So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

「六月大歌舞伎」その2 [┣演劇]

続きです。「その1」はこちらをご覧ください。


河竹黙阿弥 作
「曽我綉侠御所染」
  御所五郎蔵 二幕


今回の舞台、上手側に仮花道が設えられていた。
どこで使うのかな…と思ったら、この二つ目の作品でした。


京、五條坂仲之町の廓。上手仮花道に、男伊達・御所五郎蔵(片岡仁左衛門)と、その一党がずらっと並び、下手花道に、國を追放された武家の星影土右衛門(市川左團次)と、その一党がずらっと並ぶ。そうして、それぞれ割りゼリフであーだこーだとやり合う。おおー、美しい[exclamation×2]と眺めていると、衣装の模様が、「大万大吉大吉」という家紋になっている人を発見[exclamation]「大一大万大吉」ではないんだけど、気になる…[あせあせ(飛び散る汗)]
最初のうちは、追放された武士の土右衛門と、かつて武士で今は侠客の五郎蔵が張り合っているだけに見えたが、この二人、実は深い因縁があったらしい。
二人の一触即発は、廓の主人(中村歌六)によって、一度は仲裁される。
五郎蔵は、武士だった頃に、主君の腰元だった皐月(中村雀右衛門)と恋仲になったが、温情によって死罪を免れ(この時代、不義=職場恋愛は死罪)、二人して京に上って、皐月が遊女となっている。とはいえ、夫がいる身…と、誰にも身を許していないので、馴染みの客はいない。そこに足しげく通っているのが、土右衛門。
一方、五郎蔵の死罪を許してくれた元の主君、今は、廓通いに嵌まってしまい、皐月の朋輩、逢州(中村米吉)に入れあげ、二百両の借金を作ってしまっていた。元・主君の危機を救うべく、五郎蔵は、皐月になんとか二百両を用立ててほしいと、手紙を送る。皐月もこれには困ってしまう。
と、皐月を口説いている土右衛門が、二百両を自分が用立てようと言い出す。その代わり、五郎蔵に去り状を出して、自分のものになれば…という条件を出して。皐月は、五郎蔵のために、土右衛門の申し出を受けてしまうが、そこへ現れた五郎蔵は、二百両を断じて受け取ろうとしない。
途方にくれた皐月は、癪を起したと言って、土右衛門とともに身請けの支度に出るのを拒む。
それを逢州がとりなして、打掛を交換して私が同道いたしましょう、と言ってくれる。
しかし、それが、悲劇のもと。途中で道中を待ち伏せした五郎蔵によって、逢州が間違って殺されてしまう。


す…救いがないっ[exclamation×2]


でも、仁左衛門さまの美しさといったら…[黒ハート]


雀右衛門さんが、ここでも美しく、そして、米吉くんがなんとも艶やかで素晴らしかったです。


左團次さん、ちょっとお元気がなかったような気が…大丈夫でしょうか。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

すてきすぎる! [┣ミュージカル]

帝国劇場で上演中の「レ・ミゼラブル」。
詳細な感想は、MY楽後にゆっくりと書く予定だが、今回は、私の浅いレミゼ史上、革命的な舞台を観た感激をちょっとだけ。


一番槍でおなじみ(もはや、こう書くことすら失礼かも[爆弾])相葉裕樹くんのアンジョルラスが、神々しくて、荷車じゃなくて、砦から逆さにぶら下がってほしい…と、心から思った。


そして、この日のコゼットは生田絵梨花ちゃん、おおー可愛い[黒ハート]


マリウス内藤くんも、先月とは髪形が違うのかな[exclamation&question]なんか、王子様みたいで素敵でした。


そして、昆ちゃんが…なんか、めっちゃ、可愛くなっている。「ベル(美女)」役を何度もテレビで演じた効果でしょうか[exclamation&question]


というわけで、「レ・ミゼラブル」がなんだか宝塚みたいに、綺麗前提な舞台になっていて、とても心地よかったです。


(そもそもの「レ・ミゼラブル(悲惨×複数)」という物語が苦手な私ゆえの感想かもしれないですが。)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

とうとう… [┣ブログ]

【重要】フィーチャーフォン(ガラケー)のログイン機能終了 

いつもご利用いただきありがとうございます。
フィーチャーフォン(ガラケー)のログイン機能終了をさせていただきます。
ご了承ください。

理由:セキュリティーの安全性等の問題、フィーチャーフォン(ガラケー)市場の縮小化

終了機能:フィーチャーフォン(ガラケー)からのログイン、記事管理/投稿 等

日時:2017年8月末 

※詳細な日時は後日、本ページに記載します。 なお、閲覧は従来通り出来ます。 今後とも、よろしくお願いいたします。


だそうです。


いまだに、愛用していただけに残念ですが、時代の流れですね。
12年間、ありがとうございました[exclamation×2]


今後は、PCとiPhoneを活用するしかないですね。苦手だけど…


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「六月大歌舞伎」その1 [┣演劇]

「六月大歌舞伎」を観てきました。
前回の観劇が、昨年の二月だったので…一年半近くぶり、ですね。


今回は夜の部だったので、「鎌倉三代記」から“絹川村閑居の場”一幕、河竹黙阿弥作「曽我綉侠御所染 御所五郎蔵」、長谷川伸作「一本刀土俵入」の三本を観劇した。歌舞伎は、やはり、素人の私にはとーっても難しいので、各場面ごとに短く切って記録していきたい。


では、まず、この作品から。


「鎌倉三代記」絹川村閑居の場


鎌倉…と書かれているが、この作品も時代劇に仮託して書かれた作品とのことで、実際は、真田幸村・木村重成・千姫・徳川家康をモデルにしているんだとか。その真田幸村を仮託されているのが、宇治川の先陣争いで有名な、佐々木高綱。あれ、なんか、私、この前も佐々木高綱の出てくる話を観たはず…[あせあせ(飛び散る汗)]一年半ぶりなのに、作品も違うのに…縁かしら[exclamation&question]


さて、今回の物語、鎌倉幕府の将軍、源頼朝亡き後、実権を握る北条時政と頼朝の遺児・頼家の擁立を図る京の公家との対立が激化していた。京方の武将、三浦之助義村(尾上松也)の母・長門(片岡秀太郎)が病に伏すわび住まいに、時政側の富田六郎(大谷桂三)らが現れる。実は、恋人である三浦之助の母を看病するために、時政の娘・時姫(中村雀右衛門)が逗留していて、彼らは、時姫を連れ戻すように、という命を受けている。
そこへ、重傷を負った三浦之助が戦場から帰ってくる。母の病が重いことを知り、今生の別れにやってきたのだが、母は、戦場から母恋しさに戻ってきた息子になど会いたくないと面会を拒絶する。また、時姫のところには、時政から取り戻しに成功したら時姫を嫁にやると言われてその気になった百姓の藤三郎(松本幸四郎)が時姫に言い寄り、怒った時姫が短刀を振り回したため、井戸に逃げ込む。
ところが、この藤三郎、京方に軍師、佐々木高綱に瓜二つということで、(間違わないように)額に入れ墨を入れられてここにやってきたのだが、実は、彼こそが佐々木高綱。高綱の影武者として死んだ藤三郎の妻、おくる(市川門之助)と謀っての身代り作戦だったのだ。
三浦之助に言い含められ、父である時政を手に掛けようと決意した時姫。それを時政に通報しようとする富田を井戸から槍で突き殺したのが、藤三郎こと高綱だった。
とはいえ、手負いの三浦之助、女ながら父を討とうとする時姫…と、なんか、この先不幸しか待ち受けていないようなところで幕切れとなる。


この舞台を観て、まず、本当に驚いたのは、芝雀さん…じゃなく、雀右衛門さんの美しさ[exclamation×2]
私、こーこーせーの頃に初めて芝雀さんの舞台を観ています。たしか、「義経千本桜」の道行だったと思います。当時の芝雀さんは、特に美しくもなく、まあ、やさしそうな感じの静役でした。ただ、あれから数十年経過した後に、「義経千本桜」の静を芝雀さんで観て、「変わらないな~[揺れるハート]」といつまでもお若い姿に驚いた記憶はあります。
しかーし[exclamation×2]
あきらかに、今回の、(襲名後、私は初観劇でした)雀右衛門さんは、美しかったのです[黒ハート]
これが襲名効果というものなのでしょうか。
これからが、美女・雀右衛門の時代かもしれません。楽しみ[揺れるハート]
相手役の松也くん。なんか、少し瘦せたのでしょうか[exclamation&question]こちらも、雛人形のような美男ぶりで、美しい恋人たちでした。


一方、幸四郎さんは、年齢を感じさせない力強さが見事でした[ぴかぴか(新しい)]最後に衣装がぶっかえりになるのですが、柄が…「永楽通宝」[exclamation&question]これは、真田幸村がモデルということで、真田六文銭から連想して銭柄の衣装なのだそうです。
出番は一瞬でしたが、秀太郎さんも、さすがの重鎮らしい存在感でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

「オーム・シャンティ・オーム」配役決定! [┣宝塚情報]

月組公演「グランドホテル」の感想、その2をアップしました。こちらです。


そして、「阿弖流為」に続き、梅田芸術劇場メインホールの「オーム・シャンティ・オーム」の配役も決定しました。こちらは、1月の国際フォーラム公演との比較で見て下さい。


役名 解説 出演者 前回
オーム・プラカーシュ・マキージャー
オーム・カプール
俳優
俳優
紅 ゆずる 紅 ゆずる
シャンティプリヤ
サンディ
女優
-
綺咲 愛里 綺咲 愛里
ムケーシュ プロデューサー 七海 ひろき 礼 真琴
べラ・マキージャー オームの母親 美稀 千種 美稀 千種
ヴィミー レポーター 白妙 なつ 白妙 なつ
ラージェシュ・カプール オーム・カプールの父 天寿 光希 壱城 あずさ
アンワル カプール家の秘書 大輝 真琴 瀬稀 ゆりと
ラージェシュ・カプールの妻 - 愛水 せれ奈 愛水 せれ奈
スバーシュ・ガイ 映画監督 瀬稀 ゆりと 如月 蓮
シャバナ - 紫月 音寧 白鳥 ゆりや
リシ・ガイ スバーシュ・ガイの息子 十碧 れいや 十碧 れいや
パップー オームの親友 麻央 侑希 瀬央 ゆりあ
キラン ミッタルの娘 紫 りら 紫 りら
SP - 紫藤 りゅう 漣 レイラ
助監督 - 拓斗 れい 拓斗 れい
ミッタル 撮影所所長 朝水 りょう 夏樹 れい
カリシュマ - 華鳥 礼良 華鳥 礼良
オームの影 - 彩葉 玲央 綾 凰華
プリティ - 小桜 ほのか 小桜 ほのか
SP - 遥斗 勇帆 ひろ香 祐
ドリー 女優 星蘭 ひとみ 夢妃 杏瑠


当然と言えば、当然ですが、かなり配役、変わっていますね。


まったく別の作品、という感じになりそうで、楽しみです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

星組DC「阿弖流為」全配役決定! [┣宝塚情報]

今回も( )の中身から大野先生の熱い思いが伝わってきます[黒ハート]


主な配役


阿弖流為[あてるい](胆沢の蝦夷の長の跡継ぎ。蝦夷の心を守り戦い抜いた古代の英雄)…礼 真琴
佳奈[かな](阿弖流為の盟友、母礼の妹)…有沙 瞳
坂上田村麻呂[さかのうえのたむらまろ](朝廷の威信を懸け立ちはだかる智将。初代征夷大将軍)…瀬央 ゆりあ


桓武天皇[かんむてんのう](第五十代天皇。蝦夷討伐に心血を注いでいたと言われている)…万里 柚美
伊治公鮮麻呂[これはるのきみあざまろ](朝廷に与する伊治の蝦夷の長)…壱城 あずさ
坂上全子[さかのうえのまたこ](田村麻呂の妹)…音波 みのり
紀広純[きのひろずみ](蝦夷征伐を目論む朝廷の高官)…輝咲 玲央
惡玉[しらたま](田村麻呂に仕える女)…夢妃 杏瑠
紀古佐美[きのこさみ](蝦夷討伐を目論む朝廷の高官)…夏樹 れい
御園徹成[みそのてつなり](田村麻呂の部下)…漣 レイラ
伊佐西古[いさしこ](江刺の蝦夷の長の跡継ぎ)…ひろ香 祐
諸絞[もろしま](和賀の蝦夷の長の跡継ぎ)…音咲 いつき
鞍摩[くらま](惡玉配下の女)…白鳥 ゆりや
百済王俊哲[くだらのこにきししゅんてつ](蝦夷討伐を目論む朝廷の高官)…桃堂 純
母礼[もれ](黒石の蝦夷の長の跡継ぎ。阿弖流為の盟友)…綾 凰華
飛良手[ひらて](胆沢の長に仕える蝦夷)…天華 えま
滝名[たきな](蝦夷の女)…澪乃 桜季
延鎮[えんちん](子嶋寺の僧)…湊 璃飛
多久麻[たくま](鮮麻呂の部下)…天路 そら
大伴真綱[おおとものまつな](蝦夷征伐に加担する朝廷の高官)…蒼舞 咲歩
菟穂名[うほな](佳奈の義弟)…天彩 峰里
鹿成[しかなり](舎人部)…希沙 薫
猪足[ししたり](舎人部)…碧海 さりお
物部天鈴[もののべのてんれい](北国に移住した物部一族の嫡男)…颯香 凜
播摩[はりま](惡玉配下の女)…麻倉 しずく
阿奴志己[あぬしこ](志和の蝦夷の長の跡継ぎ)…天飛 華音
丈部善理[はせつかべのぜんり](朝廷軍の武人)…咲城 けい
和我女[わがめ](鮮麻呂の妻)…都 優奈
星丸[ほしまる](阿弖流為の息子)…紅咲 梨乃
絞斗[しまと](諸絞の息子)…鳳真 斗愛


名前を覚えるだけでも大変…[あせあせ(飛び散る汗)]
まず読めないし…[爆弾]


で、阿弖流為さんは、子持ちなんですね[がく~(落胆した顔)]


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

1960年6月15日 [┣かんがえごと]

眠っている間に改正組織的犯罪処罰法が成立していた。野党が「共謀罪」と呼んでいるアレです。日付が変わってからの成立なので、6月15日に成立したことになる。
さて、6月15日というと、57年前の6月15日、一人の女性が国会前のデモで亡くなっている。
樺(かんば)美智子さんという名前をご存じだろうか。


今回の法案が強行採決を重ねていることや、内容が不透明であることから、政治家たちに任せておけないとばかりに、一般市民がこの日も国会の前に大挙詰めかけているようだ。
でも、とりあえず、大きな事故もなく、平和的にデモが行われているのを見るにつけ、日本の民主主義は成熟してきているんだな…と感じる。
それはないだろう…という映像も(特に沖縄あたりで)見るには見るが、少なくともこの頃のデモの映像に比べたら、だいぶマシだ。それは、民主主義が、警察や公安より上位にあるということが、コンセンサスになっているからだろうと、私は思っている。


共謀罪なんていう「なんでもあり」の法律を作ってしまったら、押さえ込まれていた警察や公安にお墨付きを与えることになる、と、どうして誰も思わないのだろう[exclamation&question]
これは、現在の自民党政権だけの問題ではない。
行政のリーダーの座が、官邸から、別の所へ移ってもおかしくない、ということなのだ。今の政権が変わったら、官邸ですら、共謀罪の対象になりかねない。一度そうなったら、成立時の首相である安倍さんがその後戻ってきたところで、取り返すことはできない。


戦前に成立した治安維持法も、国会で強制採決されている。採決したのは国会議員だ。その多数決で決まったのは事実だ。けれど、治安維持法は、当の議員を含む多くの人々を官憲の手に委ねることになった。この法律をたてに、シビリアンコントロールが効かなくなったのだ。
21世紀の治安維持法と言われている「改正組織的犯罪防止法」の行末が案じられる。


亡くなった樺さんは、こんな未来を夢見て戦っていたのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんかね、もう… [┗エンタメへの想いとか薀蓄とか]

最近、ある俳優さんのスキャンダルがずっとテレビを賑わしていて…彼の出演しているドラマのファンとしてはとても残念だったりするわけですが(作品の登場人物と俳優本人はベツモノなのはわかっているけれど…)、そんな中、またまた、別のアーティストによる事件が発覚…[爆弾]


事件の内容が内容だけに、言葉が出ない。ボーカルグループのほかのメンバーのことも頭をよぎるしなぁ…


なんかもぉ…[爆弾][爆弾][爆弾][ちっ(怒った顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

靴屋のシモンとジャンヌ [┣宝塚情報]

だいぶ遅くなりましたが、月組「グランドホテル」東京公演の感想その1をアップしました。こちらです。


さて、千秋楽の翌日、こんなニュースが[exclamation×2]


星組 音咲いつき 娘役転向について


2017/06/12


星組 音咲いつきが2017年8月7日付で娘役に転向いたしますので、お知らせいたします。


星組公演『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケタカラヅカ)』 (宝塚大劇場:2017年9月29日~ 11月6日、東京宝塚劇場:2017年11月24日~ 12月24日)より娘役として出演いたします


うわー、びっくり[exclamation×2]
でも、靴屋のジャンヌさん、本当に生き生きしててステキだったので、女役さんとしての活躍、期待できるかも。
ただ、シンガーとして、あの声はとても魅力的だったので、ソプラノで歌うだけなのは、ちょっと寂しいな、と思う。
どうだろう、矢代さんのような歌を、いーちゃんに歌ってもらうというのは。


星組 梅田芸術劇場メインホール公演 休演者のお知らせ


2017/06/12


星組 梅田芸術劇場メインホール公演『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』の休演者をお知らせいたします。   


星組 如月 蓮


※体調不良の為、全日程(2017年7月22日~8月7日)休演いたします


体調不良というのが、とても気になります。体調の悪い中、靴屋のシモンとして、千秋楽まで頑張っていたのでしょうか。
どうか、元気に大劇場公演でお会いできますように。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ストロベリー・ムーン [┣写真ネタ]

いろんなムーンがあるんですね。


金曜日の満月は「ストロベリー・ムーン」だったそうです。
6月の月は、低い位置にあるため、赤味がかった色になるんだとか。
さらに、今月の月は、スーパームーンの反対、最も小さい月なんだそうです。小さくて赤い月…


ストロベリームーン.jpg


雰囲気、伝わりますでしょうか[exclamation&question]


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ