So-net無料ブログ作成
検索選択
┣ミュージカル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

劇団メリーゴーランド「地下室の媚薬」ほか観劇 [┣ミュージカル]

ミュージカルコメディ「地下室の媚薬」
コンサート・ショー「メリーメリー・ゴーランド!!」

脚本・演出:平野華子(第一部)、俵ゆり(第二部)
作曲:内海治夫(第一部)、美広まりな(第二部)
振付:俵ゆり、平野華子、稲田聖子(第二部 日舞)
音響:長柄篤弘(ステージオフィス)
照明:花木秀行(The GLEE)
宣伝写真:Kikineko_Musik
制作:劇団メリーゴーランド

劇団メリーゴーランドの二人芝居「地下室の媚薬」を観劇した。今回は、本公演ではなくて、いつも公演で主演されている、いわばトップコンビの二人芝居。
この劇団のすごいところは、一にも二にも、平野華子さんの脚本!毎回、え、そーきたか!と驚くが、その脚本が、立体化すると、さらにいい芝居になる。まずテンポがいい。そして、キャラが立ってる。
突拍子もない女子のペースに巻き込まれる男子の悲哀…スタア華波蒼さんの魅力はここにあると私は信じるものだが、今回は女子1名なので、いつもよりさらに突拍子ない。しかも、ヒトヅマ!
てか、ヒトヅマ羽良悠里さんの破壊力、ハンパない。しかも、そっち方向に破壊力バツグンなのかっ!という感じ。きっと楚々とした美女だって似合うだろうに、そこがメリゴ的展開なのだろう。
バリキャリの女社長。経営する鉄道会社で起きた事故の後始末に追われ、ようやく帰宅してみると、豪邸の中はもぬけの殻だったが、夫婦の寝室のベッドの下から、媚薬の空箱が見つかる。夫はどこへ?唯一の手掛かりを求めて、妻は、媚薬を調合した薬剤師のもとを訪れる。夫を虜にした媚薬、私のために調合しなさい、と脅迫するために。
突っ込みどころ満載なこの設定、しかし、登場する女社長のキャラ設定が的確なので、まったく違和感がない。
ああそうか!宝塚のとんでも設定に怒りが止まらないのは、このキャラはこんなことしないだろ…ということに尽きるのか。キャラ大事、ほんと大事。
そんなこんなで、地下室内でピストルをぶっ放す危険なヒトヅマと、お若いのにバツイチとか苦労しちゃってる薬剤師が、まったく会話成立していないところから、少しずつ事件の核心に迫っていく密室推理劇、です。ディー(華波)ったら、なにげに安楽椅子探偵(まったく安楽椅子じゃないけど。手錠されてるけど。命の危険あるけど[爆弾]
推理だから、長台詞も説明台詞に感じないし、それでいて数々の謎は、すっきりと解けた感じがする。という風に伏線の回収も見事で、やや唐突なラブロマンスは、「媚薬」という小道具を利かせるためのスパイスかもしれない、と思わせるのも、これすべて脚本の手腕だろう。
媚薬のレベルを述べるナンバーが、かなり中毒性のあるもので、終演後ずっと脳内をぐるぐる回っていた。この曲も「媚薬」か[ひらめき]
“媚薬”と一言で言っても、そりゃいろんな意味があるよな…とあらためて思う。
(ちなみに、レベル1=恋人同士が愉しみのために使用、レベル2=自分に好意を持っていそうな人を一気に落とす、レベル3=自分に興味がないか初対面の相手を落とす、レベル4=むしろ嫌われていそうな相手を落とす、レベル5=相手を自分の思い通りに操る、だそうです。著作権に触れない程度にご紹介。だから、レベル5の薬は紹介状のない相手には調合しないとか。そりゃそうだ。)
“媚薬”と聞いて、勝手にドキドキワクワクしてしまう効果も計算した上での、このストーリーとこのオチと、いつものメリゴのようでいて、やはり大人メリゴ。注文したワインを飲む余裕すらなく、ただもう見入っていた。アンケートに「再演希望の作品」とあったけど、まだまだ次の一手が潜んでいそうで、再演よりは新作を!と望んでしまう。
衣装も、今回は客席が近くて、本当に目の前、みたいな感じで見せてもらったが、ホントに素敵。自分の作った衣装を自分で着るから…なのか、本当に出演者に似合っていて、うっとりするくらい綺麗で、でもテーマ性に合っていて、これもメリゴを観る愉しみのひとつだったりする。

一方、ショーは、「メリーメリー・ゴーランド」と称して、過去のショーからピックアップした、ミニストーリーショーダイジェスト版という感じ。お芝居とショーをやる劇団の場合、宝塚みたいに本当のバラエティ・ショーを作ってしまうと、装置・衣装・小道具・髪飾りなどの費用がかさんだり、転換が容易ではないことから、ストーリーショーという選択をしているのだと思うが、そこを逆手に取った再演ダイジェスト・ショーというのは、なるほど!発想の転換だなーと思った。衣装・小道具・髪飾りはそもそもあるし、転換のいらないステージだったら、可能ということか。とすれば、いつか本当のバラエティ・ショーもやれるようになるのかも。(衣装をバラしてなければ)
特別ゲストの黒柳芽里子さん(羽良さん)も登場して、じゃんけん大会をやったり、客席との一体感も生まれ、わりと素のMCもあったり、既にいろんな意味でバラエティ。
この芽里子さん⇒変身して羽良さんの衣装が、キモノ風ドレスで、とても素敵[ぴかぴか(新しい)]本物の黒柳さんもこういうの好きそう。
そこからーの、本物の和装での立ち回りを含めた二人のダンス…いや舞踊は、またとっても違う雰囲気で、こちらも大人メリゴな雰囲気が満載。最近和もののショーもあちこちで演じられているが、そういうのとは一線を画した、上品で雰囲気のある場面に仕上がっていた。これは、次回本公演でもやれるんじゃないだろうか?(期待!)
メリゴさんを観るようになったのは、本公演の第3回からだが、以来ずっとメリゴの発する媚薬にやられている。次回本公演は、いつ、どんな形で実現するのだろう。楽しみにお待ちしております[黒ハート]

“今日は何の日”
【6月18日】
万国郵便連合25周年を記念し、日本初の官製色刷り絵はがきが発売される(1902=明治35年)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

帝劇「天使にラブ・ソングを」観劇 [┣ミュージカル]

ミュージカル
「天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~」

音楽:アラン・メンケン/歌詞:グレン・スレイター
脚本:チェリ・シュタインケルナー&ビル・シュタインケルナー

演出: 山田和也
翻訳・訳詞: 飯島早苗
音楽監督: 八幡茂
歌唱指導: 矢部玲司・ちあきしん
美術: 松井るみ
照明: 高見和義
音響: 山本浩一
衣裳: 前田文子
振付: 田井中智子・大澄賢也
ヘアメイク: 富岡克之(スタジオAD)
指揮: 塩田明弘
オーケストラ: 東宝ミュージック(株)・(株)ダットミュージック
稽古ピアノ: 國井雅美・岡田あかり
演出助手: 鈴木ひがし
舞台監督: 佐藤 博
プロダクション・コーディネーター: 小熊節子
プロダクション・マネージャー: 佐藤由美子
プロデューサー: 岡本 義次・関恭一

宣伝美術: 山下浩介
宣伝写真: 田内峻平

製作: 東宝

ミュージカル「天使にラブ・ソングを」初観劇しました[exclamation]
ウーピー・ゴールドバーグの映画も見ていないので、まったくの初体験なのですが…いやー、面白かった[exclamation×2]
殺人事件の現場を見てしまった人が証言台に立つまでの間を描く作品…というと、私などは、ハリソン・フォード主演の大昔の映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」みたいなサスペンスを思い出してしまうが、いや、全然違う[あせあせ(飛び散る汗)]実に楽しいミュージカルだった。
歌手を夢見るデロリス(蘭寿とむ)は、ギャングのボス・カーティス(石川禅)の情婦となってチャンスを待つが、なかなかステージに立たせてもらえない。クリスマスの今夜も、最高の歌を聴かせたのに、返事は曖昧なまま。いいかげん、愛想が尽きたデロリスだったが、カーティスが手下を撃ち殺す現場を目撃してしまい、情婦から一転、命を狙われる立場になってしまう。デロリスが逃げ込んだ警察署にいたのは、ハイスクール時代のクラスメイト、エディ(石井一孝)。
エディは、デロリスが裁判で証言するまでの間、匿ってくれる場所を探し、なんとさびれた教会の修道院(尼僧院)にデロリスを連れていく。
修道院長(鳳蘭)は、警察からの多額の寄付によってデロリスを受け入れたものの、彼女の破天荒な行動に、神経をすり減らす。しかし、やる気のない聖歌隊の指導をデロリスに任せたことから、世界は一転する。修道女と正反対の人生を歩いてきたデロリスだが、「歌」に関してだけは、共通点があったのだ。歌が好き、もっと上手くなりたい[exclamation]という…
こうして修道女たちは、歌う喜びに目覚め、修道女たちのゴスペルは、あっという間に大評判となる。潰れる寸前だった教会は寄附金で持ち直し、修道院も売り飛ばされずに済んだ。意外と利にさとくノリノリのオハラ神父役を今井清隆が怪演している。
ところが、あまり人気になって、ローマ法王の前でも歌うことになったため、それがニュースになり、カーティスに居場所を知られることとなった。エディはデロリスを迎えに行き、彼のアパートで匿う。しかし、既に修道女たちとのゴスペルなしに、自分は生きられないと知ったデロリスは、危険を承知で修道院に戻るのだった-

デロリスとカーティスの二役がWキャスト。私は、上記の配役で観劇したが、別キャストは森公美子と大澄賢也が務めている。こちらも観たかったな…[揺れるハート]

デロリス役の蘭寿とむは、帝劇初出演にして初主演とは思えない、パーンッとしたがあり、登場するだけで、彼女を愛さずにはいられない、そんなキュートな魅力がある。宝塚の現役時代から磨き抜かれていたパワフルな身のこなしと、パンチのあるハイトーンボイスは健在。その上に、どこから積み上げたんだ[exclamation&question][ぴかぴか(新しい)]と言いたくなるようなバストの構築と、長く引き締まった足をミニドレスに包んで、やばいくらいのいい女[キスマーク]
なんでカーティスみたいな男に引っ掛かってしまったのか…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][ふらふら]
まあ、そういう意味では、人間としてダメな部分が多すぎるデロリスは、優等生蘭寿とはキャラが違いすぎて、彼女の過去を想像するのは難しい。たぶん、いろんな意味でダメすぎて、歌以外なんの取り柄もない人間なのだろうけど、そう見えない。
キレッキレのリズム感と身体能力で客席を酔わせる生まれながらのスターにしか見えないのだ。
ま、いっか。素敵だもん[exclamation]
ミュージカルだから、あまり細かい点に拘ることもないだろう。

また、ほんとのほんとの高音部分は、蘭寿も、修道院長のも苦しいところはある。特には、あちこち、かなり音がズレている。それをよしとしてしまう空気がこのミュージカルにはある。楽しいことが大事、というか。
だから、カーティスが無慈悲な人殺しで、デロリスを殺すために修道院でピストルをぶっ放すヤツだったとしても、そこを重く考えるのではなく、そのサスペンスを楽しむ、そういう設定を楽しむ、それが正解なのだろう。
蘭寿の、適応力の高さというか、守備範囲の広さというか、「ifi」以来の生蘭寿だったが、女優になってからの変化に驚いた。帝劇は、また一人、すごい主演女優をゲットしたな、と思った。
ところで、修道女はお化粧をしていないものだが、出演している女優さんが、みんなそういう体でメイクをしていることに驚いた。いつも帝劇でバリバリにツケマしている女優さんたちが、ほぼドーランだけで舞台に立っている。最初、さんを除いて、誰が誰やら…状態。ただ、蘭寿はウーピーじゃないので、黒塗りメイクをバッチリしている。そのメイクが浮いて見えないところに、蘭寿の真骨頂がある。ほんとに派手な顔の黒人女性にしか見えないってか。
やっぱ、芝居はハートですよ[黒ハート]
そして、男優の皆さんは、さまざまな人種やキャラクターを表すために派手なメイクをしている。男優が派手メイクで、女優がすっぴん…みたいな、そこも面白い。
石川、石井、今井(並べてみると面白いな)は、ベテランらしい安定感で舞台を支え、上口耕平、泉見洋平、宮澤エマらは溌剌と若いエネルギーを真摯に注ぎ込んでいる。特に、宮澤は、観るたび歌が上手くなっている気が…。今、かなり楽しみな存在。ちなみに「ラフルアー」は使わない方向性でいいのかな。

“今日は何の日”
【6月10日】
国立西洋美術館の開館式(1959=昭和34年)。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル「1789」観劇 [┣ミュージカル]

「1789 バスティーユの恋人たち」

Libretto:Dove Attia and Francois Chouquet
Lyrics:Dove Attia,Vincent Baguian and Francois Chouquet
Music:Rod Janois,William Rousseau,Jean-Pierre Pilot,Olivier Schultheis,Dove Attia,Louis Delort,Laurent Delort,Francois Castello,Benoit Poher,Silvio Lisbone,Manon Romit and Elio Antony

潤色・演出:小池修一郎
音楽監督:太田健
振付:桜木涼介、KAORIalive、Twiggz
歌唱指導:山川高風、やまぐちあきこ
美術・映像監修:松井るみ
照明:笠原俊幸
音響:大坪正仁
衣裳:生澤美子
ヘアメイク:富岡克之(スタジオAD)
映像:奥秀太郎
擬闘:栗原直樹

音楽制作:アップライトミュージック
コンピュータプログラミング:上田秀夫

1789.jpg

諸般の事情でなかなか観ることができなかった、帝劇「1789」ようやく観劇することができた。
今回の「1789」主要な3キャストが役替りとなっているが、私が観劇した時のキャストは、「加藤和樹/凰稀かなめ/夢咲ねね」。全員の役替りを観られなかったのは、とても残念[もうやだ~(悲しい顔)]

ストーリー等は、昨年の宝塚版と同じなので割愛。こちらを参照ください。

帝劇ならでは…というと、やはり重厚な装置に目が行く。
宝塚版と全然違う、はね橋スタイルの装置が活躍していて、あー最後にこれがバスティーユのはね橋になるんだろうなー、と思ったら、映像とシンクロさせて見事な演出だった。
主要人物が多いこと、敵も味方もどっちも描こうとしていること、などから、登場人物への感情移入がしづらい部分はあるが、それも含めて「ミュージカル」ではない、フランス産の「スペクタクル」の楽しみ方が、自分の中に浸透したように思う。これで、たとえスマホが出てきてもロミジュリが楽しめそうだ[わーい(嬉しい顔)]

あと、宝塚版では人海戦術を使っていた場面などは、色々な手段を使っていた。三部会の場面では、人形劇を使ったり、ロナンがロベスピエールらに合流するシーン<国王陛下の名のもとに>はボディパーカッションではなく、打ち込み音楽に合わせたダンスに変更されていた。あれは宝塚版でも、出演していない全員が音を出して迫力を出していたから、外して正解だと思う。

では、出演者感想。

加藤和樹(ロナン)…前回の主演公演も「タイタニック」で、その時も群集劇だな…と思った。そして、今回も…。主演らしい主演がなかなか見られなくて残念。でも、そんな中、「主役は俺だ」的なアピールをしたりせず、ロナンという男の人生を舞台に昇華させていて、とても感動した。わりと粗野なロナンが、キスシーンだけとっても優しいのがツボ。

凰稀かなめ(マリー・アントワネット)…昔、アントワネットの父、神聖ローマ帝国皇帝フランツ1世を演じていたよな~なんて思い出す。だから、顔が似てて当然…みたいな[わーい(嬉しい顔)]
ソプラノの高い音はクリアに出ていたし、順調な女優デビュー。女性としても十分に美しかった。

夢咲ねね(オランプ)…共演しているのが、加藤凰稀だったので、華奢で可愛いオランプだった。そういえば、夢咲は、マリア・テレジアを演じていた。アントワネットに向ける、時に母性のような優しさは、そんなところから来るのだろうか[exclamation&question]王太子付教育係というポジションにいるオランプが、なぜ王妃の不倫に手を貸すのか、実は前から不思議だったのだが、夢咲オランプは、王妃への親愛に満ちていて、ついそんなことを考えてしまった。

古川雄大のロベスピエールは、一応三部会の議員ではあるのだが、経験不足で頭でっかち、そして潔癖な青年である雰囲気がよく出ていた。<サイラ・モナムール>であえて恋人を出す必要、あったかな[exclamation&question]

上原理生のダントンは、熱血家。ソレーヌを熱愛していて、革命を馬力で進めようとしている。このメンバーだと、ロナンと、ロベスピエールらとの接着剤になるのはダントンだと思うのだが、特別、そういう演出はなくて残念。

渡辺大輔のデムーランは、クールヘッド・ハートウォームなイケメン弁護士。でもロナンに対する感情は、「同情」なんだよね。その辺が見事に伝わってきた。

ソニンのソレーヌは、田舎にいた頃、娼婦の頃、カフェで働くようになってから…と、印象が全部違う。<世界を我が手に>の迫力はすごかったな~[るんるん]

吉野圭吾のアルトワ伯は、エグい。いや、もう、変態(褒めてます)[黒ハート]

坂元健児のラマールは、大活躍。テントウムシをはじめ、とても印象に残るラマールさんだった。

広瀬友祐のフェルゼン伯は、とてもかっこよかった。王妃への愛と献身はホンモノだったし、ロナンとのチャンバラ(?)は、見事。こういうのが観たかったんだよ、宝塚でも。「ベルばら」で、私が一番好きなフェルゼンの台詞が、「どうか、あの方を、あの方の夫を、あの方の子供たちを…」というのなんですが、広瀬のフェルゼンは、アントワネットの夫というだけで、ルイ16世を命懸けで守りそうな、そんなフェルゼンだった。

岡幸二郎のペイロール伯爵は、ラスボス感がすごかった。やっぱり、ペイロールに必要なのはラスボス感だった[exclamation×2]それにしても、アンジョルラス3名揃い踏みってすごいよね。

デムーランの恋人、リュシル役で元宝塚の則松亜海が出ていたが、だいぶ細くなって可愛らしさも出てきた。あと、子役ちゃんたちが可愛かった[揺れるハート]

それにしても、どのナンバーも裏声を使う音飛びの激しい曲なんだ…と再確認。皆さん、お疲れ様でした[exclamation×2]

(別キャストも見たかった…[バッド(下向き矢印)]

ギロチン.jpg

先日、赤坂で飲んだ「ギロチン」というビールです。

“今日は何の日”
【5月14日】
1221(承久3)年のこの日、後鳥羽上皇が、鎌倉幕府打倒のため挙兵(承久の乱)。
(←旧暦。新暦では6月5日となる。)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

「スカーレット・ピンパーネル」主な配役決定! [┣ミュージカル]

10月に上演される、ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」の主な配役が発表された。宝塚版のキャストを思い出しつつ、新たな舞台に思いを馳せたい。

パーシー・ブレイクニー(安蘭けい霧矢大夢)…石丸幹二
マルグリット・サン・ジュスト(遠野あすか蒼乃夕妃)…安蘭けい
ショーヴラン(柚希礼音龍真咲・明日海りお)…石井一孝
*~*~*
ロベスピエール(にしき愛越乃リュウ)…平方元基・佐藤隆紀(LE VELVETS)<Wキャスト>
アルマン・サン・ジュスト(和涼華龍真咲・明日海りお)…矢崎広
デュハースト(立樹遥青樹泉)…上口耕平

ベン(紅ゆずる煌月爽矢)…相葉裕樹
ファーレイ(麻尋しゅん紫門ゆりや)…植原卓也
エルトン夢乃聖夏宇月颯)…太田基裕
オジー(彩海早矢光月るう)…駒木根隆介
ハル(壱城あずさ珠城りょう)…廣瀬智紀
マリー・グロショルツ(夢咲ねね憧花ゆりの)…則松亜海

おおー、伝説のSHICHIHON槍、今回は、1.2.5番揃い踏みですねっ[黒ハート]

これは、通いそうな予感しかないっ[exclamation×2]

“今日は何の日”
【5月10日】
江戸川と利根川を結ぶ利根運河(全長8キロ)が完成(1890=明治23年)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル「グランドホテル」観劇(GreenVer.) [┣ミュージカル]

ミュージカル
「グランドホテル」

脚本:ルーサー・デイヴィス
作詞・作曲:ロバート・ライト&ジョージ・フォレスト
追加作詞・作曲:モーリー・イェストン
演出:トム・サザーランド
振付:リー・プラウド
音楽監督:マイケル・ブラッドリー

翻訳・訳詞:市川洋二郎
美術:大橋泰弘
照明:勝柴次朗
音響:山本浩一
衣装:前田文子
ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:河合範子
舞台監督:北條孝、中西輝彦

1993年に宝塚版を観劇して以来の「グランドホテル」。
今回の「グランドホテル」は演出家の意向により、GREENとREDという2パターンの公演が行われている。なにしろ、主な出演者は、ホテルスタッフのエリック(藤岡正明)以外全員Wキャスト。これは両方観なければ…[exclamation×2]
まずは、宝塚OGがメインキャストを務めるGreenVer.から観劇。

演出は、「タイタニック」新演出版を成功させたトム・サザーランド。そして、装置は、宝塚のベテラン装置家、大橋泰弘。
最初に度胆を抜かれたのは、装置の素晴らしさだった[黒ハート]
以前観劇した宝塚版は、とてもシンプルだった記憶がある。回転扉だけがポーンと存在する、みたいな…。(でも、宝塚版の装置も、大橋泰弘。すごいな、自分の業績に固執しない柔軟な脳みそ[ぴかぴか(新しい)]
今回は、実は、センターに回転扉はない[exclamation×2]「グランドホテルなのに回転扉がない」代わりに、装置が回転する[どんっ(衝撃)]とにかく、やたらゴージャスなのだ。その上、フロントのテーブルを出演者が動かしまくる[exclamation]やたら、装置が動き回るのが面白い[ひらめき]
惜しむらくは…
これらの楽しい演出が、メインのストーリーの邪魔になっていたことだった…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
(気になるんだよね…)

物語は1928年のベルリンを舞台に、そこで一番豪華なホテル、「グランドホテル」でのわずか2日間の出来事を、ここに宿泊している様々な人物を通して描く…という、いわゆる「グランドホテル形式」のミュージカル。(この手のドラマの嚆矢が、映画「グランドホテル」だったため。そしてもちろん、この映画が、このミュージカルの原作である。)

このホテルに長逗留している老医師、オッテンシュラッグ(光枝明彦)が、訪れる人々を皮肉な目で眺めている。でも、この医者も自分にヘロインを注射してるようで、ちょっとヤバい感じの医者。(第一次世界大戦のガス攻撃の苦しみを逃れるためらしい)
宿泊客はそれぞれ、問題を抱えているが、それでもグランドホテルにとっては、「客層」の枠内に入っている。
そんな中に、突然、異邦人が訪れる。
庶民の、しかもユダヤ人の、オットー・クリンゲライン(中川晃教)。彼は、心臓に重大な問題を抱え、「人生を知る」ためにこのホテルにやってきた。全財産を現金に換えて。しかし、お金があって予約をしただけでは泊まれないのがグランドホテル。しょっぱなから苦境に陥ったオットーを助けてやるのが、ホテル住まいの貴族、フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵(宮原浩暢)。貴族とはいえ、金に困って宿泊費は7ヶ月滞納、ヤバい方面からお金を借りていて、ホテル内でコソ泥を働いている。が、男爵のおかげで宿泊できることになったオットーは、感謝でいっぱいになる。
8回目の引退興行中のバレリーナ、グルシンスカヤ(安寿ミラ)は、バレエへの情熱も、自分の踊りへの自信も失っている。付き人のラファエラ(樹里咲穂)や、興行主(金すんら)、マネージャー(杉尾真)が何を言ってもムダ。もう本番には出ないとゴネている。
タイピストのフリーダ・フレム(昆夏美)は、ハリウッドに憧れる軽薄な若い女性。自らを「フレムシェン」(可愛いフレム)という名で売り出そうなどと妄想している。でも、どうやら妊娠したらしい。
実業家のヘルマン・プライジング(戸井勝海)は、会社の業績が伸びず、株主からの攻撃にさらされている。

こんな人々が一堂に会することで事件が起きる。

男爵は、高価な宝石を所有するグルシンスカヤの部屋にコソ泥に入るが、彼女はアンコールがかからず早めに戻ってきてしまい、鉢合わせ。咄嗟にグルシンスカヤへの愛を口にしたところ、なんだかんだで彼女の心をゲットしてしまう。
プライジングは、株主に対して誠実であろうとするが、過去の実績より目先のことにしか興味のない株主たちへの怒りから、破談になった合併が「ある」と言ってしまう。追い詰められたプライジングは、愛妻家の仮面を捨て、雇ったタイピストのフレムシェンと愛人契約を結ぼうとする。
ラファエラは、グルシンスカヤへの許されない恋慕を押し隠せなくなっている。
オットーは、男爵のすすめにより、初めて株に投資、一晩で大金を手に入れる。その財布を手に取る男爵だったが、お金がないと幸せに死ねないと言い張るオットーを前にして、それを奪うことができない。
こうして、今度は、プライジングの部屋にコソ泥に入った男爵だったが、フレムシェンがプライジングに乱暴されかかっているのを聞き、助けに入る。そして、拳銃を奪われ、殺害されてしまう…
そして、この二日間、エリックの妻は、分娩の苦しみの中にいるが、エリックは職場を放り出せない。

グランドホテルから人々がチェックアウトしていく。
グルシンスカヤは、駅で花束を抱えた男爵が待っていると信じて。ラファエラは、男爵が殺されてしまったことに口をつぐんで。
プライジングは、警察に拘束されて。
そして、オットーとフレムシェンは共にパリを目指す。オッテンシュラッグは、オットーに忠告するが、オットーはフレムシェンを信じている。そして彼女が妊娠していることに喜びを見出す。
エリックは、息子の誕生を知らされる。

人々が旅立った後も、グランドホテルは存在し続ける。中では、今日も、幾多の人生模様を繰り広げながら…
ってのが、作品の大きなテーマだと思っていたのだが…あれれれれ[exclamation&question]

突然、ヒットラーのあの特徴的な演説が流れる中、整列した宿泊客が、次々に従業員にボコられ、カバンを奪われ、積み上げられたカバンの上でエリックが赤ん坊をあやしている…というシュールな場面が展開する。
そして、ボコられながらも、宿泊客は、揃ってエリックを助け、赤ん坊とエリックが客席を抜けて旅立っていく。見守る宿泊客。ハイル・ヒットラーのポーズをとる従業員と運命のダンサー(湖月わたる)。

なんか、腑に落ちなかった。いろいろと…

たしかに、この日のグランドホテル宿泊者は、ヒットラーの気に入らない種類の人間が多い。
ユダヤ人、同性愛者、芸術家、アメリカ志向…
そういう人々は、これから10年もしないうちに、すべて駆逐される。
でも、舞台上の人々は…オットーとフレムシェンはパリへ出発するし、グルシンスカヤとラファエラもウィーンへ。彼らは、非常事態に陥ったドイツには戻ってこないだろう。プライジングは監獄に入ってるし。
つまり、この人たちそのものは、決してボコられない。つまりは、彼らは、何らかの象徴としてボコられているわけだが、役として最後のラインアップに出ているのに、最後になって「象徴と化す」のは、水を差された感じになる。

そういうことをすべてわかった上で、演出家が提示したこのエンディングを劇場が受け入れたということは、

暗い時代は、誰も気づかないうちに始まっている

という示唆を劇場側が観客に提示したかったってことかもしれない。

昨今の演劇界、ドラマの内容の枠を超えて、危機感を訴える芝居が多いな、と思う。
戦前のいびつな時代、作家や演劇関係の人間が多く投獄され、拷問を受けたということが、いまだに演劇界のトラウマなのかもしれない。そして、今の時代は、そんな時代に近づきつつある、と感じる人が多いのかも…。

私個人としては、政治的にリベラルでありたいと思うけれど、正直、舞台を観に行って、政治的な主張を滑り込ませられると、鼻白んでしまう。
もちろん、テーマが、もろにそれだったら、覚悟して観に行きますよ。小林多喜二のドラマとかね。
でも、「グランドホテル」を観に行ったんだもん、私は、最後まで1928年のベルリンを観たかったです。

出演者感想は、「REDVer.」の感想の方にアップしますね。

“今日は何の日”
【4月20日】
北条氏綱が河越城をめぐり、上杉・古河連合軍と戦い、勝利(1546=天文15年)。
(←旧暦。新暦では5月19日となる。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「Marry Me A Little」観劇 [┣ミュージカル]

2016 TipTap 10th Anniversary
Creator's Lab Tokyo
-experiment 1-
1Book 2Directors
A Azusa Fujikura B Ikko Ueda
1Producer

「Marry Me A Little

演出:上田一豪
音楽監督:小澤時史
制作助手:大沼琴未

翻訳:金子絢子
舞台美術:三井優子
照明:岩下由治
照明オペレーター:鈴木健司
音響:高橋秀雄
舞台監督:宇佐美雅人
演出部:相澤祥子
制作:伊澤絵里子
プロデューサー:柴田麻衣子
企画・製作:TipTap

えーと、ここにひとつのミュージカル台本とスコアがあります。
スティーブンソンドハイムの作品ですが、音楽は、他のミュージカルでカットされた曲や未発表曲を中心に構成され、設定も、わりと演出の自由があるようです。
この作品を、二人の演出家が、それぞれの音楽監督と組み、2組ずつの俳優陣を使って表現する―という実験的な舞台を観てきました。

私が観た回の出演は、
男:染谷洸太
女:真瀬はるか

でした。

ストーリーはあってないようなものだけど、1時間歌いっぱなしのミュージカルなので、歌詞という情報が存在する。
その歌詞と登場人物の動きを追っていくと、男と女は、それぞれに恋人がいたけれど、不幸な結末を迎え、今は一人。普通だと、その二人が出会って新しい恋が始まるのだけど、二人は妄想の中で互いを恋人だと思って一曲幸せなナンバーを歌うだけで、結局実生活では一度も出会うことなく別れていく…という風な物語になっているらしい。

演出家の上田氏のライナーノーツによると、同じアパートの上と下の階に居る男女、という設定。(上の階に男が住んでいるらしい。)
女は越してきたばかり、男は出て行こうとしているが、ともに恋愛相手との別離を経験したばかり。その小道具として、男は、渡せずに終わった花束と指輪を持ち、女は、さきほど受け取った手紙を持っている。
二人の部屋の間取りは同じという設定らしく、同じ部屋の中、ベッドさえも共有するように動き回るが、それが面白い。片方が起き上がったベッドに、すぐにもう片方が寝たりする。
そして、女がセーターを脱ぎ、ノースリーブとスキニージーンズ姿で、ベッドサイドに絵を飾ろうとしている横で、男が失った恋の、始まりの頃の色っぽい話を思い出しながら、お尻に唇が触れそうな距離であーだこーだ歌っている辺り、きゃー[揺れるハート]っという感じ。
その一方、バスルームから戻ってきてバスローブ姿になった女の腰ひもをほどき、紫のスリップ姿の女と、いよいよ妄想の中のキスシーンへ…という場面は、エロくない。妄想というか、想像というか、男にとっての女は、女にとっての男は、今、目の前でキスをしている相手ではないのだから、熱くエロくではなく、ふわっとした空想的なムードになるのだろう。
そして、男もパンツ一枚になってベッドに入り込むのだが、その瞬間に妄想は終了、また二人は、それぞれの世界に戻っていく。
結局、妄想の中のキスを頂点に、それ以上踏み込むことなく、互いの相手への決別を決めてミュージカルは終わった。

そして、客席への挨拶の後、なぜか、男はパンツ一枚、女はスリップ姿で、戸口から外へ消えて行った。2月なのに[exclamation×2]

役者って大変ね…[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

元宝塚男役の真瀬は、数々のミュージカル出演を経て、すっかりソプラノを聴かせるシンガーになっていた。染谷は、私はたぶん、初めまして[exclamation]だと思うが、最近流行りの細マッチョではないあたりに、好感を持った。
(細いのに鍛え過ぎの男と、全身脱毛している女はなんか苦手…[爆弾]
二人とも非常に素直な歌い方をするので、感情移入がしやすく、演出意図も分かりやすかった。(舞台終了後に、演出家から演出意図を説明するという、まさかのコーナーがあったが、だいたい意図は理解できたので、答え合わせ的に聴けて、面白かった。)

もうひとつの舞台は、まったく違うアプローチをしているようにライナーノーツに書いてあるので、別演出はどうだったのだろう[exclamation&question]あるいは、同じ演出の別チームはどうだったのだろう[exclamation&question]と、妄想の翼を広げている。

それにしても元男役、大胆な衣装を見せつつ、ガードが堅いな[むかっ(怒り)]
(何を覗こうとしてるんですか、私[わーい(嬉しい顔)]

“今日は何の日”
【2月10日】
日本、ロシアに宣戦布告(1904=明治37年)。

日露戦争の始まりですね。一応、日露戦争の時は、ちゃんと宣戦布告ができたらしい…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「スカーレット・ピンパーネル」上演決定! [┣ミュージカル]

以前から噂はあったが、宝塚で2度上演され、人気を博した作品、「スカーレット・ピンパーネル」が梅田芸術劇場主催で上演されることとなった。

初演は、1997年ブロードウェイ。作曲は、宝塚ファンにもおなじみ、フランク・ワイルドホーン。
そんな「スカーレット・ピンパーネル」日本公演は、主演のパーシー役に、石丸幹二。妻のマルグリット役に、安蘭けい
宝塚での本邦初演時に男役として主演し、退団後に、同じ作品でヒロインを演じる…というと、「エリザベート」の一路真輝の例があるが、こちらは、ヒロインとはいえ主演ではないので、ちょっと違うかも。
でも、同じ作品で、夫婦の両方を演じる経験はとても貴重だろうと思う。

その他、石井一孝と、佐藤隆紀の出演が決まっているとのことなので、石井がショーヴラン、佐藤がアルマンというところだろうか。
ピン―パーネル団には、いい男がたくさん必要なので、メンバー発表が楽しみ。
アルマンの恋人、マリー役を演じるのは誰かしら[exclamation&question]

東京公演>   2016年10月 赤坂ACTシアター
大阪公演>   2016年10月・11月 梅田芸術劇場メインホール
<東京凱旋公演> 2016年11月 東京国際フォーラム ホールC

公演は、今年の秋。今からとても楽しみ[黒ハート]

“今日は何の日”
【1月29日】
明治政府、初の戸籍調査(1872=明治5年)。
(←旧暦。新暦では3月8日となる。)

この結果、当時の日本の人口は、33,110,825人だったことがわかっています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル「グランドホテル」上演決定! [┣ミュージカル]

来年、4~5月、ミュージカルグランドホテル」が 赤坂ACTシアターとシアタードラマシティで上演される。
出演は、GREENとREDのWキャストになっている。

GREEN 
中川晃教 宮原浩暢(LE VELVETS)
戸井勝海 昆夏美 藤岡正明
味方良介 木内健人 大山真志 金すんら 友石竜也 青山航士 杉尾真 新井俊一 真瀬はるか 吉田玲菜 天野朋子 岡本華奈
スペシャルダンサー 湖月わたる
春野寿美礼 光枝明彦
安寿ミラ

RED 
成河 伊礼彼方
吉原光男 真野恵理菜 藤岡正明
味方良介 木内健人 大山真志 金すんら 友石竜也 青山航士 杉尾真 新井俊一 真瀬はるか 吉田玲菜 天野朋子 岡本華奈
スペシャルダンサー 湖月わたる
土居裕子  佐山陽規
草刈民代

たぶん、この出演者一覧は、GREENとREDの同じ役の人を同じ場所に載せていると思われる。

とすると、キャラ的に、主役はオットーのように思えますね。
以下、わかりやすく宝塚上演時の出演者名をつけて、配役予想…

オットー・クリンゲライン(涼風真世)…中川晃教成河

フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵(久世星佳)…宮原浩暢伊礼彼方

ヘルマン・ブライジング(箙かおる)…戸井勝海吉原光男

フリーダ・フラムシェン(麻乃佳世)…昆夏美真野恵理菜

エリック(汐風幸)…藤岡正明

ラファエラ・オッタニオ(天海祐希)…春野寿美礼土居裕子

オッテルンシュラーグ(汝鳥伶)…光枝明彦佐山陽規

エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ(羽根知里)…安寿ミラ草刈民代

こんな感じでは[exclamation&question]
あと、わたるさんは、萬あきら&若央りさが踊っていたジゴロと伯爵夫人のダンスみたいな部分を担当するのかもしれない。

宝塚ファンは、GREENに集中しちゃうかな。いまっちの活躍にも注目したい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「ラ・マンチャの男」観劇 [┣ミュージカル]

ミュージカル
「ラ・マンチャの男」

脚本:デール・ワッサーマン
作詞:ジョオ・ダリオン
音楽:ミッチ・リー
訳:森 岩雄、高田蓉子
訳詞:福井 崚
振付・演出:エディ・ロール(日本初演)
演出:松本幸四郎
演出スーパーバイザー:宮崎紀夫
プロデューサー:齋藤安彦

振付:森田守恒
装置:田中直樹
照明:吉井澄雄
音響設計:本間俊哉
衣裳協力:桜井久美
音楽監督・歌唱指導:山口琇也
音楽監督・指揮:塩田明弘
歌唱指導:櫻井直樹
振付助手:萩原季里
演出助手:宗田良一
舞台監督:菅田幸夫
製作補:関 恭一
制作助手:村上奈実
アソシエイト・プロデューサー:塚田淳一

なんと、これまで未見だったミュージカルですが…きりやんのおかげで初挑戦することができました[exclamation×2]

初めてゆえに、とんちんかんなことを書いているかもしれませんが、初心者だからな…[爆弾]と、あたたかい目で見ていただければ…と思います。

では、感想です。
まず、セットがすごい[exclamation×2]
開幕前から、なんじゃ―こりゃー[がく~(落胆した顔)]という巨大なセットがそびえている。
芝居が始まると、やっと意味がわかる。ここは地下牢なんですね[exclamation]用がある時だけ、階段が下りてくる。
すげー、かっこいい[グッド(上向き矢印)]
と同時に、帝国劇場という劇場の得意なセットってのがあるんだなーと感じた。「エリザベート」もそうだけど、重厚なセットがすごく劇場空間にマッチしている[ぴかぴか(新しい)]

さて、オーバーチュアの間に、薄暗い照明の中を、出演者たちが登場するのだが、暗くてもなぜかしっかり見えて、その動きで飽きさせない。
ミュージカルのオーバーチュア(主だったナンバーを編曲したインストルメンタル)は、幕開き前に演奏されることが多いが、この舞台は緞帳が開いた状態からスタートするため、こういった演出になったものと思われる。ただ、あまり動きすぎては、観客がそこに意味を求めてしまったりするので、ちょうどよい照明とちょうどよい動きだなーと思った。

セットが動き出し、おおっ、これは階段だなっ[exclamation]と気づく。
階段がゆっくりと下りてきて、現れたのは、セルバンテス(松本幸四郎)と従者(駒田一)。セルバンテスは、教会に税金をかけようとした罪で、宗教裁判にかけられようとしている。
でも、法の下の平等を訴えながら、宗教裁判にはビビっている。けっこう人間味あるな[わーい(嬉しい顔)]
牢名主(上條恒彦)が、セルバンテスのカバンを奪い取る。そこには、彼の最新戯曲が入っていた。セルバンテス以外には、何の価値もないものだが、字の読めない人にしてみれば、価値がわからない。ものすごいものかもしれない…と、疑心暗鬼。さらに、新入りのセルバンテスを監獄内の裁判にかける…と言い出したので、自らの正当性を証明するため、セルバンテスは、牢の中の囚人たちにその戯曲を演じさせようとする。
おお、こんなところにも、獄中の芝居という設定が[exclamation]
税吏でありながら、詩人で戯作者で俳優でもあるセルバンテスは、自ら、鬘、ヒゲ、眉毛を付け、化粧を始める。

こうして始まった劇中劇もまた、さらに入れ子構造になっていて、一人の老人、アロンソ・キハーノ(幸四郎)の妄想の中の老騎士がドン・キホーテ(幸四郎)という設定。アロンソの周囲の人間としては、姪のアントニア(ラフルアー宮澤エマ)や、神父(石鍋多加史)、家政婦(荒井洸子)、アントニアの婚約者で精神科医のカラスコ博士(宮川 浩)がいる。
アロンソは、様々な世の不条理に心を病み、とうとう遍歴の騎士、ドン・キホーテとして旅に出ることにしてしまう。アントニアはおじのことを心配しつつも、おじがおかしくなったことで、自分の結婚に影響があることも心配している。

旅のお供は、サンチョ(駒田)。しかし、ドン・キホーテは、サンチョの言う事なんか、全然聞いていない。風車に突撃して、剣をぐにゃぐにゃにされたりしている。
めげずに、ドン・キホーテは、「城」を訪れる。ここで、騎士に任じてもらおうというわけだ。
しかし、サンチョには、そこは、どう見ても、街道筋の安い旅籠にしか見えないのだった。
旅籠には、アルドンザ(霧矢大夢)という娘が働いている。彼女は、そこに寝泊まりするラバ追いの男達と寝ているが、男が好きなわけでもセックスが好きなわけでもない的な歌を歌っているので(あからさまな言葉ではないですよ)、小金目当ての行為なのだろう。
ところが、ドン・キホーテ、どういうわけか、彼女を騎士が想うに足る女性、ドルシネア姫と信じてしまう。

ドン・キホーテとアルドンザの会話はどこまでも噛み合わない。しかし、二人が話していることで、待ちぼうけを食わされたペドロ(大塚雅夫)がやってきて、アルドンザを殴ったことから、ドン・キホーテが怒り、彼に戦いを挑む。しかし、老いた騎士が若いラバ追いに敵うはずもない。サンチョが加勢し、老人虐待を見ていられないアルドンザも加担する。
途中から飛び込んできたラバ追いの男達も次々に片付け、三人はスカッとした気分を共有する。その時、アルドンザの中で、何かが変わった。

しかし、アルドンザは、あとでラバ追いたちから報復を受け、ドン・キホーテもムーア人の一味に身ぐるみ剥がれてしまう。そして、後を追ってきたカラスコ博士によって、周囲に鏡を立てられて、自分がドン・キホーテではなく、アロンソ・キハーノでしかないことを認識させられて失神する。
瀕死のアロンソは、ドン・キホーテとしての記憶を失っていたが、アルドンザが現れて、「見果てぬ夢」の歌詞を耳元で聞かせると、少しずつドン・キホーテとしての記憶を取り戻し、そして死んで行く。

そして、ちょうど、役人が現れ、裁判に向かうセルバンテスを、囚人たちが見送る。

歌舞伎じゃない幸四郎を観たのは、初めて。
もちろん歌舞伎の芝居とミュージカルは違うが、時々、あー歌舞伎とおんなじことやってるなぁ~という場面もあったりして、その辺が既に“幸四郎ラ・マンチャ”として定着してるんだろうなぁ~と思った。
歌舞伎あんまり観ない人には、ちょっとびっくりな口跡かもしれないけど(笑)まあ、概ね、台詞は重要なところが聴き取れればいいんです。
なんか楽しそうに演じているなぁ~[黒ハート]父上の代から、松竹より東宝と縁のある家柄。歌舞伎界も人材難だけど、それでも東宝ミュージカルを捨てるなんて考えもしないんだろうなー[あせあせ(飛び散る汗)]
そして、老騎士より、老田舎貴族より、セルバンテスに一番年齢が近く感じられたのは、心強い。元気な幸四郎を見られて満足。カーテンコールでは英語版の「Impossible Dream」を聴かせてくれた。

で、きりやん、ですよ。
すごいかっこいい[グッド(上向き矢印)]
衣装もピッタリだし、動きがきびきびしてて、気持ちいい。
ラバ追いたちからリンチを受ける場面は、やっぱり女なので、最終的には強姦、それも輪姦されるという悲劇なのだが、そのダンスシーンもキビキビと演じているので、痛々しさが若干和らげられた感じ。
ただ、歌声は、低音・中音は聴かせるが、高音が相変わらず弱い。美しい声ではあるが擦れるし。そして、意外と声量が感じられない。なんでだろー[exclamation&question]

サンチョ役の駒田が相変わらず素敵(当然)[るんるん]
そして、ミュージカルで初めて観たが、ラフルアー宮澤エマの歌声がとても美しくて、また次に観るのが楽しみになった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「CHESS THE MUSICAL」観劇 [┣ミュージカル]

「CHESS THE MUSICAL」

作曲:ベニー・アンダーソン/ビョルン・ウルヴァース

原案・作詞:ティム・ライス

演出・訳詞:荻田浩一

音楽監督:島 健

指揮:

指揮:上垣 聡
美術:二村周作
照明:笠原俊幸
音響:大野美由紀
振付:港ゆりか
衣裳:十川ヒロコ
ヘアメイク:中原雅子
Original Orchestrations and Arrangements by Anders Eljas
歌唱指導:山川高風
稽古ピアノ:松田眞樹
歌唱指導補:西野 誠
演出助手:伴・眞里子
舞台監督:有馬則純 

時は冷戦下。
アメリカ人のチェス世界チャンピオン、フレディー(中川晃教)と、ソビエト連邦からの挑戦者アナトリー(石井一孝)の世界タイトルマッチは、イタリアの田舎町、メラーノで開催されていた。
神経質で攻撃的な性格のフレディーは、アカ(共産主義者)嫌いの上に、ソ連チームのマスコミを使ったネガキャンに心を乱され、対戦中の態度も悪く、戦績も思わしくなく、追いつめられていく。恋人でセコンド(参謀)のフローレンス安蘭けい)は、フレディーの心を鎮めようとするが、うまくいかない。
フレディーの中の、アナトリーに対する攻撃的感情が、試合に悪影響を与えていると感じ、アナトリーとの関係を取り持とうとするフローレンスだが、フレディーが現れないうちに、アナトリーに口説かれ、愛が芽生えてしまう[ひらめき]
二人の関係に気づいたフレディーは、とうとう試合を放棄し、アナトリーが新しい世界チャンピオンとなる。しかし、アナトリーは、その場で西側への亡命を発表した。フローレンスのために。
1年後、タイのバンコク。西側の人間となった(ロンドン在住)アナトリーに、ソ連から挑戦者が送り込まれ、再び、タイトル戦が開催されることに。
ソ連側の心理作戦は、まず、アナトリーの妻、スヴェトラーナ(AKANE.LIV)の帯同。そして、「ハンガリー動乱」の際、犠牲になったと思われていたフローレンスの父親が生きてソ連にいるとの情報…。
父親を解放する代わりに、わざと負けるように…と、交換条件を持ち込まれたアナトリー陣営。アナトリーとフローレンスの心は千々に乱れる。

まあ、簡単に説明すると、こんなミュージカルでした[exclamation]

感想いきます。

ひとこと、歌がすごい[exclamation×2]
歌唱力のあるメンバーを揃え、これでもか!と次々に繰り出される、身体に染みわたるような気持ちよい歌声に、ひたすら酔いしれた夜だった。

フローレンスを演じた安蘭は、高音の美しさが磨き抜かれた感じ。しかも力強い。
男勝りの強い女性でありながら、拠り所のない心細さを内包しているところが、安蘭のキャラにも合っている。
前半、フレディーの恋人で参謀のところでは、キツいウェーブの髪をキュッと縛ってカッコいい女性。衣装は黒。後半、アナトリーの恋人となったら、髪をおろし、緩やかなウェーブへ。衣装も白。そこもチェスという競技を反映している。

アナトリー役の石井は、緩急自在の俳優というイメージがあるが、今回は、マジで歌唱力を見せつけてくれた。実は、アナトリーが主役だと思っておりました[わーい(嬉しい顔)]それくらい、素晴らしかった[黒ハート]

フレディー役の中川は、2幕冒頭の歌が神[exclamation×2]実は、この曲は、日本語に翻訳されていない。そのため、会場に、歌詞カードが置いてある。そこまでして、中川に原詞で歌わせた、演出、オギーの気持ちが痛いほどわかる。このリズム感。英語で歌った時のグルーヴ感を客席に伝えたかったのだ、と。
それほど意味のある歌詞ではない(説明の歌ではあるので、歌詞カードを出したのは正解)ので、ここは、中川の歌だけに集中した。
超幸せになれた一曲。
ちなみに世界チャンピオンから滑り落ちたフレディーは、テレビのレポーターとして、今回のタイトルマッチに関わっていたという設定。

アービターという、チェスの世界大会を仕切っている人がいて、これを田代万里生が演じている。そして彼の周囲には、チェスの妖精みたいなダンサー(大野幸人)がいる。
田代はメガネをかけて、髪をツーブロックっぽくカットして、なんか人外なイメージなので、ダンサーと合わせて、チェスを司るもっと抽象的な存在なのかもしれない、と思った。存在そのものが謎で、面白いキャラクター。
私が観劇した回は、田代がスペシャルカーテンコールを行う日で、『アンセム』を歌ってくれた。これが圧巻。スペシャルカーテンコールは、たぶん、全員が歌手としての威信をかけて登場するんだろうな、と思った。

アナトリーがソ連に残した妻、スヴェトラーナを演じたのが、AKANE.LIV。宝塚時代は、神月茜の名で活躍していた。(『送られなかった手紙』のピンクライト浴びた歌は、今も忘れられない)
こちらも安蘭に勝るとも劣らない素晴らしいソプラノで、一方的に夫に遺棄された妻の心情を見事に歌い上げてくれた。

西側のマスコミ人らしいウォルター(戸井勝海)は、歌に寄ったミュージカルのため、いまいち立場がよくわからなかったが、食えない感が心に残る。観終って、何故か一番印象に残ったのが彼だった。

チェスという競技をほとんど知らないので、東西冷戦をチェスになぞらえるという設定そのものが、うまく伝わって来なかった。
それより、素晴らしい音楽を素晴らしいキャストで聴いた、という喜びが大きい、そんなミュージカルだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | 次の10件 ┣ミュージカル ブログトップ