So-net無料ブログ作成
検索選択
┣Studio Life ブログトップ
前の10件 | -

「エッグ・スタンド」観劇 [┣Studio Life]

「エッグ・スタンド

原作:萩尾望都
脚本・演出:倉田淳

美術:乗峯雅寛
舞台監督:倉本徹
照明オペレーター:石坂晶子(SLS)
音響:竹下亮(OFFICE my on)
衣裳:竹内陽子
衣装協力:森山朋子
ヘアメイク:川村和枝(p.bird)、望月香織
振付:YOSHINORI
大道具:俳優座劇場
小道具:高津装飾美術
演出助手:宮本紗也伽
宣伝美術:近田火日輝(fireworks.vc)
スチール撮影:山口真由子

デスク:武井啓子、宮崎千琴
制作:大野純也、八木澤元気、武内奈緒
制作協力:東容子、小泉裕子、馬場妙子
『エッグ・スタンド』サポートチーム:関戸博一、牧島進一
協力:小学館・城章子、中川佳子、長尾竜之

1月はイベントだったから、今年初めて観るスタジオライフの芝居。
なんだろう、ライフは今、すごく変化している気がする。
この「エッグ・スタンド」の上演許可は、「メッシュ」上演時に取り付けているという。10年前だ。
その頃、今より10歳若い山本芳樹曽世海司が演じた「メッシュ」は、ありえないシロモノだった。私的に。
今回は、笠原浩夫が26歳に、久保優二が17歳に、そして山本芳樹が14歳位にちゃんと見えた。いや、見えたんじゃない。修正したのだ、私の脳が。山本の役が少年というのは、服装とヘアスタイルから想像できたので、まず「少年」と思いながら観た。そしたら、少年にしか見えなくなった。笠原久保は、劇中で役の年齢を公表するので、その瞬間に想像していた年齢から修正した。と言っても3~4歳若くしただけだ。
思えば、「Daisy Pulls It Off」の時、笠原デイジーの姿に違和感なく感情移入できたのも、作品が入れ子構造だったからではなく、私の脳に変化が起きていたからだったのかもしれない。こんなにたやすく脳内補正ができるようになったのは、「トーマの心臓」で笠原たちが臆面もなくシュロッターベッツの制服を着てくれたおかげ…[exclamation&question]
少なくとも、「メッシュ」を観劇した10年前までは、イケメン俳優が漫画などの耽美世界を再現する劇団、という認識があった。だから、ちっともメッシュじゃない、ミロンじゃない役者たちを残念に思った。
でも、この10年の間に、世の中、イケメン役者だらけになって、歌って踊れる2.5次元俳優が漫画やゲーム原作の舞台をガンガンやっている。ライフはもはやビジュアル売りの劇団とは言い難いという現実もある。
そんな中、もともと女性役も男優が演じているという特色をさらに生かし、性別と同時に年齢も超越するようになった…のかも。もう、彼らの実年齢と配役には何の関係性もない、というところまで突き詰めたら、それはそれで、私の脳が勝手にそれを受け入れるようになった。歌舞伎を観る時のように。
藤十郎さんが19歳といったら19歳なんだからっ!ってやつ。
(人間国宝と一緒にしてるイタいファン)

さて、「エッグ・スタンド」は、占領下のパリという極限状態の中、偶然出会った3人の短い期間の物語だ。若干推理要素も含まれている。(以下、キャストは、Rouge/Noirの順に記載)
ある冬の朝、公園で一人の男が…。処理の間、ずっとそれを眺めている少年(山本芳樹/松本慎也)がいた。偶然通りかかったルイーズ(久保優二/曽世海司)が少年にパンをやると、そのまま付いてくる。行くところがなさそうなので、ルイーズは彼をアパートに住まわせることにする。少年は、ラウルと名乗った。ルイーズは、キャバレー“花うさぎ”で働いている。ラウルは、どうやら男娼で稼いでいるらしい。が、生きて行くことが大事、とルイーズは気にしない。そこへラウルが現れ、ルイーズはラウルを弟だと紹介する。その夜、事件があり、停電の中、二人はマルシャン(笠原浩夫/岩崎大)に出会う。彼は、ルイーズに自由フランス(ナチス政権の庇護下に入った政権を認めず、ドゴール将軍のもと、レジスタンス活動をしている人々)の地下出版本を渡す。
ルイーズは、ドイツからやってきたユダヤ人の娘で、不法入国者のリストに載っている。ラウルはリストからルイーズを除外したいと願い、マルシャンは一斉摘発の前にルイーズを国外に逃がしたいと思う。そして、マルシャンは、一連の殺人事件がラウルの仕業だと疑っていた。
しかし、ルイーズは早まった摘発を逃れようとして屋根から転落し、ラウルを撃ってその命で罪を清算させたマルシャンは、解放を前に一人になった。しかも、そもそもロンドンの空襲で彼は妻子を失っているんだよね、切ない[もうやだ~(悲しい顔)]

で、この舞台「エッグ・スタンド」は、そういう占領下のパリをスケッチすることで、“戦争にはひとつもいいことなんてない”というメッセージが伝わればいい、という作りになっていると思う。
「PHANTOM」だったら、“彼”の物語を丹念に描くことで、他の誰でもないエリックという個人の人生を知ってほしい、という作りになるわけだが、「エッグ・スタンド」のマルシャンやルイーズの後ろには、多くのマルシャンやルイーズがいて、少しはラウルもいたかもしれない。そんな多くのマルシャンやルイーズの哀しみの果てに、パリは解放された。だから、三人の登場人物は、ある意味、記号的な存在でいいんじゃないか、そういう時、ライフ役者たちの本来のキャラクターは無視できるのではないか、素材として台詞を伝える存在、それなら劇団のスターを配置した方がいい…そういう割り切りが、私に歌舞伎的な視聴感覚をもたらしたのではないかしらん。
あくまで、私の感覚では、この公演は、違和感なく観劇することができた。今、「メッシュ」を上演して同じ感想になるかは、わからない。(そういえば、私、原作を読んだ記憶がなかった。時期的に読んでいるハズなのだが…。そういうことも影響してるかも[exclamation&question]

では、出演者感想
<マルシャン>
26歳。自由フランスのレジスタンス活動家。ロンドンの空襲で妻子を失った。
笠原浩夫…占領下のパリで、それでも人の心を失わずに生きている青年をまっすぐに演じている。彼が26歳と言ったら、26歳という言葉は嘘ではなくなる。ラストシーンの冬の情景が絵のようだった。
岩崎大…少し芝居しすぎ、というか感情入りすぎだったかな、と思う。それが邪魔に感じたし、彼を26歳から遠ざけていた。一夜を過ごした後、手紙を残していなくなるのが、「逃げた」としか思えないのは、なぜなんだろう[exclamation&question]その一方、裏側で演じたガウン姿のSSの男が素敵過ぎた。胸元はだけてるのがいやらしくて…[るんるん]

<ルイーズ>
17歳。ユダヤ系ドイツ人。不法入国したパリで、キャバレー花うさぎのウェイトレスをしている。
久保優二薄倖の美少女。衣装がどれも良く似合っている。ラストに至るまでのさまざまなエピソードが、久保を見て書かれたんじゃないかと思うくらい、すべて嵌まっている。可愛かったー[ハートたち(複数ハート)]
曽世海司…演じきれるとは到底思えなかったが、嵌まっていた。透明感があって魅力的。メインで着ている衣装も久保と同じものだが違和感ない着こなし。でも花うさぎの衣装と、ガウン姿は微妙だったかも。裏側で演じた未亡人が美しすぎた。

<ラウル>
14歳くらい。母親に溺愛されたことで、歯車が狂ってしまい、それを利用された。マルシャンが引導を渡してやる。
山本芳樹…無理だろう、と思っていたら、これが激嵌まり。劇団の誇るスターとして、しっかりと役割を果たしていた。小柄なことも幸いしていたかな。世間的な感覚と自分の感覚の間のズレを「わかんない」と悩んでいる姿が、激カワでした[るんるん]
松本慎也…松本の定番の少年、って感じ。可愛いよ、可愛いって知ってるだろー、お前…という感じで、少々苛立つ。それゆえに、あえて、松本を配役しなくてもよかったかもしれない。裏側で演じた花うさぎのボーイがイケメンすぎた。

その他の出演者は、まず、船戸慎士が怪演。萩尾作品によく登場する色気のある悪役っぽさがたまらない。
藤原啓児もロゴスキー役でラウルの身体に触れるシーンなど、なかなかの味があった。
そして、なんといっても、今回の敢闘賞は、花うさぎのダンサー陣(宇佐見輝・澤井俊樹・田中俊裕・吉成奨人)。キュートで、可憐で、目がいくつあっても足りない。美人じゃないけど可愛い女子の若林健吾が女将にシフトせざるを得ないほど、見事にAKBだ。センターはもちろん、宇佐見アイドルとしての何かを既に身につけている気がする。
宇佐見は、回想シーンに登場するラウルの母親も好演だった。
ジロ役の仲原裕之、バスク爺さん約役の奥田努は手堅い。ハンス役の千葉健玖は、ルイーズに袖にされて拗ねる姿が可愛かった。

世界がどんどんきな臭くなってきた昨今、この作品は、繰り返し上演する価値のある舞台だったと思う。多くの方に観てほしい。
3月24日から大阪公演が始まります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「エッグスタンド」新チラシ [┣Studio Life]

エッグスタンド.jpg

これまで萩尾先生の原画を使っていた「エッグ・スタンド」。詳細チラシはこんなのになりました。

珍しくチラシに食いついているのは、ですね…

この顔が隠されているモデルさん、及川健さんなんですよぉ~[黒ハート]

まだ、配役が決まっていなかった頃にポスター撮りだったため、演出の倉田淳氏ご指名で、及川さんがモデルになったそうです。
朗読公演にも出るし…少しずつ、露出があって、感謝[exclamation]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

スタジオライフ「ファンの集い」 [┣Studio Life]

スタジオライフの公式ファンクラブ、「CLUB LIFE」が発足20周年を迎えたということで、成人式をお祝いするイベントが開催された。たしか10周年のイベントにも行ってるよな…私。ってことで、過去記事検索してみたら、ありました。こちらです。
読みに行ったら…10年前と感想が変わってない…[あせあせ(飛び散る汗)]

いや、さすがに、ウチのヒメとは書かないけど…及川さんが舞台に立っている…うれぴぃ…[もうやだ~(悲しい顔)]

今は、芸能活動をお休みされている及川さんですが、相変わらずちっちゃくて可愛かったです[黒ハート]

「CLUB LIFE」発足時、既に劇団にいたメンバーへのインタビューは、機関誌第1号に記載されている本人コメントを晒し、その感想を聞くというもの。ほぼほぼ全員が嘘を書いていたそうです[わーい(嬉しい顔)]
「ファン」という存在に対して、かっこつけちゃったんでしょうかね[わーい(嬉しい顔)]
ちなみに、この第1号機関誌を持っている…という年季の入ったファンも参加されていました。(私がFCに入ったのは、2006年なので、まだ半分の歴史しかありません…[爆弾]
第1号の機関誌は、及川さんが作ったそうです。ワープロで[exclamation×2][exclamation×2][exclamation×2]
写真とかは、ここに載せてね、みたいな指定をしたりして、印刷屋さんに持ち込んでいたとか…歴史だな、もはや…[ひらめき]

ほかの回では、作品扮装などがあったりしたようですが、決算中なので、状況が見えず最後の回しか申し込めなかった…無念[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

今年は、『エッグ・スタンド』からスタート。新しい一年も、素敵な作品を上演してくれますように。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「Daisy Pulls It Off」観劇 [┣Studio Life]

「DAISY PULLS IT OFF」

作:デニス・ディーガン
演出:倉田淳

美術:乘峯雅寛
音響:竹下亮(OFFICE my on)
照明:阪口美和
照明オペレーター:中島俊嗣(SLS)
衣裳:竹原典子
衣裳スタッフ:砂田悠香理、矢作多真実
ヘアメイク:MUU
ホッケー指導協力:東京ホッケー協会
翻訳:河内喜一朗
スチール撮影:山口真由子
演出助手:宮本紗也加
大道具:株式会社俳優座劇場
小道具:高津装飾美術株式会社
舞台監督:後藤恭徳(ニケステージワークス)

海外の優れた戯曲を紹介するThe Other Lifeシリーズでスタートし、いつのまにか、本公演のレパートリーに組み込まれた“デイジー…”が帰って来た。
今回は、まさかの「おっさんチーム」と「フレッシュチーム」みたいなWキャストで、さらにプロデュース公演並みの客演者数で、いったいどんなデイジーになるんだろう[exclamation&question]と思ったら、今までで一番感動的なデイジーだった。
劇中、繰り返されるラテン語の「ホネスタ・クアム・マグナ/気高き事は美しき事かな」「ヒンク・スペス・エフルゲット/行く手に希望は輝く」を聞くと、なんかウルウルしてしまう…そんなステキに熱い公演だった。
「Daisy Pulls It Off」は、1927年、グレンジウッド女学院という全寮制のお嬢様学校の創立25周年記念の文化祭が舞台になっている。1927年…わかんないですよね。昭和3年です。この年の9月1日に宝塚大劇場で「モン・パリ」初演の幕が開いた-そういう時代です。
文化祭のステージという体なので、観劇する我々は、1927年の父兄という体です。子どもたちは20世紀生まれですが、親世代は19世紀の人間ですね。エリザベート皇后暗殺とかも新聞で読んだかもしれません。(別に役作りして席に着いたわけじゃないけど[あせあせ(飛び散る汗)]
そして、上級4年生(高校1年生相当)の生徒による演劇「Daisy Pulls It Off」が、その文化祭の今日の演目という設定。出演者は、グレンジウッド女学院の上級4年生と先生方。上演開始前、大騒ぎしながら舞台に上がった生徒たちは、みんな舞台上できゃぴきゃぴきらきらしている[ぴかぴか(新しい)](スタジオライフの「Daisy…」という芝居自体はこの時点で既にスタートしているが、入れ子になっている文化祭公演はまだ始まっていない。入れ子といっても、劇中劇の外枠には、前後の校長訓示しかなく、一般的な劇中劇とは、だいぶ様子が違う。この演劇は、入れ子構造を用いることで、「つくりもの」感をMAXまで高め、そのことによって、逆に、ストーリーに織り込まれた「真理」を深い感動とともに客席に伝えている
演出の倉田氏がロンドンでこの作品に出合った時は、50代のおばさん女優たちが女学生に扮していたそうだ。そんな風に、あえてキャラじゃない人が演じること、素人の学生や教師が演じている体にすること、によって、この芝居の魔法が「かかりやすくなる」のかな[exclamation&question]
と言いつつ、実際に、女学生の中に、原とか藤原とかがいると、やはり恐ろしい…[爆弾]
ライフの公演は、基本がWキャストで、主要な役を演じてないサイドでも出演するのが基本。何の説明もなく、きゃぴきゃぴきらきらしている(しかも、裏キャスト用の鬘も用意していてやる気満々)なおっさんたちは、ひたすら怖いけど、なんか可愛かった[かわいい]
そんな風に思えたら、あとはもう、マジックにかかって突っ走ればいい[わーい(嬉しい顔)]

今回のWキャストは、「Shiny」チームが若手中心、「Mystic」チームが、別名ミスキャストチームと呼ばれるほどのメンバー。笠原がデイジーで「おちびちゃん」と呼ばれるとか、代表の藤原がじょしこーせーとか、何の冗談か、というキャスト。一方、「Shiny」チームも若さはあるものの、客演者が多く、人生初女装というメンバーも多数いる。
そういう構成の「Daisy…」を観ることで、あらためて、この作品の普遍的な魅力に気づくことができたのは、今回の収穫だったかもしれない。それだけでなく、「アドルフに告ぐ」の時に感じた、「スタジオライフという劇団の奇跡的演劇」という面も再認識した。ライフの役者にとっては、男役と女役、若い役と年寄役、二次元と三次元…そんな壁など、存在しないに等しいのだ!世の中には、男優と女優とライフ役者がいる[exclamation]そんなことを強く感じる公演だった。
なんたって、若くてお肌ツヤツヤの美形俳優より、50代であることをカミングアウトしている代表の方が、女子高生なんだもん[黒ハート]見た目じゃないのよね、ハートなの。観客は、ほぼほぼ女性なので、みんなその年代を経由してきている。数年前の人もいれば、数十年前の人もいるけど。そんな過去を思い出すとき、あー、こういう子いたわっ!って思えるのは、みんなライフの劇団員[exclamation×2]それってすごいなー[目]と思った。
あー、でも、もしかしたら、現役女子高生さんは、そうではないかも、とも思う。たとえ数年前でも、「既に郷愁の域に入ってしまった女子高校生」を彼らは演じているような気もするのだ。まるで、自分の学生時代が、「ホネスタ・クアム・マグナ」であったかのような幸福な錯覚…それが、「Daisy…」が愛され続ける理由かもしれない。
公立の学校から、奨学金をもらって私立の名門、グレンジウッド女学院に転校したデイジー。でも、グレンジウッドは貴族やお金持ちの子女が集まる学校で、公立の生徒を受け入れる土壌がない。先生も生徒もこのテストケースをおっかなびっくり受け入れている。
そんな中で起きる軋轢や、宝探しや、ホッケーの試合や、冒険などが、デイジーを本物のグレンジウッド生徒にしてくれる。それはまさに命懸けの冒険になるのだが、1927年という時代のイギリスってこんなだったかも…と思う。「キャンディ・キャンディ」と近い時代だよね[exclamation&question]
最後にずっと行方不明だったお父さんに再会できて、学校に隠された財宝も発見できて、そのお金がデイジー・メレディス基金になって公立に通う貧しい生徒もグレンジウッド女学院に通えるような制度が生まれる。デイジー一人が投げた石は、水面に「ヒンク・スペス・エフルゲット」の大きな波紋を広げていく。
心から楽しくて、あったかい気持ちになれた公演でした[るんるん]
今回は演出もだいぶ変わって、「文化祭」を意識したものになっていて、その、学生たちがアイデアを出し合って上演している感満載のステージが、ことのほかよかったです。

では、出演者ひとこと感想。

デイジー役。笠原浩夫は、「おちびちゃん」じゃないし、誰も笠原をお姫さまだっこできないけど、いつも口角を上げて、目を細め、笑顔で困難に立ち向かう笠原は、誰よりもデイジーだった。さすが、ミスター・スタジオライフ[ぴかぴか(新しい)]
宇佐見輝は、今回が初主演。ヒロイン経験はあるものの、女役の主役公演は少ないからね。でも、よかった。可愛かったし、どこから見ても女子高生だった、というか、女子だった[ひらめき]倒錯的手法を採って本質を描く「デイジー…」という作品でなくても、正攻法でデイジーを演じられそうな気がした。もう一度、数年後に、さらに上手くなった宇佐見のデイジーが観たい[exclamation×2]

トリクシー役。山本芳樹は、どこかふざけてる[exclamation&question]という印象が抜けないのだが、それでも保健室の辺りから、グッときた。隣にいるのが、笠原なせいか、ルックス的には違和感もなかったし。
客演の月岡弘一は、すごーく女の子に見えたわけではないし、超可愛かったわけでもないが、トリクシーとしてずっと宇佐見を見守っていた。そして、彼のトリクシーなら、詩が盗用された時、犯人はデイジーじゃないと信じてくれるだろうな[ひらめき]と確信できた。

シビル役。岩崎大は、想像以上に美人[ぴかぴか(新しい)]だった。そして、本当に学校のためにデイジーを追い出そうとしている純粋さみたいな部分も感じられ、かなりシリアスな芝居で作品に挑んでいた。でも、ちゃんと枠内におさまっているところが、岩崎もザ・ライフ役者[exclamation]
久保優二は、予想通り美しく意地悪なシビルだった。久保のシビルも数年後にもう一度観てみたいな。

モニカ役。藤原啓児が女子高生に見える自分にブラボー[グッド(上向き矢印)]と思った。私もプロのライファー[パンチ]でもね、岩にしがみついているモニカが、怯えて震えているのがホント愛おしかった。岩崎シビルとのやり取りも爆笑の連続。
松村泰一郎は、可愛かった。三つ編みがすごく似合ってたし。あと、ポスターの宇佐見・久保・松村は、どこからどう見ても女子だった。こんなに可愛いモニカは上演史上初めてかもしれない[かわいい]

その他、特に気になったキャスト。
ベリンダ役を客演した大橋典之は、ハネハネの赤毛のショートカットがよく似合って、委員長キャラがピッタリだった。
クレア役を客演した石田知之は、美人だった。他キャストに比べて上級生に見えたかどうかは疑問だが、生徒会長キャラではあった。同じ役を演じた曽世海司は、曽世らしい硬質な芝居で手堅く演じた。
アリス役は二人とも客演。宮崎卓真は、女子高生にはとても見えないかったし、ホッケーする姿が怖かった[あせあせ(飛び散る汗)]しかし、こういうおばちゃんっているよね…と思ったので、女性には見えたような気がする[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
山根大弥は、Mystic(おじさん)チームに一人放り込まれた感じだが、曽世の副キャプテンというポジションをしっかりと守り抜いた。
デイジーの母親とミス・グランヴィルは、曽世関戸博一の競演となったが、曽世の女役は、これぞライフだなー[ひらめき]と思う。いつの間にか、女性に見えるようになった…のか、こっちが鳴れたのか…。関戸は、現実世界のミス・グランヴィルの役作りをちゃんとしていて、その上で、彼女が演じる母親とミス・グランヴィル自身という役作りがとても魅力的だった。そんな風にリアルに演じてもやっぱり「デイジー…」になるということも含めて。
ミスター・トンプソンの谷沢龍馬(シングル)は、すごいハンサム[ぴかぴか(新しい)]客演なのに女子高生がやれなかったのは、ちょっと残念だが、ウィリアム大おじさまのような素敵なパパだった。

“今日は何の日”
【12月13日】
鈴木梅太郎が初めてビタミンの抽出に成功する(1910=明治43年)。

抽出されたビタミンは「オリザニン」と名付けられたとのことですが、現在はビタミンB1と呼ばれているようです。別名チアミン。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

藤波くん… [┣Studio Life]

最近、ずっと外部公演にしか出てなかったので、危惧しまくっていたのだが…

藤波瞬平くん、11/30付でStudio Lifeを退団だそうです。

ライフ芸というものがある一方で、そうではない役者を大事にして、ここぞという時に投入するのもライフ。

アドルフに告ぐ」特別篇は、そのライフの良さが出た奇跡の公演だったと思う。

それが最後のライフになっちゃったのね…[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

卒業後も追いかけます[exclamation×2]

また、Jr.1のみやまん(深山洋貴)も休団するとのこと。復活力でおなじみのJr.1なので、絶対また会えるって信じてます。

10年後にも少年やってください[黒ハート]

“今日は何の日”
【11月22日】
関西テレビが開局(1958=昭和33年)。

関テレって何チャンネルだっけ…8[exclamation&question]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「夢幻祭天」 [┣Studio Life]

お友達のEGIさんと待ち合わせして、後夜祭にだけ参加しました[黒ハート]

三連休は仕事の予定だったのだけど、実は、10日は仕事が終わってオフに。昼も見たかったな…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

会場は、ライブハウス。ワンドリンクを頼んで、ステージが始まるのを待つ。

後夜祭は、劇団員とファンとの交流タイムをたくさん取っていて、あちこちでファンと談笑する劇団員の姿を確認することができた。
(私もEGIちゃんも、そゆのは無理なので、二人で談笑してました。いいのか、それで[爆弾]

ステージは、石飛幸治&関戸博一の司会で行われた。

まず、関戸&宇佐見輝で、一曲。このイベントのために、宇佐見はギターを始めたらしい。1ヶ月半の練習で舞台に出るというのがすごい。しかも「保険」で出演したという八木澤のピアニカ(?)が、まさかの練習1ヶ月で…[爆弾][爆弾][爆弾]
でも、なんか、弾いてたからすごい[ぴかぴか(新しい)]

25分歓談タイムがあって、ふたたび、ステージ。
今度は、再び宇佐見が歌うという。そして、その伴奏にギターを抱えて登場したのが、山本芳樹。すごいな、芳樹先輩に伴奏させるんだ…[あせあせ(飛び散る汗)]でも、楽しそうだった、二人とも。
そして、宇佐見&曽世海司のデュエットも。曽世の優しいリードに、乙女心がピンクに染まる宇佐見を見る幸せ[黒ハート]

25分歓談タイムの後、再び、ステージ。
今度は、山本オンステージ。山本と石飛のデュエットもあった。最初、あれ[exclamation&question]となったところで、「もっかいやろ」と石飛が決断したのはすごいな、と思うし、その後、山本がやばそうになる(実は、奥田努と歌った回とは逆ハモりをやったらしい)とこで、支えて、ちゃんと綺麗なハーモニーになるとこまで、持って行った石飛のセンスもすごいと思った。
帝劇でミュージカルに出てる人なんだよ、この人…[exclamation×2]と思った瞬間…
そして、今日会場に来たライフの劇団員全員が舞台に上がり、「上を向いて歩こう」を歌った。
ギターは山本で、あれ…たしかドラムができる新人ちゃんがいたような…[あせあせ(飛び散る汗)]
久々に人前に姿を見せた及川健が、微妙に目立つ立ち位置だったのは、気を遣ってもらったのかな。なんか、歌声もよく聞こえた気がする。

アンコールも何も決めてなかったそうだが、最後に、もう一度、石飛&山本で、「糸」を。
ライフとライファーの「糸」がいつまでも繋がり続けますように。

“今日は何の日”
【10月11日】
新橋駅構内で列車が脱線転覆、日本で最初の鉄道事故となった(1874=明治7年)。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「BLOOD RELATIONS」観劇 [┣Studio Life]

The Other Life Vol.9
BLOOD RELATIONS―血のつながり―」

作:シャロン・ポーロック
翻訳:吉原豊司
演出:倉田淳

美術・舞台監督:倉本徹
音響:竹下亮(OFFICE my on)
照明:日下靖順(ASG)
照明オペレーター:西田俊郎(ASG)
衣裳:竹原典子
衣装スタッフ:砂田悠香理、矢作多真美
ヘアメイク:川村和枝(p.bird)
演出助手:平河夏、宮本紗也加

久しぶりの“The Other Life”だったが、これが想像をはるかに上回るビッグヒットだった[exclamation×2]

物語は、「リッヅィー・ボーデン事件」という19世紀末に起きた殺人事件を題材にしている。
(配役は、観劇した順にFateDoomで記載。一人しか書いていないのはシングルキャスト
アメリカのボストンの旧家ボーデン家で当主夫妻が斬殺された事件で、逮捕された次女のリッヅィー・ボーデン(青木隆敏)は、裁判で無罪となった。その10年後、一人の女優(松本慎也久保優二)が、この題材に挑戦することになり、役作りのためか、事件の中心人物、リッヅィーに接近する。
「リッヅィー、あなたなの[exclamation&question]
をキーワードに、物語は展開する。

実際の事件は、

  1. 物的証拠が乏しかった[ひらめき]
  2. 当時、近辺に強盗事件が多発していた[人影]
  3. 両家のお嬢さんが両親を斧で斬殺するなんて[がく~(落胆した顔)]

という理由で、「無罪判決」となり、とはいえ、真犯人も見つからず、事件は迷宮入りとなった。

リッヅィー・ボーデン事件の起きた、ボーデン家では、当主のアンドリュー・ボーデン(藤原啓児倉本徹)と後妻のアビゲイル(石飛幸治)、長女のエンマ(大村浩司楢原秀佳)、次女のリッヅィーが暮らしていた。当時、リッヅィーは34歳、エンマは実母が亡くなってからリッヅィーの親代わりということだったから、既に40歳にはなっていたのではないだろうか。
19世紀末という時代背景を考えると、これはもう、オールドミス×2という悲惨な一家である。

男の子のいないボーデン家の今後について、アンドリューは色々と考えている。そこに、アビゲイルの弟、ハリー・ウィンゲート(緒方和也奥田努)が、商売の話を持ち掛けたり、財産の名義書き換えを提案したりしてくる。
アビゲイルはアンドリューより若いので、この先、アンドリューが死んだ場合、彼女を快く思っていない娘たちから家を追い出される可能性がある。一方、財産をアビゲイルに持って行かれると、リッヅィーたちは、この継母が死ぬまで、自分たちの思い通りにやっていけない。
とはいえ、キリキリしているのはリッヅィーだけで、姉のエンマは、「お父様は私たちの悪いようにはしない」と信じているし、継母とも表面上うまくやっている。年齢的にも、この家で、継母とうまくやる以外、道はない。
一方、リッヅィーは、父親から、結婚話を聞かされ、激怒している。三人の子供がいるやもめが相手。すでに34歳になっているリッヅィーなので、そういう縁談しか来ないわけだが、そもそもリッヅィーは結婚する気がまるでない。
10年後の世界で、“レズビアン”を公言する女優を家に泊め、二人が一緒にいる時は、姉のエンマは2階から降りてこないというあたり、二人の関係性、およびリッヅィーの性的志向を想像すると、彼女がどれだけ、追い込まれていたかが理解できる気がする。
継母のアビゲイルも、リッヅィーと同じような状況で結婚を決意、アンドリューに嫁いだのだから、自分もそれなりの生活を望むなら、父親の遺産など狙わずに、与えられた縁談に従えばいいと、超上から目線。今の時代なら、「ありえない[exclamation×2]」の一言だが、時は19世紀末…ヨーロッパじゃエリザベート皇后が放浪の旅を続けている時代なんだから、リッヅィーのかたくなな態度は、やはり、当時の田舎町では特異な存在だったと思われる。
現実のリッヅィー自身がレズビアンだったという確証はないが、この舞台では、それを暗喩するような形で、物語が進んでいく。それを観客側が受け入れた方が、ドラマへの理解は深まると思う。
アイルランド人のドクター・パトリックと親交を重ねるなど、既成概念にとらわれない、アウトローな部分があるのも、そうすることで、「まともな結婚の話」が来ないようにしているのかもしれない。

男でありさえすれば、結婚などしなくても、たとえホモセクシュアルだったとしても、親の遺産を普通に相続することが出来るのに。
裁判で無罪を勝ち取ったのは、「女は、一人前の存在ではない」とする地域社会へのリッヅィーの復讐だったのかもしれない。すべての状況証拠がリッヅィーを犯人だと示唆していても、一人前じゃない女が、こんな残虐な殺人をできるなんて、彼らには認められない。それを逆手に取ったというか。
それはリッヅィー・ボーデンにとって、はたして完全な勝利だったかどうか…

では、出演者へひとこと感想

<リッヅィー・ボーデン>
青木隆敏…シングルキャストでの主演、劇団内での青木の立ち位置的に、私なんかは奇跡の主演だとか思ってしまったが、ホントによかった[黒ハート]青木らしい毒のある作り方で、倉田さんはこれを狙ってたのかな、という気もする。独特の声質も、口跡も、すべてが似合っていた。そして、美しかった[ぴかぴか(新しい)]ラストのセリフも睨みが効いていて、外連味があった。そういえば、大昔、すっぴんの青木くんにイベントでサインしてもらった時、海老蔵に似てるって思ったんだよなぁ…[わーい(嬉しい顔)]

<女優>
松本慎也…久保とのWキャストでなければ、主演は「女優」役のものだったかもしれない。なぜなら、両親殺害に至るまでの丁寧な心理描写を実際に演じるのは、女優役の方だからだ。ヘアメイクが今回本気出してたせいか、松本の美女っぷりがハンパなかった。数々主演している松本のヒロインっぷり、そしてやっぱり、地に足のついた演技力にはひれ伏すしかない。
久保優二…デビュー以来、久保はすごい[exclamation×2]と言い続けてきたが、さすがに松本との差は歴然だった。台詞も多くて、思いのほか噛んでたし。でも美しさは尋常じゃなかった[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

<エンマ・ボーデン>
大村浩司…意外とシリアスな作品に似合う人だなと思う。決して突出しない地味な女性。でも、頑固で、孤独な、田舎のオールドミス…見事に体現していたと思う。
楢原秀佳楢原のエンマは、品がある。たぶん、この田舎町には、このエンマに似合う男性がいなかったのだろう。だから、独身を通し、姿勢を正して生きているのだろう、と思った。継母に対して妹と同じ態度を取らなかったのも、彼女と同じ土俵に立つことを、エンマの静かなプライドが許さなかったのでは[exclamation&question]という気がした。「Lilies」の伯爵夫人に次ぐスマッシュヒットだったように思う。

<ハリー・ウィンゲート>
緒方和也…すごい調子のいい男で、一から百まで嘘のように聞こえる。こういう役やらせた時のリアリティーはすごい[ひらめき]
奥田努…誠実なように見えて、どこかでキレそうな雰囲気も湛えていて、こういう男はホントに怖いと思う。そこにガーッと怒りを向けられるリッヅィーの狂気すら、ハリーのキャラから伝わってくる。その一方で、同期の青木をすごーく支えてる感じも静かに伝わってきた。

<ドクター・パトリック・弁護士>
山本芳樹かるいなぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]Fate版は、リッヅィーがこれでもか[exclamation]と、男に失望していくのが、よくわかるキャスティングになっている。
曽世海司一見、誠実なように見えて、その実…という雰囲気がぷんぷん匂ってくる。でも、Doom版のリッヅィーは、そもそも最初から男に期待していない雰囲気もあるのだが。

<アビゲイル・ボーデン>
石飛幸治「牛のような」と言われるのが、ピッタリ。したたかであり、その立場なりの知恵も働く。リッヅィーの狂気を甘く見ていたのが失敗だったか。素晴らしい怪演でした[黒ハート]

<アンドリュー・ボーデン>
藤原啓児…メイクがすごく似合っていて、アメリカ人にしか見えなかった[ひらめき]優しい父親であろうとする一面もあるものの、リッヅィーを理解することはなかったし、女性が家を継ぐなんてことは、1ミリたりとも脳内になかった人。父権主義の権化。そういう部分が、すごく伝わってきた。
倉本徹やさしいお父さん。でも、女性を一人前に扱うことは発想にないので、血は繋がってなくてもハリーの計画に乘ってしまったのね…と思う。誰のことも見捨てないやさしさを感じるけど、同時に愚かさも感じた。

演技面では、ほんとに満足度高かったです。

ちなみに脚本では、ちょっと気になる点が。

  • 重大事って「じゅうだいごと」って読むかな[exclamation&question]
  • 「一発食わせる」って言うかな[exclamation&question]「一杯食わせる」か、「一発食らわす」じゃない[exclamation&question]
  • 「そうするよりほか、仕方ない」も、なんか違う気が…[あせあせ(飛び散る汗)]たぶん、過去形で使う表現な気がする…[爆弾]
  • メリーゴーランドの話をするところで、「上がったり下がったり」と言ってたけど、馬が上がったり下がったりするのは、「カルーセル」だと思う[むかっ(怒り)]
  • 「閻魔様に舌抜かれた」って、舞台はアメリカでは[exclamation&question]

“今日は何の日”
【10月3日】
土佐藩が大政奉還の建白書を将軍・徳川慶喜に提出(1867=慶応3年)。
(←旧暦。新暦では、10月29日となる。)
いよいよ、長かった江戸時代の終わる時が近づいています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「SKA-SKA AJA DE!」観劇 [┣Studio Life]

文化庁委託事業「平成28年度時代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
「SUKA-SUKA AJA DE」

作・演出:倉田淳
美術・舞台監督:倉本徹
照明:森田三郎
照明オペレーター:山崎佳代
音響:竹下亮
音響オペレーター:小川こずえ
ヘアメイク:二宮ミハル、山口梓
衣装:竹内陽子
振付:YOSHINORI
演出助手:平河夏、宮本沙也加
小道具:高津装飾美術
宣伝美術:田代祐子
プロデューサー:イビケイコ
協力:流山児★事務所、イッツフォーリ―ズ、劇団青年座、Studio Life
Special Thanks:エホ・ノビアニ
制作:公益社団法人日本劇団協議会
主催:文化庁・公益社団法人日本劇団協議会

文化庁委託事業「平成28年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」対象公演を観劇してきた。
スタジオライフが毎年参加している育成公演だが、少しタイトルが変わったようだ。芸術家…なのかな…俳優も…。(調べたら、5年前にいろんな育成事業のタイトルが統一されたらしい。それ以来、育成公演は、一度だけ「11人いる!」を観ているのだが、間奏がまだアップできていないため、気づけなかった[あせあせ(飛び散る汗)]前は新人公演もけっこう観ていたのだが、最近、なかなか…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]
育成対象者は、若林健吾、千葉健玖、田中俊裕、江口翔平の4名。Jr.11~13ってとこかな。宇佐見・澤井・久保あたりは入ってないけど、回数制限とかあるのかな。(以前は、何回か育成対象になっていた人を見かけたけど…)行政の事情はよくわからないが、客にとっては、そういうことはあまり関係ない。そもそも育成対象者によい役がついているとか、そういうこともないし[爆弾]
今回の作品は、ライフの昔の作品、アジアを舞台にしたオムニバス形式のシリーズから、短編を4作持ってきて再構成したもの。4つのドラマを繋ぐ役目をJr.7の関戸博一(ミセス・ロゼ)、Jr.9の堀川剛史(バック・パックの男)が担っている。そして、会場案内と導入部の“つかみ”を担う劇場係として、劇団代表の藤原啓児も出演している。
これらの作品群は、バブル時代、日本人が海外旅行に目覚めた時期を背景にしている。1985年のプラザ合意により円高が加速、安価に海外旅行ができることになって、日本人は世界中に旅立った。(私もそんな時代があった…)
特にアジアは、近くて物価が安いこともあって、多くの日本人観光客が訪れたが、にわかプチ金持ちの日本人だけに、トラブルが続出することとなった。
今回の公演、そんな旅先の「あるある」が出てきて、とっても身につまされるお話だった。

(配役は一部Wキャスト。Wキャストのところは、Aキャスト/Bキャストの順に記載しています。また、今回の公演は、流山児★事務所から甲津拓平さん、イッツフォーリーズから大塚庸介さん、青年座から中野亮輔さん、という三名の客演が公演に花を添えています。)

劇場係1(藤原啓児)の軽妙な前説(バブルの歴史とか…ね)から、機内アナウンスで笑いを取り…という間に、ドラマが始まっている。どこからともなく現れたバックパックの男(堀川剛史)を乗せて、飛行機は一路アジアへ。
三人の若者(大塚庸介・久保優二・千葉健玖)がアジアのどこかのお店で現地女性(中野亮輔・宇佐見輝・澤井俊輝)と楽しく踊っている。なかなか素敵な振付で、ダンスの練習も頑張ったことがうかがわれる。ただ娘役さんたちは、もっとキビキビ踊っても娘役らしさは失われないから、がっつり踊ってほしい。やわらかさを出そうとした部分が、逆に素人っぽく見えてしまい、少し残念だった。
朝日と共に、男たちはそそくさと去って行く。
舞台上では、楽しく歌い踊っていただけだが、アジア買春ツアーを暗喩しているのは、間違いない。
そこへ、ミセス・ロゼ(関戸博一)が現れ、彼女達と、問答のようなやり取りをする。
「いつもとおなじ」ことの大切さを知る娘達。かつて、いつもと同じでない恐怖を味わったと思われる彼女たちの屈託のない笑顔が印象的だった。
ミセス・ロゼが語る、「なかったことにしたがる男達」というのは、旅行者というよりは、現地在住のビジネスマンが現地妻を持って子供まで生まれたのに、任期が終わると日本に帰り、現地での出来事をすべて「なかったこと」にした事件がひとつやふたつじゃなくあり、国際問題にまでなった…ということを背景にしているのだと思う。日本人の血をひく現地の青年は、もうすっかり大人になっているだろう。日本人を恨んでいるだろうか。
ミセス・ロゼが昼にしか見えない星を望遠鏡で眺めていると、水を求めてバックパックの男がやってくる。ミセス・ロゼは男にオプショナル・ツアーを勧め、泉へと向かわせる。
バザールの喧騒の中、バックパックを奪われ、男はボコボコにされてしまう-

ここから、第1話「おみやげ」
観光地を訪れると、ツアーの一部にみやげものやがセットされている。
そこで至れり尽くせりのおもてなしを受け、のっぴきならなくなって、いらないお買い物をしてしまうNOと言えない日本人…という構図は、海外旅行「あるある」。また、現地の人が、なにげに日本語上手で、しかも聞く耳持たないってか、セールストークは上手だけど、こちらの話はどこまで理解してるのか…という感じで、コミュニケーションが不十分のまま、気がついたらお金払っている的な。しかも、けっこうどこの国の通貨も使えたりして、逃げ道塞がれてる部分あったり。
そんな中、日本円相当額と現地物価の間で、悩む観光客。日本で買ってもそれくらいする!という明らかにふっかけているものもあれば、現地的には通常価格でも、そんな安いものは土産に相応しくないと二の足を踏むもの(20円のネクタイとか)もあり…日本からの観光客が望む価格で売ってくれる店がなかなかなかった[バッド(下向き矢印)]
今回、ガイドのシムラー(大塚)に連れられて、カモを待つ店員A(甲津拓平)、B(澤井)の店先にやってきたのは、大学生のカップル。
ビビる男子大学生とおる(中野/田中俊裕)に対して、せっかくだからここで家族への土産を決めてしまいましょうと積極的な女子大生エリ(若林健吾/宇佐見輝)。そして商談が決まりかけたところへ、突然登場するのが、バックパッカーマン(久保/千葉)。世界各地を旅行し、現地に溶け込んだ日々を送っている彼は、値切りの技術に磨きをかけ、観光客を助けている。(本当に助けになっているかは微妙[爆弾]
おみやげ屋VS日本人の戦いが、デフォルメされた形で表現され、たぶん、とおるはまったく買う気がなかった大理石の壺を購入することになる。と、そこで、突然、エリが、もうひとつの壺を買うと言い出し、さっさと現金を出し、即決で有無を言わせずに持って行ってしまう。そういえば、女子大生最強時代だったな~[わーい(嬉しい顔)]
すべてが終わった後、店先で午睡から目覚めたのは、例のボコボコにされていた男(堀川)。そして、店員Aは、あんたの痰壺はさっき売れてしまった(とおるが買ったやつ)と、言う。ブラックだわーん[爆弾][爆弾][爆弾]

第2話「ガイド」
やたらとハイテンションなガイド(田中/中野)がアテネの観光地をガイドしている。
その後ろにピッタリと張り付いて、行動を共にする、観光客グループ。全員若い男性(吉成奨人・池田朋弘・古川創太・江口翔平・牛島祥太)。しかし、団体行動は、諍いを招きやすい。遅刻・いびき・トイレが長い・自慢話タラタラなど。それが一気に噴出して、一触即発状態になったところで、そんなトラブル防止のCMが始まる。
ここまでは、ながーい前置きだったらしい。
なんと、行っていないのに、行った気になる、行ったことにする旅行セットのCM。写真データを送れば、合成写真まで作ってくれるんだとか。もちろん海外土産も空輸してくれる。実際、こんな商売ありえないと思うが、バブル期って、本当に海外旅行に行きたくないひとまでも、見栄で行ったりしてたし、その時代を知っていると、なるほどね…と思っちゃう話。
若い出演者の勢いが、テレビショッピング的で面白かった。

第3話「ハナコケイコ」
バブルなOL(OLも死語かな)のハナコ(江口/久保)とケイコ(澤井/若林)が、人の行っていない場所を求め、アジアの民泊を体験する。
ケイコの髪形がやたら当時を彷彿とさせるもので、やめてー!という感じだった。時代感サクレツ[爆弾]そして、その髪型がやったら似合う、ちょっと昭和女子な若林くん[揺れるハート]
二人は、現地の地主オ・モテさん(大塚)の家に二日間滞在することになっている。そして、二人は心ない言動や、バブル日本人ならではの会話を繰り広げていく。オ・モテさんは、戦争中に日本軍の兵士から日本語を教えられ、孫達に自分の日本語が通用することを見せるために、今回の企画を引き受けたらしい。
彼にはウラ(宇佐見)という娘がいて、アル(千葉)ナイ(吉成)という孫がいるが、ほかに6人の孫を亡くしているらしい。
オ・モテさんは日本語を操るが、家族達はほとんど現地の言葉しか話せない。それが不気味な雰囲気を作っている。そして、思わぬラストシーンに繋がっていく。かなりブラックなお話でした[あせあせ(飛び散る汗)]
冒頭登場するニワトリは、久保くんと江口くんのWだったかな。なかなかの大熱演でした。そして、その熱演ニワトリを一発の吹き矢で仕留める、無表情な宇佐見くんが最強でした[黒ハート]

第4話「井戸のほとり」
これは、前にも観劇したことがある。こちらをどうぞ。
前田部長役を甲津、馬場を中野が演じたことにより、スタジオライフメンバーが演じる、アジアの若者たちが、よりファンタジックに見えた。最初に前田に興味を持つ老女には大塚ふたつの世界を繋ぐ役どころが見事だった。
アジアの国に駐在している馬場。そこへ、本社から視察にやってきたのが、前田部長。世界中を飛び回る商社マンだ。馬場はこの地に長いらしく、かなりやさぐれている。車が道の途中で故障してしまい、歩いて泉を目指す二人。アクシデントが起きた今、二人の力関係は逆転しかかっている。現地の生水も飲めない前田は、井戸水に「ピュア」という薬を入れたものを手渡され、そこに放置される。馬場は一人で電話のあるところまで行くらしい。やがて、井戸の周囲に現地人が集まりはじめ―
そもそも何を言っているかわからない(インドネシア語の先生が台詞の指導をしているとのこと)現地の若者たちが、老女が興味を示したことにより、前田部長とコミュニケーションを始める。やさしい海外交流のシーンが描かれるうちに馬場が戻ってきて、食事を振るまおうとした現地女性を突き飛ばす。抗議する前田の前で、さらに小銭を投げつける。
相当こじらせた馬場にとっては、現地の人間は敵でしかないし、彼らのごちそうを食べたら死んでしまうというのも本当なのだろう。(そもそも生水が合わないし、日本人は菌に弱すぎる)
でも、馬場、ひどいじゃん[もうやだ~(悲しい顔)]って思ってしまうのだ。より安い労働力を求めてアジアに進出した日本企業。そのあちこちで、こんな出来事が起きていたんだろうなぁ~[たらーっ(汗)]と思うリアルさだった。
前回、藤原が馬場役で、部長は若きエリートという感じで緒方和也が演じていた。そういう風に描かないとライフでは、「馬場ひどいじゃん[むかっ(怒り)]」な雰囲気が作れない。ライフの個性、そして客演の可能性を強く感じた公演だった。甲津の芝居に引き込まれまくった時間だった。
でも、中野のこじらせ感も捨てがたい。大塚は現地の人にしか見えない。

その後のリーマン風の男たちのダンスは圧巻だった。めっちゃ、かっこいい[黒ハート]
宇佐見の男役を観るのって初めてかも[exclamation&question]逆にすごいリーマンっぽかった。
すべて海外での日本人というテーマで貫かれているが、全部が違った見方のできる作品で、それを繋いでいるのが、今回はミセス・ロゼだった。せきどっち、厚化粧お疲れ様です[るんるん](前は曽世海司がタイガー・リリーになって登場していた)

楽しいアジアへのタイムスリップだったが、ウェストエンドで、休憩なし2時間はちょっとキツかったです[もうやだ~(悲しい顔)]

“今日は何の日”

【7月27日】
徳川家光、第3代将軍に就任(1623=元和9年)。
(←旧暦。新暦では、8月23日となる。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「THREE MEN IN A BOAT + ワン」観劇 [┣Studio Life]

PUB THEATRE
「THREE MEN IN A BOAT +ワン」

原作:ジェローム・K/ジェローム「THREE MEN IN A BOAT」
脚本・演出:倉田淳

美術・舞台監督:倉本徹
照明:山崎佳代
照明オペレーター:澤井俊輝
音響:宇佐見輝
音楽協力:竹下亮
衣裳:石飛幸治
演出助手:平河夏

「3MEN」3回、観劇してきました!
前回観た時は、三上俊がモンモランシーを演じていたから…もうずいぶん昔なんだなぁ~。感想はこちらです。どうやら、2010年だったらしい。
あの時は、どうしても東京公演が一度しか観られなくて、Wキャストの反対側を観たくて大阪に行ったことを思い出す。その時、出演していない吉田隆太の裏方っぷりがハンパなくて、まさか…!というイヤな予感がしたら、やはり制作に移っていた。そんな時期。たしか、全国行脚(公演の配達みたいな…)とか計画していたのも、この時期だった気がする。
大阪で観たのは、船戸慎士とか緒方和也とか…そんなメンバー。客席との会話から緒方のボケの才能に気づいた。
あの時、この作品が壮大なエチュードで構成されていることを教えてもらった。公演後に、質問コーナーとかがあって、船戸氏が丁寧に教えてくれたのだ。あまりに自由すぎる話が面白くて、原作小説も買ってしまった。
原作も面白いですよ[わーい(嬉しい顔)]原作小説の感想は、こちら

今回のキャスト
TEAM「MIND THE GAP」…ハリス=笠原浩夫、ジェイ=関戸博一ジョージ山本芳樹、モンモランシー=若林健吾
TEAM「ANYTHING ELSE?」…ハリス=深山洋貴、ジェイ=楢原秀佳、ジョージ=大村浩司、モンモランシー=曽世海司

「MIND THE GAP」-1回め[ひらめき]
いやー楽しかった~[黒ハート]
今回のキャストは、芸歴にかなり開きがある。
開場から開演までの間、ずーっとハリスとジェイとモンモランシーが、なんかやってるのだが、この時間がね、面白かったです。
あ、そもそもこの芝居、「舞台」という概念がない。客席の方が高くて、平場で演劇が行われている。
入場した観客は、彼らからいじられながら、席に着くことになる。自由席なので、迷っている客には、席を案内したりもしてくれる。この時間で客席がかなりあったまる。というか、客席参加型の作品なので、あったまらないと後で自分達がつらい。

進行を関戸に任せ、フリーダムに振舞う笠原が、あまりにも自由すぎて…。関戸が用意した懐中時計が“ワンピース”のものだってバラしちゃったり、骨に書かれた進行メモ読み上げたり…自由で可愛いなぁ~[るんるん]
これまでで一番楽しめた「3MEN」だったかもしれない。
遅れてきたジョージ役の山本は、この二人とは、すごく芝居の質が違う。そこが、またミスマッチで面白い。
また、ジョージ山本(山本譲二とかけてるのね!)だからか、演歌を含めて、ギター弾き語り、すごくいっぱい歌ってくれた。
若林モンモランシーが、またベスト配役。こんなにピッタリな役者がいただろうか、って感じ。こんな可愛い犬なら、私も飼いたい!
これ、全体的にベストキャストなんじゃない[exclamation&question]とワクてか[るんるん]
他の公演でも、笠原関戸が主役(男同士のコンビもの)を見てみたい。

「ANYTHING ELSE?」
こちらのキャストは、同期+ワンというのが売り。
なんともまったりとした三人に、騒がしい犬…という、変則的なキャスト。深山楢原のコンビは、不思議に英国紳士に見え、この二人のコンビも、別の作品を観てみたいと思わせる。
そして同期ならではの労わり合いみたいな部分が可愛くて、楽しかった。そこに容赦なく突っ込むモンモランシー。一場面、モンモランシーにトーク場面を与えたところが、このキャストの一番の特徴で、たしかに曽世に無言を強いるのはもったいない。
かなり自由度も高くなっていて、ハリスの不眠症すら出てこなかったような…。
で…フライパンの代わりに積み込んだのがバンジョーだったことをこの版で思い出した。あっちチームは、ギターを出したため、逆にバンジョーが出せず、熊手を出して来たんだ!と。こちらのチームはバンジョーを使用してオーソドックスに。
そういえば、「オブラディ・オブラダ」の歌詞前からあれだったのかな。全然覚えてなかったけど。「方丈記」や「草枕」を引用した歌詞が、曲にピッタリ合っていて、そして、茶化しているけど3MENたちの日常(そして、現代社会に生きる我々)のいろんなことを象徴しているようで、面白かった。
曽世がモンモランシーってどうなんだろう?と思っていたが、ダルメシアンが超似合っていて、犬だけど英国紳士という感じだった。

「MIND THE GAP」-2
相当に自由な笠原ハリスがだいぶ落ち着いていた。
あの自由さは、かなりの後輩である関戸の遠慮を取り払うための笠原なりの気遣いだったのだろうか[exclamation&question]
三人の対等感が自然なチームになっていた。そして、「可愛い」ことに対して「確信犯」となった若林の今後が楽しみ[わーい(嬉しい顔)]
無人島のネタに政治的なものがチラッと出てきて、そうだよね、彼らも一応、同じ世界に生きるニンゲンなんだよね…なんて、あらためて確認したりなんかして。(既にジェンヌと同じ、花園の住人的存在…[かわいい]

“今日は何の日”
【6月1日】
日本気象台が、天気予報を始める(1884=明治17年)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「トーマの心臓」「訪問者」トークショー思い出し [┣Studio Life]

前回公演「PHANTOM」の感想もアップしました。こちらが第1部、こちらが第2部です。 

今回の連鎖公演、シングルキャストだったこともあって、どちらも2回ずつ観劇するにとどまった。でも、うまいこと、トークショーの回に当たったので、印象に残ったことをおそすわけ[るんるん]

「トーマの心臓」の方は、倉田さんが司会をつとめ、「父と息子」をテーマに。
初演から20年経過して、年齢的にも父親役が違和感なくなったメンバーもいたりして。でも、ジュニ1の楢原さんがシドを演じているのに、シニアの笠原さんがオスカーだったりするから…なんか、「どうですか」って聞かれても不思議なのよね、実は。
微妙な空気の中、それぞれの感想が述べられ、もう時間ですよ…というところで、倉田さんが、それぞれのメンバーから「父への詫び状」を聞きたいという無茶振り。

実のお父さんへの詫び状。これがかなり面白かった。

特に、マツシンの話が最高だった。愛媛出身のマツシンは、年に一度も帰るかどうか。しかも、家に連絡をしないらしい。
というわけで、マツシンのお父さんは、主に「船戸さんのブログ」で、マツシンの生存確認をしているのだとか。時々、コメントまで書き込んでいるそうです。船戸さんが愛媛公演をされた時に、その場所は危ないですよ、みたいなコメントしたり。そういう交流があったりするの、ほっこりするなぁ。

父と息子の関係って、母と娘ほどべったりじゃなくて、反目しあうことも多いし、複雑にも見える。でも、そこには、我々女子にはわからない不思議な世界が広がっているような気がする。

一方、「訪問者」のトークは、関戸っちの司会で(アシスタント松村くん)、楽しいトークが展開した。
「トーマ…」も「訪問者」も、かつて河内さん(前代表・故人)の演じていたヴェルマ―氏や刑事バッハマンを演じている倉本さんに、そのことを聞くと、「次に召されるのは私かな…」と。いやいや、ずっと頑張っていただかないと困ります。

青木くんは、「劇団に入って16年、思い残すことがあるとしたら、は楢原さんと一度も共演しなかったこと…だったので、今回、夫婦役で嬉しすぎる[揺れるハート]」と。
劇中のオスカーの言葉を引用するなら、「楢原さんが僕から引き出してくれる感じ」だとか。
そんな、楢原グスタフと、休憩中バカ話をしている久保くんに対して、関戸っちも「すごさを知らないって逆にあるよね」と同情。
久保くん、青木くんも含め、「お二人の存在で新鮮な気持ちで舞台に立てる」と言ってましたが…[わーい(嬉しい顔)]
ちなみに、そんな久保くんの成長について、「前にも息子だった」@LILIES青木くんからも、成長を認めた発言。本物の久保母にも、ご挨拶したそうです。
楢原さんは、公演中、メイクさんにお化粧を直してもらっている時、笠原さんから「頬がこけた」と言われたそうで、「ダイエットしたかったので嬉しい」と言ってました。グスタフ役、大変なんでしょうね。
蛇足ながら、松村くんが、子役(シュテファン役)になるためにしていることは、「関戸さんのピンクの衣装を見慣れるように努力しました」だそうです[わーい(嬉しい顔)]

“今日は何の日”
【3月10日】
1945=昭和20年、東京大空襲。
約10万人が犠牲になったと言われている。
10万人…言葉もない数字です…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - ┣Studio Life ブログトップ