこんなのになりました。

珍しくチラシに食いついているのは、ですね…

この顔が隠されているモデルさん、及川健さんなんですよぉ~[黒ハート]

まだ、配役が決まっていなかった頃にポスター撮りだったため、演出の倉田淳氏ご指名で、及川さんがモデルになったそうです。
朗読公演にも出るし…少しずつ、露出があって、感謝[exclamation]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2009年2月27日 [┣祐飛さんの思い出]

今日は2月27日。

野々すみ花ちゃん、HAPPY BIRTHDAY[黒ハート]

今年は2017年なので、もうあれから8年が経過してしまったのですね。

2009年の2月27日、祐飛さんの宙組トップスター就任が発表されました。その日の思い出はこちらに書いております。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚巴里祭 [┣宝塚情報]

宝塚巴里祭2017

2017/02/24

<構成・演出> 石田 昌也

<出演者> (宙組)真風 涼帆 ほか   

<ホテル阪急インターナショナル>
2017年6月26日(月)・27日(火)
ディナー 18:15~19:45/ショー 19:45~20:45

<パレスホテル東京>
2017年7月3日(月)・4日(火)
ディナー 18:00~19:30/ショー 19:30~20:30

今年も巴里祭の季節ですね。
真風さん率いる宙組メンバーのステージ、期待しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

東宝のお雛様 [┣写真ネタ]

今年も素敵に飾られてました。

雛.jpg


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

お勢登場 [┣演劇]

「磁場」の倉持裕さんが江戸川乱歩の8本の短編小説を一本のドラマに構成した「お勢登場」を観劇してきました。

やっぱり、面白いぞ、倉持作品[exclamation×2]

お勢役は、主演の黒木華ちゃんにピッタリ。でも、黒木さん、実は、アテガキされるのが心地よくないタイプなのかな~という気もした。倉持さんは決してアテガキしたわけではないのだろうけど、実は本質突いちゃってる的な…。そういう意味で、今は、映像の方で観ていたい人かもしれない。

倉持さん、今年から来年にかけてすごいラインアップなんだけど…これは、全部追いたいかも…。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

犬山城 [┣百名城]

犬山城1.jpg先月の松江城に引き続き、現存12天守のひとつ、犬山城に行ってきました。

愛知県犬山市にあるこのお城、名古屋から名鉄戦で30分ほどの地にあります。私は、犬山遊園駅から徒歩で向かいましたが、「犬山」駅からでも、所要時間は、それほど変わらないようです。

城の手前には、針綱神社、三光稲荷神社などの神社群があり、その中を抜けてお城に登っていきます。犬山城は、平山城なので、城付近までは平たんな道が続くのですが、敷地に入ると上り坂が続きます。

わりと息が上がるような上り坂の途中、景色が開けてくると犬山城2.jpg、思わず「ひゃー」と声を上げてしまいます。
テンションあがる~[グッド(上向き矢印)]

坂を上がりきり、入場料を払って門を抜けると、犬山城3.jpgじゃじゃーん[るんるん]いかがでしょうか[exclamation&question]素晴らしい望楼型天守です。

現存12天守とよく言いますが、実は、国宝に指定されているのは、そのうち五城しかなく、まったく偶然ですが、私が訪れたことのある現存天守は、その五城でした[exclamation×2]
(姫路城・彦根城・松本城・松江城・犬山城)
私、なんか、もってるかもしれない(笑)

望楼(物見台部分)は、廻縁がめぐっていて、オープンエアな中、360度周囲の景観を臨むことができます。冬のスッキリとした空気の中、素晴らしい景色を眺めることが出来ました。

たとえば、犬山城4.jpgこちらの風景。眼下に広がるのは、木曽川。そこに架かっているのが、ツインブリッジ犬山橋。

前日は、天気がイマイチだったのですが、この日は素晴らしい青空[exclamation×2]もしかして、私の雨女、治ったのかしら…

犬山城の犬山城5.jpg石垣は、高さ5メートルの野面積み。この野性的な石の積み方を見ていると、それだけで、ムフムフ…と笑みがこぼれてしまう…[ハートたち(複数ハート)]
私もだいぶ、城オタクになったようです。

先ほども書いた通り、城の入口付近は、神社群になっています。
そのひとつ、三光稲荷神社には、銭洗池というのがあって、ここでお金を洗うと、倍になって返って来るとか。

そのお守りのカエルさんです。犬山城6.jpg
カエルさんって猿田彦大神の使いなんだとか。ますます、カエルさんが好きになりました。(最後はカエルか[exclamation&question]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雪組のNEW WAVE! [┣宝塚観劇]

雪組のバウ・ショーケース「NEW WAVE!」を観劇してきました!
うわ、知ってる生徒、少ない!最上級生が95期なんて、花組から「NEW WAVE!」を観てきたので、隔世の感がある。
とはいえ、「NEW WAVE!」的には、紆余曲折を経て、原点に戻ったかな、という感じ。純粋に音楽を楽しめる構成になっていた。
主演の月城かなとと、永久輝せあは、まったく危なげない実力を発揮、今後、それぞれの組で、おおいに活躍するだろうな、と感じた。
そして、上級生枠の愛すみれ、叶ゆうりの歌声が、本当に素晴らしかった。
若手の娘役ちゃんたち、みんな可愛くて、今後が楽しみです!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

2017年ラインアップ発表 その8 [┣宝塚情報]

2017年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】

2017/02/17

2017年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。

星組公演

主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里

宝塚大劇場:2017年9月29日(金)~11月6日(月)
東京宝塚劇場:2017年11月24日(金)~12月24日(日)

ミュージカル『ベルリン、わが愛』
作・演出/原田 諒

1920年代のエンターテイメント業界を描く…というと、いまだにDVDを観ていない某サヨナラ公演が浮かんでくるわけですが…
たぶん、あのトラウマは、私が宝塚を観続ける限り、消えないと思う。

舞台は、今回は、アメリカではなく、ドイツ。ショービズではなくて映画。
ナチスによる映画のプロパガンダ利用というと、三谷幸喜の「国民の映画」など、傑作も多数あるわけだが、そこへ敢えて切り込んでいく原田先生の挑戦というか、自信が、“僕は怖い”。
原田先生のデビュー作、『Je Chante』にもナチスが登場したけど、ナチスのこと、全然理解してないとしか、思えなかったもんなぁ~[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]ま、あれから勉強したと信じたい…[爆弾]

タカラヅカレビュー90周年『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』
作・演出/酒井 澄夫

久々の酒井先生登板は、楽しみ。
酒井先生らしい、品のあるレビュー作品を期待しています[黒ハート]


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ポケカレ発売! [┣宝塚情報]

今年も恒例のポケットカレンダーの発売が発表された。

2月21日発売。全45種、1枚310円[ぴかぴか(新しい)]

メンバーは下記の通り。

(専科)轟悠、華形ひかる、星条海斗、沙央くらま、凪七瑠海
(花組)明日海りお、瀬戸かずや、鳳月杏、芹香斗亜、仙名彩世、水美舞斗、柚香光
(月組)珠城りょう、美弥るりか、宇月颯、紫門ゆりや、愛希れいか、朝美絢、暁千星
(雪組)早霧せいな、鳳翔大、望海風斗、香稜しずる、彩凪翔、彩風咲奈、月城かなと、咲妃みゆ、永久輝せあ
(星組)紅ゆずる、壱城あずさ、七海ひろき、寿光希、十碧れいや、麻央侑希、礼真琴、瀬央ゆりあ、綺咲愛里
(宙組)朝夏まなと、澄輝さやと、真風涼帆、愛月ひかる、蒼羽りく、実咲凛音、桜木みなと、和希そら

昨年発売されたブックマーク(メンバーは、ブックマークとポケカレは同一なので、同じ軸で見ています。)から退団者が減り、花組、雪組、星組で追加があった。とはいえ、二人は新トップ娘役なので、実質追加は、雪組の永久輝のみ。
花組が7、月組が7、雪組が9、星組が9、宙組が8…もう少し増やしてもいいのになぁ~と思うが、一度入ると退団まで出し続けるだけに、新公主演者を安易に追加したくないのかもしれないな。いいのにねっ、売れるんだから。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

演劇集団砂地「アトレウス」観劇 [┣演劇]

演劇集団 砂地
「アトレウス」

台本・構成・演出:船岩祐太
美術:土岐研一
照明:和田東史子
音響:杉山碧
衣裳:正金彩
舞台監督:白石英輔
演出助手:山下由
美術助手:小野まりの
演出部:谷肇、菅井新菜
制作:河本三咲
フライヤーフォトグラフ:瑛大
宣伝デザイン:佐藤瑞季
主催・企画・製作:演劇集団 砂地

提携:公益財団法人武蔵野文化事業団
助成:アーツカウンシル東京(公益法人東京都歴史文化財団)


元スタジオライフの藤波瞬平くんが出ている、ということで、10年ぶりくらいに吉祥寺で下車し、初めての劇場「吉祥寺シアター」に行ってきた。
ギリシャ悲劇という以外、何も知らずに観たが、すごくよかった[exclamation×2]
「TABU」でお気に入りになった大沼百合子さんが出ているというのも嬉しい。

タイトルは「アトレウス」だが、アトレウスという登場人物は出てこない。
主な登場人物は、アガメムノン(高川裕也)の一家なのだが、そのアガメムノンの父が、“アトレウス”であり、アトレウスの一族の物語にはなっている。最初に事件に巻き込まれたのは、アガメムノンの弟、メネラオス(本多新也)。彼は、スパルタの王である。
そもそもはギリシャの神々に原因があるのだが、美の女神・アフロディーテが三人の女神の中で、誰が一番美しいかを競った時、自分を選んでくれたら、世界一の美女をプレゼントする、とか言い出したのだ。それを聞いて、審判に選ばれた羊飼いの少年パリスは、アフロディーテが一番美しい、と宣言した。その後、パリスは実はトロイアの王子であることが判明し、トロイアの王家に迎えられる。そして、彼は大使として招待されたスパルタで王妃、ヘレネの美貌に恋をした。そして、アフロディーテの助力により、パリスは、ヘレネを連れてトロイアに帰還してしまい、メンツを傷つけられたメネラオスのために、兄のアガメムノンがギリシャの戦隊を繰り出した、というところから物語は始まる。
ところが、船はアウリスの港に停泊したまま、風が起きない。
どうやら、狩猟の女神アルテミスの可愛がっていた女鹿を殺したことから、アルテミスはアガメムノンを嫌っているらしい。
神託によると、アガメムノンが娘のイピゲネイア(岩野未知)を生贄に捧げることで、風が起きるという。
アガメムノンは、妻のクリュタイメストラ(大沼百合子)に使いを出し、長女・イピゲネイアと英雄・アキレウス(藤波瞬平)の結婚が決まったと、二人を誘い出した。

最初の場面は、この長女を差し出すということに関する場面。

当然母親は本当のことを知って大騒ぎになるが、イピゲネイアは、この現実を受け入れる覚悟を決める。そして、誰もが目をそむける生贄の儀式の中、彼女は、忽然と姿を消し、そこには、血を流した女鹿が横たわっていた。

次の場面は、それから年月が経った、アガメムノンの館。
次女のエレクトラ(永宝千晶)が嘆いている。
母は、アガメムノンの従弟のアイギストス(間瀬英正)と夫婦のように、ここで暮らしている。二人の睦言は激しくて、それがエレクトラには耐えられなかった。
そこへ父、アガメムノンが10年に及ぶ戦からが凱旋する。
トロイアからカッサンドラ(天乃舞衣子)という姫を携えて。彼女は、予言が出来る。しかし、その予言を誰も信じないというアポロンの呪いにかかっている。
館に入りたくない、と泣き叫ぶ彼女(なぜならそれは死を意味していたから)の言葉を信じないアガメムノンは、無理やりカッサンドラを連れて入っていく。
次の場面で、二人は血まみれになって浴槽に沈んでいた。
クリュタイメストラは、アガメムノンを決して許していなかった。その報復が行われたのだ。

エレクトラは、母とアイギストスの新しい政治が気に入らない。
妹のクリュソテミス(小山あずさ)は、母に従っている。彼女からすると、勝ち目のない行動をするエレクトラはばかげているらしい。
彼らの行動について、コロス(小林春世・吉田久美・如月萌・工藤さや・宍泥美・石山知佳)が色々言ってのけるところが面白い。彼女たちの衣装は現代人風で、言っていることも現代っぽく、ギリシャ悲劇と我々現代人を繋いでいるような感じ。劇中の立場としては、ギリシャ市民といったところだろうか。てか、コロスにこれだけのキャストを揃えたのは、彼らの発言がポイントという意味だと思っていいよね[exclamation&question]コロスが女子だけというのも面白い趣向だと思った。

エレクトラの望みの綱は、弟のオレステス(田中壮太郎)。イピゲネイアが生贄に捧げられた時、まだ赤ん坊だった。そして、その後、家臣に預けられたため、一家とは没交渉だった。その弟が、父の死を知り、復讐のため、こっそりと帰ってくる。危険を回避するため、親友のピュラデス(藤波・二役)と謀って、自分は死んだことにして、情報を収集しようとする。
そして、アガメムノンの墓の中で、父を殺したのは、母と愛人だったことを知り、エレクトラに身分を明かし、復讐を誓う。

復讐は遂げられた。
しかし―

ここから先は、アッと驚く展開の嵐で…
正直、ちょっと混乱してよくわかっていない…[あせあせ(飛び散る汗)]

イピゲネイアが生きていた[exclamation×2]という、え…それじゃ、あの家族の殺し合いはいったい…みたいな展開から、最後は、裁判劇になる。
そこでもコロスが、女神アテネ(大沼・二役)の判決に異を唱え、「え、神様だからえらいの[exclamation&question]」とか言って混乱を呼んでいる場面は、コロスすげーってか、クレイマー最強[あせあせ(飛び散る汗)]みたいな感じで、いやー、感動を通り越して凍り付きました[たらーっ(汗)]

でも、ギリシャ悲劇がすごく身近に感じられ、上演時間があっという間だった。
コロスもすごかったけど、大沼さんの迫力にうっとりでした[黒ハート]
あと、裁判劇のところで、二人の人物が同時に台詞を言う場面があって、片方のセリフしかわからないよ~と思っていたら、位置を変えてもう一度同じセリフが出てきた。すると反対側の人物のセリフがよく聞こえる。
なんか、すごいトリックみたいに思ったが、マイクの指向性なんだろうか[exclamation&question]
ちゃんとそれぞれの主張も理解できたし、でも、双方が引かずに自分の主張をしているという混乱も伝わって、よい演出だと思った。

一緒に見た友人が、「藤波くん、見た瞬間に分かった。すごい倉田さん(スタジオライフの脚本・演出家)の好きそうなタイプだね」と言っていて、ちょっと受けました[わーい(嬉しい顔)]


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇