So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆうひという箱 [┣大空ゆうひ]

昨年9月にライブがあって。その前にも東日本大震災のチャリティライブで歌ったりして。その前にもトーク&ライブがあって…と、音楽活動、実はずっとやっていたんだな、と改めて気づく。
所属事務所が音楽系なので、女優さんが趣味の域でやっている分にはノープロブレムだけど、ちゃんとした音楽活動としてのライブ開催には、色々とハードルがあったらしい。そこを粘り強くこじ開けていったゆうひさんは、音楽をすごくやりたいんだな…と思った。
で、これまでの3回のライブは、“高音域でか細く歌う”(最初の2回)、“自分の得意な音域を生かす”(前回)と、色々な方向性を試しているんだなーと思った。
そしたら、今回、あれもこれも全部が出てきて、まさに大空ゆうひ劇場になっていた。

それで、なんか、改名のことがストンと腑に落ちた気がする。
20年以上やってきた「大空祐飛」の容量がいっぱいに近づいている、と感じていたのね、きっと。まるでHDD残量あと2時間切りました、みたいな感じで。

HDD.jpg
私は歌手ではないので、ゆうひさんの感覚を完全に理解することはできないけど、HDD理論なら説明できる。

空き容量が少なくなると、自動的にINPUTが減る。とりあえず録画しておこう…ができなくなるから。そして、同時にOUTPUTも減る。限られた時間の中では、どうせ見るなら鑑賞後に消せるものがいい、という選択方法になるため、永久保存版のもの=自分にとって大切なものを後回しにしてしまう。

そう考えると、大空祐飛HDDは、残り5%くらいのところで細々とINPUTとOUTPUTを繰り返していたのかもしれない。

「大空ゆうひ」は、「大空祐飛」と同じサイズの外付けHDDなんだな、と思った。中はカラッポ。20年くらいは、いくらでもINPUTできる。大空祐飛から大空ゆうひに必要なアイテムだけ移動させることもできる。(全部移動したら意味がない。)

ということで容量の増えたゆうひさんは、すごかった。
声の種類から、口の開き方、声の出し方、ボイスチェンジ…1曲ずつ、違うキャラクターになっている。もうちょっと喉に負担のかからない歌い方の方がおススメな気はするが、喉は強い方だし、そもそも日程的に無理がないので、ああいうことしても大丈夫なんだろう。
曲ごとにキャラを変えられるくらい多彩な歌い方をものにしたことで、「愛の賛歌」もやれちゃうわけだ。こういうドラマチックな歌、ずっとやりたかったと思うので、すごく嬉しかった。
大空ゆうひ劇場。そのための外付けHDD。うーん納得[揺れるハート]

このHDDは、演技面にも利用するのよね[exclamation&question]大化け期待です[exclamation×2]


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇