So-net無料ブログ作成
検索選択
┣かんがえごと ブログトップ
前の10件 | -

1960年6月15日 [┣かんがえごと]

眠っている間に改正組織的犯罪処罰法が成立していた。野党が「共謀罪」と呼んでいるアレです。日付が変わってからの成立なので、6月15日に成立したことになる。
さて、6月15日というと、57年前の6月15日、一人の女性が国会前のデモで亡くなっている。
樺(かんば)美智子さんという名前をご存じだろうか。


今回の法案が強行採決を重ねていることや、内容が不透明であることから、政治家たちに任せておけないとばかりに、一般市民がこの日も国会の前に大挙詰めかけているようだ。
でも、とりあえず、大きな事故もなく、平和的にデモが行われているのを見るにつけ、日本の民主主義は成熟してきているんだな…と感じる。
それはないだろう…という映像も(特に沖縄あたりで)見るには見るが、少なくともこの頃のデモの映像に比べたら、だいぶマシだ。それは、民主主義が、警察や公安より上位にあるということが、コンセンサスになっているからだろうと、私は思っている。


共謀罪なんていう「なんでもあり」の法律を作ってしまったら、押さえ込まれていた警察や公安にお墨付きを与えることになる、と、どうして誰も思わないのだろう[exclamation&question]
これは、現在の自民党政権だけの問題ではない。
行政のリーダーの座が、官邸から、別の所へ移ってもおかしくない、ということなのだ。今の政権が変わったら、官邸ですら、共謀罪の対象になりかねない。一度そうなったら、成立時の首相である安倍さんがその後戻ってきたところで、取り返すことはできない。


戦前に成立した治安維持法も、国会で強制採決されている。採決したのは国会議員だ。その多数決で決まったのは事実だ。けれど、治安維持法は、当の議員を含む多くの人々を官憲の手に委ねることになった。この法律をたてに、シビリアンコントロールが効かなくなったのだ。
21世紀の治安維持法と言われている「改正組織的犯罪防止法」の行末が案じられる。


亡くなった樺さんは、こんな未来を夢見て戦っていたのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お雛様の思い出 [┣かんがえごと]




友人がFacebookに雛人形をアップしていて、おお…そういえば、我が家の雛人形もこんなのであった[exclamation×2]と、懐かしく思い出した。

残念ながら、似たようなお雛様は、ネットでは検索できなかったので、(時代のせいですかね…)全然違う親王飾りをお見せしています。

我が家にあったのは、当時、けっこう人気のあった団地サイズのお雛様で、ケースの中に段が設えてあって、親王雛と三人官女が最上段(左側に親王と姫、区切りがあってその右に三人官女)、その下に五人囃子、その下に右大臣左大臣と橘・桜・道具類、その下に仕丁と道具類…みたいなコンパクトなもので、今のマンションに引っ越すまで持っていた。

手放した時のエピソードは、以前ブログに書いたのでご覧ください。こちらです。

これを読んで、そういえば、祖母の差し金であった…と思い出した。祖母が亡くなってからは、お雛様のことを思い出すこともなく、なんだかすっかり母のせいだと思い込んでいたここ数年…[あせあせ(飛び散る汗)]人の記憶って、後年からでも変化するものなのね[がく~(落胆した顔)]

今年は、亡き母と祖母を思い、静かに過ごす雛祭になりそうです。

お雛様といえば、使わなくなったお雛様を活用する「福よせ雛」というのがあるそうです。お雛様の日常生活を描いているらしく、HPをのぞいてみたら、なかなか面白かったです。「福よせ雛」で検索してみてくださいね。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

アメリカ大統領選 [┣かんがえごと]

朝の時点では、ヒラリー・クリントンの勝率90%とか言っていた、ニューヨークタイムスとかワシントンポスト…12時間後に、予想を180度切り替えた。いくら接戦とはいえ、これだけ現地のマスコミが大きく予測を誤ったのは、珍しい出来事のように思う。
おかげで、日本の相場も乱高下、大変な騒ぎになった。

この大統領選のドンデン返しには、色々な理由があるんだと思う。

そもそも、総得票数、支持率では、クリントン氏が勝っていたこと。(アメリカの大統領選は、州ごとに勝敗を決し、人口に比例した選挙人をゲットしていくので、合衆国全体の得票数が上回っても勝てるとは限らない。)

選挙戦の終盤に、クリントン氏の私用メール問題で、再捜査というニュースが持ち上がったこと。これで、トランプ氏が起こした、それ以前のマイナス問題の影響がチャラになった感はある。

でも、本当のところ、日本でも木村太郎氏がずーっと言っていたように、実は、トランプ氏に投票した人の数は、マスコミの読みよりずっと多かった。
ただ、それはほとんど伝わっていなかった。
私たちの知っている、メジャーな都市は、ほとんどクリントン氏が勝っている。ニューヨーク、ワシントンDCなど東部の都市、そして大票田のカリフォルニア、日本人の大好きなハワイ…フロリダは激戦の末、トランプ氏が制したが。
大きな新聞社は、足元の世論を見て、予想していた。
しかし、アメリカには、さまざまな州がある。
南部も、中西部も、山岳地帯も。普段は、見向きもされないような州にもたくさんの人が住んでいて、それぞれの想いを抱いて生きている。

イギリスのユーロ離脱の国民投票も、ロンドンでは「残留派」が多数を占めていたが、国全体では、離脱という選択がなされた。

これまで、誰にも顧みられなかった人々が、過激な選択をすることに、誰も、特に大手のマスコミは、気づけなかったのかもしれない、と思う。そして、これは、他人ごとではない、とも感じた。

しかし―

アメリカの大統領として、彼の公約がすべて果たされるとは、考えにくい。
もちろん、今までに比べれば十二分に過激な政策が実行されていくとは思うが…

でも、トランプ氏に投票した、過激な思想を好む、虐げられてきた人々(いわゆるプアホワイト)は、それでは納得しないんじゃないだろうか。その時、アメリカは、トランプ大統領は、どちらに舵を切るのか…

うーむ…

“今日は何の日”
【11月12日】
柳沢吉保、将軍・徳川綱吉の側用人となる(1688=元禄元年)。
(←旧暦。新暦では、12月4日となる。)
元禄とは、まさに吉保の時代だったのですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

TPP可決(衆院特別委) [┣かんがえごと]

衆議院特別委員会で、TPP法案が可決した。

まだこの先、衆議院本会議、参議院がある。でも、もしかしたら、この日は、将来歴史的な日になるのかも…と思った。

“今日は何の日”
【11月4日】
関西法律学校、現在の関西大学が開校した(1886=明治19年)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

新聞報道の用語 [┣かんがえごと]

三笠宮崇仁殿下が亡くなられた、というニュース速報を見て、不思議に思ったこと。

私が見た限り、ほとんどのニュースが、「三笠宮さま、ご逝去」という見出しを使っていた。その中で、産経新聞だけが、「薨去(こうきょ)」という見出しを使っていたので、「おや[exclamation&question]」と思った。
それで、昭和天皇崩御の際の、見出しを思い出したのだ。
あの時は、ほとんどの新聞が、「天皇陛下、崩御」という見出しを使っていた。その中で、沖縄の新聞社が「ご逝去」という言葉を使っていて、沖縄は、昭和天皇に複雑な気持ちがあるんだろうな…と、昭和という時代の重みを感じた。

人が亡くなったという場合、このように記載する、ということが、中国の古典「礼記」という書物に記されている。日本でも、これに準じる形で書物が作られている。日本の文書は、主語が省略されることが多いが、同じ「死」でも、身分によって表現が違うことを使って、これは誰についてのことを書いている、と推定したりしているとか。

その慣例に従うと、天皇陛下の叔父にあたられる、三笠宮さまについては、薨去と呼ぶのが正しいことになる。

とはいえ、本来「崩御」を使うべき皇太后であった香淳皇后についても、すでに「ご逝去」とした新聞報道が多かったそうなので、(私もご逝去と書かれていたのを覚えている)今は、天皇陛下のみ「崩御」とし、それ以外の皇族については「ご逝去」にしているのかな、と感じた。

そのことに異を唱える向きもあるようだ。産経新聞も一石を投じるつもりで、「薨去」を使ったのだろう。
でも、「薨去」を使うべき相手は、なにも皇族だけではないのだ。使用例としては。
明治以降は、現職の首相が亡くなった場合にも、「薨去」が使われていたという。でも、大平さん、小渕さん(厳密には現職ではないが…)の時は使われていなかった。
というわけで、産経新聞の「薨去」の使い方も、独自の解釈に基づいたものであるように思う。
※省庁の公式文書では、現在も「薨去」が使われているので、こちらの公式発表に基づいているのかな。でも、「薨去」は、外国の皇室に対しても使用するとのこと。産経新聞、そちらは、薨去、使ってないですよね[exclamation&question]

古来の用法としては、
天皇、皇后、皇太后、太皇太后…崩御。(きっと上皇も。)
皇太子、大臣…薨御(こうぎょ)
皇太子妃、親王、親王妃、内親王、位階三位以上…薨去
王、女王(親王宣下を受けていない皇孫等)、位階が五位以上…卒去
貴族でも、高位なら、薨去、卒去と呼ばれていたのですね。

同時に、昔は、陛下、殿下、妃殿下という表現をよく見かけたが、昨今は、すっかり「さま」が定着していることにも、あらためて意識が行く。

これは、1989年頃から定着したそうで…

ってことは、平成からか…。
それまで、ずっと、皇后陛下のことは、女性週刊誌も「美智子さま」と書き続けてきて、親しみを込めて報道してきたので、なんとなく、そのまま、美智子さま、雅子さま…が定着しちゃったのかな…なんて思ってみました。
香淳皇后は、やはり戦前から皇后陛下であられたから、戦後になったからといって、突然名前で呼ばれたり、できなかったのでしょうね。

皇室の方々が、外国の皇族と親睦されている記事など、敬語の使い方など、新聞記事の書き方が微妙で、皇室報道って難しいのね…と思う。(皇太子さまと、チャールズ皇太子が…とか。)
よりよい報道目指して、頑張ってください[るんるん]

“今日は何の日”
【11月2日】
読売新聞、創刊(1874=明治7年)。

うわ~、祐飛さんが生まれた時点で100周年か…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

お見舞い [┣かんがえごと]

鳥取地震、驚きました。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

しばらくは余震も続くと思います。どうぞ、お気をつけて…

“今日は何の日”
【10月21日】
大隈重信らが、東京専門学校(現・早稲田大学)を設立(1882=明治15年)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

フラワーズ! [┣かんがえごと]

吉野朔実さんの訃報に接し、「フラワーズ」の創刊15周年号を購入することにした。

月刊flowers(フラワーズ) 2016年 06 月号 [雑誌]

月刊flowers(フラワーズ) 2016年 06 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: 雑誌

「フラワーズ」、前は買っていた。

そもそもは、「プチフラワー」の愛読者で、2002年に「フラワーズ」になってからも、そのまま引き続き読んでいたが、やはり「プチフラワー」のファンとしては、どこか違ったらしく、そのうちに読まなくなってしまった。
だから、十数年ぶりに手にしたことになる。

へー、今は、こんな作品が連載されているのか…と感慨に耽…え[exclamation&question]

『7SEEDS』

『風光る』

知ってる…

時が止まっている…[exclamation&question]

ずーっと、ずーっと連載してたのかっ[exclamation×2]

感無量[もうやだ~(悲しい顔)]

久しぶりに読んだら、さいとうちほ先生の『とりかえ・ばや』が面白そう…コミックス買ってみようかな。

そして吉野先生の遺作、なんだかとってもあったかい作品でした。

“今日は何の日”
【5月6日】
水戸藩主、徳川斉昭、謹慎処分を受ける(1844=天保15年)。
(←旧暦。新暦では6月21日となる。)

謹慎の理由には、時代に先駆けて廃仏毀釈を行った(=仏教弾圧)などが含まれているとか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

5年目の3.11 [┣かんがえごと]

あの日から5年、今年は曜日も同じなので、ここから2週間ほど、思い出し記録を記載していきたい。

3月11日、日本観測史上最大級の地震が発生した。

私は、職場で地震に遭った。オフィスからは男性社員が出払っていて、私と、同じ業務をしている同僚、翻訳業務をお願いしている契約社員の女性、そしてアルバイト女子の4人だけだった。
急ぎの仕事もなく、祐飛さんのファン仲間から来たGWの旅行計画のメールをちょうど見ていた…という…(時効ですよね[exclamation&question]
最初、契約の女性が「じしん?」と言った。「あ…そうかも…」それは本当にかすかな揺れだった。そこからしばらくしてわりと大きな横揺れが来たが、縦揺れから横揺れに移る感覚の長さから、私は震源地は遠いと判断して、「遠いから大丈夫だよ」と言ったのを覚えている。
けれども揺れは、おさまるどころか、どんどん大きくなって…その時初めて、恐怖が襲ってきた。急いで机の下に身を隠し、大きな横揺れに耐えていた。
どこかでパーテーションが倒れ、ガラスの割れる音がした。

揺れが収まっても、しばらく動けなかった。すると、外から、「早く外に出ろ」という声が聞こえる。慌てて、上着を着てバッグを手にして外に出た。そのまま、建物の安全が確認できるまで、3時間ほど外で待機させられた。途中、社内のコンビニでペットボトルの水を買ったが、その時はまだ普通になんでも買える状態だった。
家にも電話して、家族の無事を確認した。
また、3時からの会議が中止でいいのか、とか、来週提出の資料はどうする、とか、外で顔を合わせた人と普通の会話をしていた。途中雨が降ったり、寒さが厳しかった。

3時間後、ようやく建物の安全が確認され、開放された喫茶室で待機。そこで、携帯のワンセグを見て、初めてことの深刻さを知った。
緊急の部長会が開かれているとのことで、部長が外出中のうちの部のメンバーは、担当役員のいる別の部署へ移動することになった。同じ部の別のセクションのメンバーは、移動ができないため、そのまま現在の場所に待機することに。

待機中、携帯が繋がらないという人が廊下に溢れていたので、外線に繋がる内線電話を開放し、順番に案内したりした。8時頃、歩いて帰宅できる者は帰宅するように…という指示があったため、私は帰宅を決意した。ガスと水道が止まっているという連絡を受けていたので、コンビニで水とカップヌードルなどを調達して帰宅した。
大きな道路沿いのコンビニは、商品がほとんどなく、ちょっと角を曲がったところのコンビニでようやく、ちょっとだけ食料を手に入れた感じ。これからどうなるのかとか、そんなことも考えられなかった。とにかく、信じられない、という気持ちだった。

201103112014000.jpg 201103112019000.jpg

外の歩道は液状化で、すっかりドロドロ。ところどころ、地割れしたり土地が隆起したり。

201103112125000.jpg 201103112133000.jpg

マンションの入口付近もこんな状態。

我が家は駅から5分という立地なので、駅前のホテルに歩いて行ける。水道管がどうなっているかわからないとのことで、マンションのトイレは使用できない。我慢できるだけ我慢して、いざとなったらホテルまで歩いてトイレを使用しよう…と決意。
電気が無傷で使えたので、だいぶ助かった。この時点では。

“今日は何の日”
【3月11日】
武田勝頼、織田・徳川軍に敗れて自害(1582=天正10年)。
(←旧暦。新暦では4月3日となる。)
これにより、戦国の雄、武田氏は滅亡した。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「震える牛」を思い出す… [┣かんがえごと]

こちら小説、「震える牛」の感想です。

先日放映された「誤断」同様、WOWOWでドラマ化されていて、こちらも一つの事件に過去の事件が絡むという多重構造のドラマだった。
「誤断」で安城副社長役を演じた小林薫がこちらでも、企業の論理に生きるエリート役員を演じているので、なんとなく「誤断」を見ている時にこの作品を思い出したりしていた。
日本でBSE(狂牛病)が発症したことをひた隠す人々を警察と新聞記者が捜査していくという物語なのだが、その中に、賞味期限切れだろうが、牛肉以外の肉だろうが平気で使ってハンバーグを作っている「ミートボックス」という下請け会社が登場する。
その社長役を古田新太が演じていて、これがもうすごい怪演だったのだが…

そういうことが、実際に起きているんだ[exclamation×2]という衝撃で震えが止まらなかった。

COCO壱番屋の廃棄したカツがスーパーで売られていたという事件ですが…これ、そのままスーパーで売られていたから、ココイチの従業員が気づいたわけだけど、たとえば、このカツを調理してお惣菜で売っていたら、レストランで使用していたら、誰も気づかないよね…と思うと、ほんと怖いです。怖いのは、ドラマだけにしてほしい…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

“今日は何の日”
【1月17日】
三木合戦集結(1580=天正8年)。
(←旧暦。新暦では2月2日となる。)
1年10ヶ月の籠城戦の末、別所氏は羽柴秀吉に敗れた。この時の秀吉の兵糧攻めを「三木の干殺し」と呼んでいる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015年8月30日の光景 [┣かんがえごと]

歴史は繰り返す…

60年安保の時、デモの騒乱が激しく、死者まで出すことになり、そんな政情の責任を取って内閣は総辞職した。時の総理大臣は、岸信介=安倍晋三総理の祖父。

この光景、55年前の写真とクリソツなんですよね。
でも、今回は、整然と、けが人一人出さなかったデモだったとのこと。
この違いは大きい[exclamation×2]

先日の70回目の終戦記念日、皇居前のお濠沿いを歩きながら、ふと、その昔暗記させられた日本国憲法の前文を口にしていました。


日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


(色による強調=夜野)

こうやって確認してみると、7割くらいしか覚えていませんでしたが…[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、深いな…と思いました。自民党によると、アメリカに押し付けられた憲法らしいですが、70年近く前に、現在を予測しているかのような、文言が出てくるので驚きました。

日本国民は、通常、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動=国会議員に、外交政治をお任せしています。
でも、「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすること」を決意するのは、日本国民なんですよ。
そして、その根拠は、「主権が国民に存すること」です。
そして、この憲法に反する、一切の憲法、法令及び詔勅を排除するんです、日本国民は。

だから、国会前に、あれだけの人が集ったんだと、思った。

国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓うのも、日本国民。ひとりひとりの国民の責務だ。

そして、2つめ、3つめのパラグラフを見る時、70年経って、ようやく、ひとつめのパラグラフを頑張っている我々には、まだまだ遠い世界だな…と、感じる。永遠にたどり着けない境地かもしれない。

党是としては、「憲法改正」なのかもしれませんが、憲法順守を誓約した内閣の一員であるなら、まず、よーくこの憲法前文を読んでいただきたいものです。

それがよいか悪いか、ではなく、明らかにこの精神と違う法案を通すためには、憲法改正をしてから[exclamation]じゃないですか[exclamation&question]


前の10件 | - ┣かんがえごと ブログトップ