So-net無料ブログ作成

「葛城事件」 [┣本・映画・テレビその他エンタメ紹介]

公開当時、上映館が少なくて、結局、見られなかった「葛城事件」。WOWOWが放映してくれて、ようやく見ることができた。


映画「64」でも大絶賛した三浦友和が凄いんだ、これが。


「葛城事件」というタイトルは、葛城稔(若葉竜也)が起こした事件、というふうにも取れるが、映画を見ていると、稔の父である葛城清(三浦友和)の存在が、「事件」じゃないか、という気になってくる。
清は、妻・伸子(南果歩)の父のやっていた金物屋の後をついだ。たいして大きな仕事ではないが、それでもマイホームを建てた。まだ二人の息子は小学生。その頃の幸せな一家の映像がほんの少しだけ映る。もちろん、現在の三浦と南が演じているのだが、(子供は子役)アップになっても30代の精悍なパパにしか見えない三浦友和。どうなってるの[exclamation&question]
それでいて、事件後の清のイケてなさぶりは、本当に唾棄したくなるほど。ここまでの変貌は、どこから来るのだろうか。
いや、事件の少し前、「イヤな奴」としか言いようがない清の態度も忘れ難い。これが、「64」の捜査一課長と同一人物だろうか。この作品で三浦は、主演男優賞をあちこちで受賞しているが、まさに迫真のイヤな男っぷりだった。


永遠の二枚目、三浦友和が、息子への不安を払拭しようと妻に抱きつくと、激しく拒絶されたあげく、「あなたのことがずっと嫌いだった」とか言われちゃうなんて…。それだけじゃなく、事件を起こした息子と獄中結婚した死刑廃止論者のちょっと変わった女性・星野(田中麗奈)が、死刑執行を伝えに来てくれたら、彼女を押し倒そうとするんですね、これが。もう最低を通り越してます、清さん。
最後は、一家の幸せの象徴(と、清が勝手に思っている)みかんの木の枝に電気コードをかけて自殺しようとするが、枝が折れてしまう。すると、清はまた部屋に戻り、星野が来た時に食べていた昼ご飯の続きを始めるのだ。この静かな狂気…


この映画を見ても、全然スカッとするところはない。
イヤーな気持ちが続くだけだ。
でも、見て良かった、と思った。またひとつ、俳優、三浦友和への尊敬が深まった。


次男・稔の犯行シーン(地下鉄連絡通路での無差別殺傷事件)もしっかりと描かれている。淡々と描かれているのが怖い。なにげに遠巻きにしている人達とか、逃げに入っている人達とか、えらいリアル。


稔が事件を起こす少し前に、兄の保(新井浩文)が死ぬ。
リストラされたことを妻に言えず、妻子を残して、マンションから飛び降りたらしい。その場面は描かれず、公園でタバコを吸って、立ち去り、しばらくして、また戻ってきて、捨てたタバコをきちんと拾うシーンが描かれる。その次のシーンが、お葬式なのだ。この一連の映像が、出がけに息子から「ばいばーい」と言われた時の表情と共に忘れられない。


それともうひとつ、「あなたのことを知りたい」と面会に通う星野が、戸籍上の夫である稔の前で、突然、昔の恋人との性行為を語り始める場面の異常な雰囲気も忘れられない。


すごく印象に残る映画だった。観て良かったと思う。が、見終わったらそっこー、録画を削除した。これは、そういう映画だ。
でも、きっと、再放送があったら、あるいは、どこかで上映されたら、私はきっと見る。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画