So-net無料ブログ作成
検索選択
┣宝塚人事 ブログトップ
前の10件 | -

再びの空位(追記あり) [┣宝塚人事]

宙組 トップ娘役について

2016/12/26

この度、宙組トップ娘役 実咲 凜音が、宙組東京宝塚劇場公演『王妃の館 -Château de la Reine-』『VIVAFESTA!』の千秋楽(2017年4月30日付)で退団致しますが、実咲 凜音の退団後、固定的なトップ娘役は当面の間設けず、公演ごとに柔軟な配役を行って参ります。
作品ごとに配役を行うことで、様々な娘役がそれぞれの個性を発揮し、バリエーション豊かで魅力的な公演をお客様にお届けして参りますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


マジか…[爆弾][爆弾][爆弾]

ついこの間終了した全国ツアー公演、退団を発表しているトップ娘役の実咲凜音がバウホール公演出演のため参加できなかったことから、実質新トップコンビのお披露目公演では[exclamation&question]と言われていた。しかし、ポスターはこんな感じ。

バレンシア.jpg  

こんな風に、学年差のある二人の娘役がピックアップされる場合…というか、学年差のある生徒を同列に扱おうとする意志が表示された場合、120%本命は下級生の方だ。W主演バウなんかでも、わかると思う。

なので、今回は、星風まどかが就任するのかな、と思っていた。私自身は、「バレンシア…」の好演もあって、伶美うららに就任してほしかったが、歌劇団とはこれまでも趣味が合わなかったし。

そもそも、どうして、伶美うららは、トップ娘役になれないのか[exclamation&question]歌の下手なトップ娘役なんて、これまでも何人かいたのに…。
まあ、おそらくは、好演した「王家に捧ぐ歌」のアムネリスで、歌だけはどうしようもなかったこと…が、尾を引いているんだろうなぁ~[爆弾]と思っている。あの作品は大作なので、経営陣のエライ人達の周辺のハイソサエティな方々も招待されて観劇とかしているはず。そして、伶美うららの歌唱は、素人にもよくわかるくらい、いけてなかった。高音になると声が消えてしまうのだから。
通常、素人の感想は経営トップまで聞こえないものだが、同じハイソサエティの世界だと、素人の意見でも阪急阪神ホールディングスのトップに直に伝わってしまう。その数が多いと、さすがに気になったりするものだ。
経営陣、アムネリスの評判が悪かったことを忘れていないんだろうな、と思う。その後の、伶美の成長も見えないくらいに。

で、浮上したのが、まだ若いながら、実力に難のない星風。
「バレンシアの熱い花」は実質、二人のお見合いのようなステージだったのかもしれない。

では、どうして、星風もトップになれなかったのか[exclamation&question]
もちろん、若い星風だけに、今回だけがチャンスではないが。
3つほど、可能性を考えてみた。

その1 スポンサーの抵抗
伶美うららをイメージキャラクターに起用している泉州池田銀行さんから難色を示された可能性はある。
この銀行のイメージキャラクターに選ばれると、かなりの確率でトップ娘役になれる。最初からトップ娘役を起用したケース(野々すみ花)もあったが、基本は若手娘役を起用し、その生徒が在任中にトップに就任して、劇団と銀行のWin-Win[手(チョキ)]を築いている。
一番最近でトップになれなかったのが、安寿ミラの相手役になれなかった華陽子だろう。
身長と歌唱力などを総合的に勘案し、森奈みはるが相手役に選ばれたのだが、トップ就任後初の全国ツアーの相手役は華が演じるなど、劇団の配慮が見え隠れした。また、華のある上級生である華の出番を少なくすることで、森奈トップを強調するような演出をした公演もあり、1年ほどで華は退団した。
伶美が下級生トップの下で娘役を続けると、このケースになりかねない…ということで、銀行が難色を示す可能性は少なくない。
イメージキャラクターは退団するまで続行するものだし、そのキャラクターの舞台での出演場面が削られたら、たまったものではない。

その2 宙組トップ戦略との関係
実咲退団公演は、朝夏まなとにとって4作目の大劇場公演となる。
平成になってからの、トップの平均在団期間を資料化しているが、現在、大劇場公演5.5作となっている。
今後、朝夏がどれくらいやるかわからないが、既に後期に入っている可能性は高い。もっと複雑な、繊細な、そして朝夏らしい作品を上演して代表作作りをしていく期間になる。若くてフレッシュな相手役のお守りをしている時期ではない、という考え方もあっておかしくない。
まあ、そんなことは最初からわかっている。それでも全国ツアーをやったのだ。ということは、宙組のトップ戦略という目で見た時に、「合わなかった」という結論が出たのかもしれない。

その3 誰かを(何かを)待っている[exclamation&question]
トップ娘役不在―は、様々な劇団事情で、昨今時々起きている。
そのいくつかで「エリザベート」上演が絡んでいるが、宙組は既に上演してしまっている。
あとのケースでは、「落下傘してくる娘役を待っていた」ケース、「有力な候補娘役の脱落を待っていた」ケースがある。
今回で言うと、伶美が朝夏より先に退団したら決めるのかもしれないし(←やはりスポンサーが怖かった)、他組で既に稽古中の公演を抱えている娘役(←星風を諦めて違う娘役を選んだ)の組替えを待っているのかもしれない。

いかがでしょうか。

朝夏ハーレムのためにはよかった[黒ハート]という肯定的な意見もあるが、公式に存在するトップ娘役を空位にするのは、あくまでも暫定的な措置にしてもらいたいものだ。瀬奈じゅんが1年半もやもめのまま卒業した時の荒廃感は、なかなか忘れられるものではない。

最後にWトップ娘役にしたら…という意見についてだが、そうすると、真風がパレードの先頭になれなくなっちゃうので、2番手が確立している組ではWトップ制度は難しいと思う。
(かつて星組で実践されたWトップ娘役は、男役もW2番手だったからできたことだと思う。)

“今日は何の日”
【12月26日】
日本初の本格的なプロ野球球団、「大日本東京野球倶楽部」設立(1934=昭和9年)。

このチームが読売巨人軍の前身となる。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

雪組トップコンビ退団発表と、ゆうみちゃんのあゆみ [┣宝塚人事]

雪組トップスター・早霧 せいな 退団会見のお知らせ

2016/11/21

雪組トップスター・早霧 せいなが、2017年7月23日の東京宝塚劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年11月22日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。

  
雪組トップ娘役・咲妃 みゆ 退団会見のお知らせ

2016/11/21

雪組トップ娘役・咲妃 みゆが、2017年7月23日の東京宝塚劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年11月22日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。


トップコンビの同時退団が、同日発表されたのは、いつ以来だろう[exclamation&question]

どうせなら一緒に記者会見すればいいのに…[ちっ(怒った顔)]

いや、あったんですよ、過去には。剣幸さん・こだま愛さん、とか、天海祐希さん・麻乃佳世さん、とか。

<Miyu Sakihi' History>

2010年 4月、月組大劇場公演『THE SCARLET PIMPERNEL』で初舞台。5月、月組に配属。6月、そのまま同東京公演に出演。9月、大劇場公演『ジプシー男爵/Rhapsodic Moon』出演。10月、同東京公演。12月、シアター・ドラマシティ公演『Studio54』出演。ベッキー・ヤング役。
2011年 1月、『Studio54』東京特別公演出演。3月、大劇場公演『バラの国の王子/ONE』出演。4月、同東京公演。7月、大劇場公演『アルジェの男/Dance Romanesque』出演。ショーの一場面で、龍真咲の相手役を務め、一躍注目を浴びる。新人公演でフランソワーズ役(本役・愛希れいか)。9月、同東京公演。11月、バウホール公演『アリスの恋人』出演。ドードー役。眼鏡っ子が超可愛かった[かわいい]12月、同東京特別公演。
2012年 2月、大劇場公演『エドワード8世/Misty Station』出演。ルイーズ・ブルックス役。新人公演でメアリー王女役(本役・愛風ゆめ)。3月、同東京公演。6月、大劇場公演『ロミオとジュリエット』出演。新人公演でジュリエット役(本役・愛希)。※新人公演初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]8月、同東京公演。10月、バウホール公演・同東京特別公演『春の雪』出演。綾倉聡子役。※初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]
2013年 1月、大劇場公演『ベルサイユのばら』出演。幼少時代のオスカル役。新人公演でジョアンナ役(本役・玲実くれあ)。2月、同東京公演。5月、バウホール公演『月雲の皇子』出演。衣通姫で再び初ヒロイン役[ぴかぴか(新しい)]7月、大劇場公演『ルパン/Fantastic Energy!』出演。マリ・テレーズ役。新人公演で、ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]カーラ・ド・レルヌ役(本役・愛希)。8月、同東京公演。11月、シアター・ドラマシティ公演『THE MERRY WIDOW』出演。ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]ハンナ・グラヴァリ役。12月、同東京特別公演の後、『月雲の皇子』東京特別公演出演。
2014年 1月、バウホール『NEW WAVE!-月-』出演。5人目のメイン出演者のような扱いにびっくり[ひらめき]公演終了後、雪組に組替え。3月、トップ娘役就任発表。全国ツアー公演『ベルサイユのばら』出演。ロザリー役。6月、大劇場公演『前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』出演。捨丸役。新人公演で、歌比丘尼役(本役・早花まこ)。8月、同東京公演。10月、日生劇場公演『伯爵令嬢』でトップ娘役に就任。コリンヌ役。
2015年 1月、大劇場お披露目公演『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』出演。マリー・アントワネット役。2月、同東京公演。5月、博多座公演『星影の人/ファンシー・ガイ!』出演。玉勇役。7月、大劇場公演、『星逢一夜/La Esmeralda』出演。泉役。9月、同東京公演。11月、全国ツアー公演『哀しみのコルドバ/La Esmeralda』出演。エヴァ役。
2016年 2月、大劇場公演『るろうに剣心』出演。神谷薫役。4月、同東京公演。6月、中日劇場・赤坂ACTシアター公演『ローマの休日』出演。アン王女役。7月、梅田芸術劇場メインホール凱旋公演出演。10月、大劇場公演『私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!』出演。イヴォンヌ役。11月、退団発表。

今後の予定は、以下の通り。

(1)2016年11月25日(金)~12月25日(日)
  <東京宝塚劇場>『私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!』
(2)2017年2月4日(土)~2月28日(火)
  <中日劇場>『星逢一夜/Greatest HITS!』
(3)2017年4月21日(金)~5月29日(月)
  <宝塚大劇場>『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』
(4)2017年6月16日(金)~7月23日(日)
  <東京宝塚劇場> 演目は(3)と同じ

“今日は何の日”
【11月21日】
東京の木挽町に歌舞伎座が開場(1889=明治22年)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

月組退団者 [┣宝塚人事]

月組 退団者のお知らせ

2016/11/14

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。  

月組

貴千 碧
咲希 あかね
煌海 ルイセ
美里 夢乃

2017年3月26日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団 


ダイナミックなダンスが身上のまんちゃん、勝手に管理職まで居てくれると思っていた美人女役のちゅーちゃん、そして唯一残ってくれると思っていた允恭天皇の皇子ってか、美人三姉妹の最後の一人でもあるルイセくん、一般的には知ってる人は少ないかもしれないけど、おっとりしてるのに、とってもハートのあるお芝居を見せてくれるみっこちゃん…[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

最後まで、素敵な舞台を作ってくださいね。

“今日は何の日”
【11月14日】
後三年の役にて、藤原清衡と源義家、兵糧攻めにより、清原家衡・武衡軍の金沢柵を攻略(1087=寛治元年)。
(←旧暦。新暦では、12月11日となる。)
藤原清衡…奥州藤原氏の初代ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

花組トップ娘役と組替え [┣宝塚人事]

花組 トップ娘役について

2016/09/30

この度、花組 次期トップ娘役に仙名 彩世が決定しましたので、お知らせいたします。

なお、新トップ娘役としてのお披露目公演は、2017年3月18日に初日を迎える花組全国ツアー公演(『仮面のロマネスク』『EXCITER!!2017』)となります。


正直、この発表には、とても驚いた。
実は、1日前くらいからネット上に情報が漏れ始めていたのだが、あちこち忙しくてチェックしていなかった。
この時期に決まった相手役ということは、みりおくんの希望通りなのでしょう。
新人公演では、一度もヒロインに遇されたことはなかったが、DC公演のWヒロインや、「リンカーン」の妻役など、近年、活躍が目覚ましかった。

ゆきちゃん、おめでとう[exclamation]よいトップコンビになってください[exclamation×2]


組替えについて

2016/09/30

このたび、下記の通り組替えが決定いたしましたので、お知らせいたします。

月組

朝美 絢・・・2017年5月31日付で雪組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。  

雪組

月城 かなと・・・2017年2月20日付で月組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。

有沙 瞳・・・2016年12月26日付で星組へ組替え
※2017年3月10日からの星組宝塚大劇場公演『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』から星組生として出演いたします。

星組

真彩 希帆・・・2017年1月24日付で雪組へ組替え
※2017年4月21日からの雪組宝塚大劇場公演『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic “S”!』から雪組生として出演いたします。


男役は95期の朝美⇔月城のトレード、娘役は98期の有沙⇔真彩のトレードということですね。
きーちゃんは、だいもんのお嫁さん候補としての組替えなのかな…と、ついつい思ってしまいます。

なんとなく…最近、歌を重視する傾向が見える、歌劇団。
この各組の歌うまさんたちが、組替えを機に、さらに成長してくれることを期待しています。

“今日は何の日”
【9月30日】
京都市電全廃(1978=昭和53年)。

そっか…そうなのか…私、乗ったことあるんですよね。夏休みに家族で旅行した時に、金閣寺に行ったような記憶があります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

実咲凜音退団! [┣宝塚人事]

宙組トップ娘役・実咲 凜音 退団会見のお知らせ

2016/08/23

宙組トップ娘役・実咲 凜音が、2017年4月30日の東京宝塚劇場公演『王妃の館』『VIVAFESTA!』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年8月24日(水)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。


まだ、代表作となるであろう「エリザベート」も観ていないので、全然実感がわかないが、とうとうみりおんが退団発表…[exclamation×2]

大劇場公演9作での退団は、最近だと蘭乃はなと同じ任期で、わりと長めではあるものの、こと宙組には20.5作の初代トップ娘役がいるので、あまり気にならない。
最後まで、みりおんらしくパワフルなステージを楽しみにしています[exclamation×2]

みりおん’s Million Stages  

2009年 4月、宙組大劇場公演『Amour それは・・・』で初舞台[ぴかぴか(新しい)]5月、花組に配属。9月、大劇場公演『外伝ベルサイユのばら-アンドレ編-/Exciter!!』に出演。たしか、ショーで一場面、朝夏まなとと組んでいたような[exclamation&question]10月、同東京公演に出演。
2010年 1月、バウホール公演『BUND/NEON 上海』申麗秋(シン・レイシュウ)役でバウホール初出演[ぴかぴか(新しい)]3月、大劇場公演『虞美人』出演。新人公演で桃娘(とうじょう)役(本役・望海風斗)。4月、同東京公演。7月、大劇場公演『麗しのサブリナ/Exciter!!』出演。ジュリー役。新人公演はサブリナ役(本役・蘭乃はな)で、新人公演初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]9月、同東京公演。11月、バウホール公園『CODE HERO/コード・ヒーロー』出演。ヴァネッサ役で、バウホール公演初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]ちなみに、この時の主演は、朝夏まなと[exclamation]トップスターとトップ娘役が、バウホール公演でも組んでいたというのは、意外に少ないんですよね。12月、同東上公演(日本青年館大ホール)。
2011年 2月、大劇場公演『愛のプレリュード/Le Paradis!!』出演。新人公演でパメラ役(本役・天咲千華)。3月、同東京公演。6月、大劇場公演『ファントム』出演。幼いエリック役。ちなみにこの役、実咲の前任トップ娘役、野々すみ花も演じた役だったりする。新人公演では、クリスティーヌ役(本役・蘭乃はな)で再びヒロインを演じる。8月、同東京公演。10月、シアター・ドラマシティ公演、『カナリア』出演。アジャーニ役で、ドラマシティ初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]11月、同東上公演(日本青年館大ホール)。
2012年 1月、大劇場公演『復活/カノン』出演。ミッシイ役。新人公演ではカチューシャ役(本役・蘭乃はな)で3度めの新公ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]2月、同東京公演。4月16日、大空祐飛・野々すみ花コンビ退団に伴う、次期宙組トップコンビに、凰稀かなめ・実咲凜音就任が発表される[ひらめき]5月、バウホールおよび日本青年館公演、『近松・恋の道行』出演。柏屋さが役。公演終了をもって宙組に組替え[exclamation]8月、大劇場公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』でトップ娘役に就任。ヒルデガルト・フォン・マリーンドルフ役。10月、同東京公演。
2013年 1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』博多座公演出演。ヒルデガルト役。3月、大劇場公演『モンテ・クリスト伯/Amour de '99』出演。メルセデス役。5月、同東京公演。7月、全国ツアー公演『うたかたの恋/Amour de '99』参加。マリー・ヴェッツェラ役。9月、大劇場公演『風と共に去りぬ』出演。メラニー・ハミルトン役。11月、同東京公演。
2014年 2月、中日劇場公演『ロバート・キャパ/シトラスの風II』出演。ゲルダ・ポホライル役。5月、大劇場公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』出演。ロザリー役。6月4日、トップスター・凰稀が退団発表[exclamation×2]6月、同東京公演。8月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』参加。アントワネット役。変則的に主演のフェルゼン役は、2番手スターの朝夏まなとが務めた。11月、大劇場公演『白夜の誓い/PHOENIX 宝塚!!』出演。ソフィア・マグダレーナ・アン・ダンマルク役。
2015年 1月、『白夜の誓い/PHOENIX  宝塚!!』東京公演出演。この公演で、相手役であったトップスター、凰稀かなめが退団した。3月、梅田芸術劇場メインホール公演『TOP HAT』出演。デイル・トレモント役。この公演から、新トップスターの朝夏まなとと新コンビ結成。4月、同東上公演(赤坂ACTシアター)。6月、朝夏まなと大劇場お披露目公演、『王家に捧ぐ歌』出演。アイーダ役。7月、同東京公演。10月、全国ツアー公演『メランコリック・ジゴロ/シトラスの風III』参加。フェリシア役。
2016年 1月、宝塚大劇場公演『Shakespeare/HOT EYES!!』出演。アン・ハサウェイ役。2月、同東京公演。5月、博多座公演『王家に捧ぐ歌』出演。アイーダ役。7月、大劇場公演『エリザベート』出演。エリザベート役。8月23日、退団発表[バッド(下向き矢印)]

今後の予定は、以下の通り。

(1)2016年9月9日(金)~10月16日(日)<東京宝塚劇場>『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』
(2)2016年11月22日(火)~12月3日(土)<宝塚バウホール>『双頭の鷲』
(3)2016年12月9日(金)~12月15日(木)<KAAT神奈川芸術劇場> 演目は(2)と同じ
(4)2016年12月22日(木)~12月23日(金・祝)<梅田芸術劇場メインホール> 『タカラヅカスペシャル2016 ~Music Succession to Next~』
(5)2017年2月3日(金)~3月6日(月)<宝塚大劇場>『王妃の館/VIVA! FESTA!』
(6)2017年3月21日(火)~3月22日(水)<宝塚ホテル> 実咲凜音ミュージック・サロン(タイトル/未定、演出/藤井大介)
(7)2017年3月31日(金)~4月30日(日)<東京宝塚劇場> 演目は(5)と同じ   

“今日は何の日”
【8月24日】
石川五右衛門、京都三条河原で処刑(1594=文禄3年)。
(←旧暦。新暦では、10月8日となる)。
五右衛門といえば、バウホール公演「花吹雪 恋吹雪」。私が初めてバウホールに入った思い出の作品です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

雪組退団者… [┣宝塚人事]

雪組 退団者のお知らせ

2016/08/22

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

雪組

朝風 れい
和城 るな
水沙 瑠流
真條 まから
瀬南海 はや

2016年12月25日(雪組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団

碧月 れん

2016年8月22日付で退団


朝風せんぱい…[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

どんなに年下でも、せんぱいはせんぱいなのです。
雪組の誇る美貌の男役がまたひとり…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]  

和城るなくんは95期。なんかねー、ほわんとした可愛いオフの姿が印象に残っている。

水沙瑠流ちゃんは97期。転向したんだっけ、たしか。

真條まからくん…ありえない…ありえない…[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]
まだ98期なのに。2年前、しじみ売りで私たちを唖然とさせたのに。それからずっと期待してたのに。
ホタテなき今、まなはる、あすくんに続くのは、キミだと思っていたのに…。

瀬南海くんも98期…祐飛さんの卒業公演で入団したメンバーも、もう研5.大階段を降りて挨拶できる学年になっちゃんたんだね…

そして、集合日付は、悲しいぞ。

“今日は何の日”
【8月22日】
東京の新橋~品川間で路面電車が開業(1903=明治36年)。

汽笛一声新橋を~[るんるん]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

花乃みち(道)(花乃まりあ、退団発表!) [┣宝塚人事]

あらためまして。 
(タイトルは、宝塚駅から大劇場へ向かう道、“花の道”の碑から採用しました。)


花組トップ娘役・花乃 まりあ 退団会見のお知らせ

2016/08/01

花組トップ娘役・花乃 まりあが、2017年2月5日の東京宝塚劇場公演『雪華抄(せっかしょう)』『金色(こんじき)の砂漠』の千秋楽をもって退団することとなり、2016年8月2日(火)に記者会見を行います。

なお、会見の模様は当ホームページでもお知らせ致します。


突然のことで、驚いた。えー、そうなんだぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]

急な単独退団…なにか外部で仕事が決まってたりするのかしら[exclamation&question]
ついつい、そんな想像もしてしまうが、新人公演でのスカーレット役、エリザベート役、台湾公演でのマリー・アントワネット役、そして、ミーマイのサリー役…娘役としては、短くも充実した時間だったのかな。

最後まで、楽しい宝塚生活でありますように。

<Maria Kano' History>

2010年 4月、月組大劇場公演『THE SCARLET PIMPERNEL』で初舞台。5月、宙組に配属。11月、大劇場公演『誰がために鐘は鳴る』に出演。
2011年 1月、『誰がために鐘は鳴る』東京公演出演。5月、大劇場公演『美しき生涯/ルナロッサ』出演。7月、同東京公演。10月、大劇場公演『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』出演。新人公演でシルヴィア・ロッシ役(本役・すみれ乃麗)。11月、同東京公演。
2012年 1月、バウホール公演『ロバート・キャパ』出演。“くずおれる兵士”の妻、エンマ役。2月、同東上公演(日本青年館大ホール)。4月、大劇場公演『華やかなりし日々/クライマックス』出演。新人公演でポーラ・オースティン役(本役・すみれ乃)。6月、同東京公演。8月、大劇場公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』出演。新人公演でヒルデガルト・フォン・マリーンドルフ役(本役・実咲凜音)。※新人公演初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]10月、同東京公演。
2013年 1月、博多座公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』出演。ユリアン役。3月、大劇場公演『モンテ・クリスト伯/Amour de 99!!』出演。新人公演でメルセデス役(本役・実咲)で二度目の新公ヒロイン。5月、同東京公演。7月、バウホール公演『the WILD Meets the WILD』出演。エマ・トゥワイニング役。※初ヒロイン[ぴかぴか(新しい)]9月、大劇場公演『風と共に去りぬ』出演。令嬢役。新人公演で、スカーレット・オハラ役(本役・朝夏まなと/七海ひろき)。11月、同東京公演。
2014年 2月、中日劇場公演『ロバート・キャパ/シトラスの風II』出演。エンマ役。3月、花組に組替え。6月、中日劇場公演『ベルサイユのばら』出演。ロザリー/小公女役。8月、大劇場公演『エリザベート』出演。女官役。新人公演で、エリザベート役(本役・蘭乃はな)。10月、同東京公演。
2015年 1月、東京国際フォーラム公演『Ernest in Love』でトップ娘役に就任。グウェンドレン役。3月、大劇場お披露目公演『カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲』出演。アリシア・グランディー役。5月、同東京公演。7月、梅田芸術劇場公演『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲』出演。マリー・アントワネット役。8月、同作品で台湾公演参加。10月、大劇場公演、『新源氏物語/Melodia』出演。藤壺女御役。11月、同東京公演。
2016年 2月、梅田芸術劇場公演・中日劇場公演『Ernest in Love』出演。グウェンドレン役。4月、大劇場公演『ME AND MY GIRL』出演。サリー・スミス役。6月、同東京公演。7月、退団発表。

今後の予定は、以下の通り。

(1)2016年9月2日(金)~9月22日(木)
  <全国ツアー公演>『仮面のロマネスク/Melodia -熱く美しき旋律-』
(2)2016年11月11日(金)~12月13日(火)
  <宝塚大劇場> 宝塚舞踊詩『雪華抄(せっかしょう)/金色(こんじき)の砂漠』
(3)2016年12月22日(木)~23日(金・祝)
  <梅田芸術劇場メインホール>『タカラヅカスペシャル2016 ~Music Succession to Next~』
(4)2017年1月2日(月・祝)~2月5日(日)
  <東京宝塚劇場> 演目は(2)と同じ

“今日は何の日”
【8月1日】
日本、清国が相互に宣戦布告、日清戦争が始まる(1894=明治27年)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:演劇

さやかさん…(星組大劇場公演退団者発表) [┣宝塚人事]

ありえない…[もうやだ~(悲しい顔)]

発表があった14時から、一時間、ぼーっとしてしまいました。
さやかさんには、さやかさんの人生がある、ということは十分わかりつつ、宝塚の損失は計り知れなくて…[爆弾][爆弾][爆弾]

そして、84期生が、今年で全員卒業することになるわけですね。
それも感慨深いものがあります…[もうやだ~(悲しい顔)]


専科 退団者のお知らせ

2016/07/15

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

専科

美城 れん

2016年11月20日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団



星組 退団者のお知らせ

2016/07/15

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。  

星組

北翔 海莉 -すでに発表済-
妃海 風 -すでに発表済-
美都 くらら

2016年11月20日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


美都くららちゃんは、可愛い[揺れるハート]と評判の娘役さんなので、残念だわ…[もうやだ~(悲しい顔)]
大量退団じゃなかったのは、よかった[ダッシュ(走り出すさま)]

4人の退団者にとって、幸せな公演となりますように[ぴかぴか(新しい)]

“今日は何の日”
【7月15日】
会津磐梯山が噴火、461人の死者が出る(1888=明治21年)。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

鈴奈さん退団! [┣宝塚人事]

専科 退団者のお知らせ

2016/06/25

下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。  

専科

鈴奈 沙也

2016年7月27日(第31回 イゾラベッラ サロンコンサート)付で退団


専科生は、各組の公演に参加することができるが、一年間出演実績のなかった専科生は退団勧告を受けることがある…という話を聞いたことがある。
なので、そうならないように、各先生方が専科生を平等に起用しているのだ、と。
しかし、最近は、専科生の起用にかなりの偏りを感じる。

専科に行けば、ひっぱりだこという生徒もいれば、完全にお茶を引いている生徒もいる。

とはいえ、専科生として一度も公演に出ないままの退団は初めて。

鈴奈さんに何があったのか…なんか割り切れないものを感じる。今後も、このようなことが起きるのだろうか…

“今日は何の日”
【6月25日】
明治政府が、『士・農・工・商』の身分制度を改め、『華族・士族・卒族・平民』とした(1869=明治2年)。
(←旧暦。新暦では8月2日となる。)
卒族ってなんだろう[exclamation&question]と思ったら、(旧)武士である「士族」に当てはまらない、足軽とか同心などと呼ばれていた身分の人々が入ったカテゴリーらしい。なんかすごく微妙…と思ったら、明治政府も同じように思ったらしく、翌明治3年には卒族は廃止されてしまった。その際、旧卒族の皆さんは、世襲の者は士族へ、一代限りの者は平民へ編入されることになった模様。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

星組次期トップコンビ決定! [┣宝塚人事]

星組 次期トップスター、トップ娘役について

2016/06/20

この度、星組 次期トップスターに紅 ゆずる、次期トップ娘役に綺咲 愛里が決定しましたのでお知らせいたします。

なお、紅 ゆずる、綺咲 愛里の新トップコンビとしてのお披露目公演は、2017年1月6日に初日を迎える星組東京国際フォーラム公演『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』となります。


あらためまして、べにーさん、あーちゃん、おめでとうございます[黒ハート]

べにーさんのトップはガチだったけど、相手役も順当でしたね。
ショーで吸血鬼と襲われる少女を演じた二人のシーンが印象に残ってます。
ってなわけで、意外と骨太な作品で本領を発揮するのではないか、と期待しております。新生星組にも期待大てすっ[るんるん]

“今日は何の日”
【6月20日】
ジュネーブ海軍軍縮会議が開かれる(1909=明治42年)。

第一次世界大戦後の海軍軍縮について、ワシントン軍縮会議により戦艦と空母については各国の建造規制と保有艦数が確定していたが、補助艦(巡洋艦や潜水艦など)については未確定だった。 これを決めようと開かれたのがジュネーブ海軍軍縮会議。しかし、アメリカの比率主義とイギリスの個艦規制主義が対立、8月4日に決裂した。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - ┣宝塚人事 ブログトップ