So-net無料ブログ作成
検索選択

落語に行ってきました! [┣コンサート・スポーツその他のパフォーマンス]

落語の会、またまたお誘いをいただき、行ってきました。


「第九回 古今亭文菊 SHINGO十番勝負」


古今亭文菊師匠(本名が“しんご”とのこと)が、大先輩の胸を借りて十番の落語会をやる…という会の九回目。(その昔、「新吾十番勝負」という時代劇があり、それにかけたタイトルだそうです。)


今回のゲストは、春風亭一朝師匠。
基本的に前座の方が一席、文菊師匠が一席、ゲストが一席、5分の休憩をはさみ、文菊師匠がもう一席、でお開きとなる構成。


まず、前座の春風亭一猿(いちえん)さんが、「松竹梅」という落語を聴かせてくれた。


職人の松五郎、竹蔵、梅吉の三人が、得意先のお嬢さんの祝言にお呼ばれし、なにか余興をやりたいと、物知りの隠居を訪れる。それで、ちょうど、三人の名前が松竹梅で縁起がいいから、その順に並んで、祝儀の言葉を述べるのがよかろうということになった。
そして、松さんが『なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった』。次に竹さんが『何の蛇になあられた』。最後に梅さんが『長者になぁられた』というオチを教わったものの、実は、梅さん、かなりのおっちょこちょい。本番で、全然違うことを言い出してしまう。最後には、“亡者になぁられた”とまで言ってしまって…という噺。
梅吉がイケてないのは重々わかりつつ、おめでたい席なので、松竹梅の順に並んで余興をする、という縛りが、三人を苦境に陥れる。その辺が面白いな~と思う噺だった。
短くて、わかりやすい噺だったが、前座の力で、たくさんの人物(少なくとも同時に、ご隠居、松五郎、竹蔵、梅吉の4人が登場する)を演じ分けるのは難しいなぁ~と感じた。


続いて、文菊師匠は、「四段目」
丁稚の定吉は、大の芝居好き。今日も朝から出かけたきり、戻ってこない。主が、お灸を据えようと待ち構えていると、戻ってきた定吉はしゃあしゃあと嘘を言って逃れようとする。
しかし、主の誘導尋問、「今上演中の忠臣蔵の見どころは五段目の山崎街道で、猪の前足を片岡愛之助、後ろ足を藤原紀香が演じているそうだね」に対して、ついつい、そんなことはない、自分は観てきたばっかりだと、語るに落ちてしまう。
こうして、お仕置きに蔵に閉じ込められた定吉だったが、鞍の中で、空腹を紛らわそうとして、忠臣蔵の四段目を一人演じているうちに盛り上がってしまう。
さらにリアリティを追求しはじめ、蔵にあった短刀を手に切腹シーンを演じようとしていたところを女中に見つかり、それを聞いた主は、腹が空きすぎて妙なことを考えたのかと、慌てて飯を届ける。
サゲは、「蔵のうち」(=内蔵(助))「待ちかねた~」と、どこまでも芝居の台詞。


演劇的な文菊落語が見事に花開いた噺だった。
今は亡き、団十郎さんの真似も、うまかったです[黒ハート]


続いて、本日のゲスト、春風亭一朝師匠「天災」


気が短くて喧嘩っ早い八五郎、ある日、ご隠居さんから「紅羅坊奈丸(べにらぼうなまる)という心学の先生を紹介され、訪問する。
最初は、「てやんでぇ、ちくしょうめ」などと言っているが、途中から、すっかり感心してしまい、自分も誰かにその教えを語ってみたくなる。
後半は、そんなわけで、「青菜」的展開。
新しい女を連れ込んだところへ、前妻が戻ってきて大騒ぎになっている友人のところへ行って、にわか仕込みの間違いまくった格言を次々に聞かせる。そして、「前の奥さんが飛び込んできたのも、すべて天がしたこと、天災と思って…」と諭すと、逆に、「テンサイじゃなくて、うちは、センサイ(先妻)でもめてるんだ」というサゲになる。


真夏の落語会ということで、絽の羽織をお召しだったのが、とても粋に感じました。
若い文菊さんを応援しようという感じの枕も素敵でした。


休憩を挟んで、再び、文菊師匠の「船徳」
これ、以前に上方バージョンを聞いたことがある。こちらですかね。
勘当されて船宿の二階に住んでいる若旦那が船頭になりたくて…という、だけで、展開は予想できると思うが、船宿の親方、船頭たち、女将さん、お客さん…と、様々な登場人物を見事に演じ分け、一人で演じるコメディといった雰囲気、素晴らしかった。


次回は、いよいよ、最後の10回目。11月14日とのこと。またぜひ行きたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:芸能

「カントリー」初日 [┣大空ゆうひ]

本日、7月12日から7月17日までの短い公演ですが、なかなかイギリス演劇らしい、面白い心理劇です。
ゆうひさんを敵に回したら恐ろしい…それに挑む二人の役者たちに乾杯[バー]

そして、もちろん、またまた新境地のゆうひさんにも、乾杯[ビール]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

花組振り分け発表 [┣宝塚情報]

現在上演中の「邪馬台国の風/Sante!!」終了後の花組の振り分けが発表された。


まず、新トップコンビが出演する赤坂ACTシアター公演「ハンナのお花屋さん」の出演者は下記の通り。


(花組)高翔 みず希、花野 じゅりあ、明日海 りお、瀬戸 かずや、白姫 あかり、芹香 斗亜、菜那 くらら、航琉 ひびき、美花 梨乃、仙名 彩世、羽立 光来、紗愛 せいら、真鳳 つぐみ、乙羽 映見、優波 慧、更紗 那知、千幸 あき、紅羽 真希、雛 リリカ、綺城 ひか理、碧宮 るか、飛龍 つかさ、茉玲 さや那、澄月 菜音、帆純 まひろ、凛乃 しづか、高峰 潤、音 くり寿、糸月 雪羽、泉 まいら、一之瀬 航季、咲乃 深音、愛乃 一真、芹尚 英、舞空 瞳、侑輝 大弥、桜月 のあ


そして、柚香光主演のDC&日本青年館公演「はいからさんが通る」の出演者は、こちら。


(花組)芽吹 幸奈、冴月 瑠那、鞠花 ゆめ、天真 みちる、鳳月 杏、桜咲 彩花、舞月 なぎさ、和海 しょう、華雅 りりか、新菜 かほ、水美 舞斗、柚香 光、桜舞 しおん、矢吹 世奈、城妃 美伶、春妃 うらら、峰果 とわ、亜蓮 冬馬、若草 萌香、聖乃 あすか、華 優希、和 礼彩、凜香 百音、翼 杏寿、太凰 旬、鈴美梛 なつ紀、朝葉 ことの、涼葉 まれ、詩希 すみれ
( 専科)英真 なおき


どちらも、主な配役は既に発表になっていますが、個人的には、全振り分けが発表されて、ようやく安心できました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

組替え! [┣宝塚人事]

組替えについて


2017/07/07


このたび、下記の通り組替えが決定いたしましたので、お知らせいたします。   


花組
芹香 斗亜・・・2017年10月30日付で宙組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。


朝月 希和・・・2017年8月28日付で雪組へ組替え
※2017年11月10日からの雪組宝塚大劇場公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』から雪組生として出演いたします。   


雪組
桜庭 舞・・・2018年2月12日付で星組へ組替え
※2018年4月27日からの星組宝塚大劇場公演(演目未定)から星組生として出演いたします。   


星組
綾 凰華・・・2017年8月7日付で雪組へ組替え
※2017年11月10日からの雪組宝塚大劇場公演『ひかりふる路(みち) 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』『SUPER VOYAGER!』から雪組生として出演いたします。


天彩 峰里・・・2017年12月25日付で宙組へ組替え
※2018年3月16日からの宙組宝塚大劇場公演(演目未定)から宙組生として出演いたします。   


宙組
華雪 りら・・・2017年11月20日付で星組へ組替え
※異動後に最初に出演する公演は未定です。


若手有望格の小規模な異動にも、色々と思うところはありますが…なんといっても、ここで重要なのは、花組2番手芹香斗亜の組替え。   


でも、2番手⇒2番手の異動って、本人的には、メリットないですよね。大変なだけで。
一番ありそうなパターンとしては、長期トップの下⇒退団決まっているトップの下みたいな形で、早く就任させるという…これなら、本人にもメリットがある。 
でも、今回は、トップ4年目に入った明日海の下から、これからトップに就任する真風の下になるわけで、これって、どう考えても就任延びるパターンですよね。 現状、明日海の下より、真風の下の方が早く就任できる、とは考えにくいから。
とすれば、真風の下の方が、まだ早く就任できる事情が、この先明らかになる、ということかもしれない。 つまり、少しも早くトップにしなければならない人材が、明日海の下に入ってくる、もしくは、明日海の後任になることが決まった、とか。


おっと…さすがにみりおくんの退団が決まったわけでもないのに、不謹慎ですね…


とにかく、この先の人事からも目が離せない、というところでしょうか。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宙組 次期トップコンビ決定! [┣宝塚情報]

宙組 次期トップスター、トップ娘役について


2017/07/07


この度、宙組 次期トップスター真風 涼帆次期トップ娘役星風 まどかが決定しましたのでお知らせいたします。
なお、真風 涼帆、星風 まどかの新トップコンビとしてのお披露目公演は、2018年1月12日に初日を迎える宙組東京国際フォーラム ホールC公演(演目未定)となります。


なんというか…うらら様の退団発表を待っての発表という感じですね。
先に発表したら、「じゃ、うらら様は[exclamation&question]」ということになっちゃいますからね。


…と、ちょっとだけおめでたい話に水を差してしまいましたが、トップ就任、おめでとうございます[黒ハート]


まだ、ちょっと、どんなトップコンビになるのか、想像できませんが、お披露目、楽しみにしています[黒ハート]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宙組退団者発表 [┣宝塚人事]

宙組 退団者のお知らせ


2017/07/06


下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   


宙組 朝夏 まなと -すでに発表済-


       瀬音 リサ


       彩花 まり


       涼華 まや


       伶美 うらら


                                      2017年11月19日(宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


       奏音 雅


                                      2017年7月6日付で退団


可愛い娘役さんたちが一気に退団するのね…というか…95期娘役、全員なのかっ[あせあせ(飛び散る汗)]


スポーツ新聞などで、美貌の娘役、伶美うらら退団と紹介されているのを見ると、やはり、美しいは正義なんだなぁ~と思います。
せめて、あと少し歌えたら…と悔やまれる…[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]


ありさちゃん、しーちゃん、まやちゃん…と活躍の目覚ましい生徒さんも…[もうやだ~(悲しい顔)]


どうか、最後のステージにたくさん活躍する場面がありますように。


そして、集合日退団は切ない…まだ、大階段降りられない学年なんだっけ…それにしても…ねぇ[爆弾]


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「RENT」観劇 [┣ミュージカル]

「RENT」


演出: マイケル・グライフ
振付: ラリー・ケイグウィン
装置: マーク・ウェンドランド
衣裳: アンジェラ・ウェント
映像デザインピーター・ニグリーン
日本版リステージアンディ・セニョールJr.
振付補: マーカス・ポール・ジェームズ
訳詞: 吉元由美
音楽監督: 佐藤真吾
照明: 高見和義
美術アドヴァイザー: 松井るみ
音響: 山本浩一
ヘアメイク: 宮内宏明
音楽監督補: 安崎 求
演出助手: 福原麻衣
舞台監督: 本田和男
制作助手: 田中景子、千葉文香
プロデューサー: 小嶋麻倫子
製作: 東宝


【観劇時配役】
マーク:村井良大
ロジャー:堂珍嘉邦※
ミミ:ジェニファー※
コリンズ:光永泰一郎
エンジェル:平間壮一※
モーリーン:紗羅マリー※
ジョアンヌ:宮本美季
ベニー:NALAW
(※印Wキャスト)


今回も行ってきました。
かつて、ケロさんが出ていた時の情熱はないけど[あせあせ(飛び散る汗)]やっぱり、一度は、行ってしまう…


感想は、ごく簡単に。
村井マークは、すごく日本人っぽい。世紀末のアメリカじゃない感が強いのはなんだろうなぁ。
日本語の変更も大きいのかもしれない。オープニングの語り「燃やす薪もないんだ」…これが気になる。「燃やす薪も、ない」だったんだよね、ずっと。その、あくまでも映像につけるナレーションのような、無機質な語りが、世紀末NYの片隅、今思えばどこが[exclamation&question]な、サイバーシティの一角の冷え冷えとした世界に、私を飛ばしてくれていたのかな、なんて思う。
マークのママの電話に始まる、家族たちの勝手な留守番電話の吹込みも、普通に近くなって、引っ掛かりが小さい。そういう外側のちょっとした違和感が、語り手のマークに反映されて、どうも違う感を醸成するのかもしれない。


堂珍ロジャーは、ミュージシャンだなぁ~と思う。
この役は、ミュージシャンが演じても違和感が少ないんだなぁ~とあらためて。日本初演がウツ(宇都宮隆)だもんねぇ~[るんるん]瞬間湯沸かし器的な感情表現がむしろミュージシャン向きなのかもしれない。


でもって、ジェニファーのミミは…えーと…[爆弾]
オペラじゃないんだから、ここまで体格のいいミミはどうなんでしょうか[exclamation&question]
「あんなに痩せて…」とか、笑ってもいいですか、と思ってしまった。
それに言いたくないけど、ミミは19歳だから。どうしてジェニファーを使い続けるのかなぁ。私には解せなかった。


コリンズの光永は初めて観た。低音が魅力的。
私の愛する米倉コリンズは永遠だけどねー。


エンジェルの平間だけは、狙ってチケットを取った。「ラディアント・ベイビー」を見て、クォンを演じる平間にエンジェルを想像したからだ。そして、そのカンは当たった。
このエンジェル、好きだぁ~[揺れるハート]


紗羅モーリーンは、ちょっとこれまでにないタイプのモーリーンに感じた。もしかしたら、ジョアンヌも演じることができそうな。
“むーーーーーー”のところは、客席のコールを全く期待していない演出になっていたが、それってどうなん[exclamation&question]
あと、“La Vie Boheme”の場面で、別の女子と浮気して、顔じゅう口紅だらけのキスしている…というのは、なくなったのね[爆弾][爆弾][爆弾]あれ、好きだったんだけどな。


宮本ジョアンヌは、嵌まり役だと思う。
“Tango Maureen”の場面、最高[黒ハート]


実はいいヤツ感の漂う、NALAWのベニーもいいなぁ~と思った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

推しの結婚 [┣矢崎広]

応援している俳優、矢崎広(29)が結婚を発表した。


なにげに「推しが結婚」とか、初めてなので、動揺中。


まあ、あれですよ、推しとか言っても、相手は「若手俳優」なので、そもそも、ファンではあっても恋ではない、とか思っていたつもりが…「おめでとう」という気持ちと「ちっ[パンチ]」という気持ちが交錯するのは、女というのは、いつまでも女なんでしょうね。


友人知人によれば、推しの結婚相手が芸能人の場合、自分がその相手を好きかどうかで、推しへの気持ちも変化するとか。


どうやら、そちらの心配はなさそうなので、家庭を持ち、さらに高みを目指す「ぴろし」を、ゆる~く応援していこうと、あらためて思った7月4日なのでありました。


(30歳直前に身を固めるとは、オトメだなぁ~[わーい(嬉しい顔)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「レジェンヌ」 [┣大空ゆうひ]

ゆうひさんがCVを担当するゲーム、「レジェンヌ」


でも、ゲームって、すべてのシチュエーションを体験できるとは限らないから、ゆうひさんが録音した全部の声は聴けないのかな…[もうやだ~(悲しい顔)]


そして、なんか、課金に絡んできそうでおそろしい…[爆弾]


誰か、私に、ゲームのいろはを教えてください[あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「ベルリンの東」観劇 [┣演劇]

「ベルリンの東」


作:ハナ・モスコヴィッチ
翻訳:吉原豊司
演出:小笠原響


美術:内山勉
照明:松井真澄
照明操作:松本由美
音響:井出比呂之
衣裳:樋口藍
演出助手:杉林健生
舞台監督:村田明
制作担当:栗原暢隆、松井伸子
著作権:Catalyst TCM Inc.
プロデューサー:名取敏行
製作:名取事務所


6月末の「屠殺人ブッチャー」からの連作上演。6月30日に「屠殺人ブッチャー」が終わり、7月1日から「ベルリンの東」が上演されるというスケジュール。なのに、佐川和正と森尾舞はどちらも出ている…すけぇっ[exclamation×2]
この「ベルリンの東」は再演なので、まっさらな状態から台詞を覚えるわけではないとはいえ…ありえない…[爆弾]
俳優さんの脳内はどうなっているのか、パックリと割ってみたいもんです。


タイトルの「ベルリンの東」というのは、ナチスの隠語で“東”がアウシュビッツを指していることから、付けられたとのこと。
主人公のルディ(佐川和正)は、パラグァイに住んでいるドイツ人。父は、パラグァイ人相手の不動産屋を営みながら、ドイツ人コミュニティの外に出ようとはしない人物。今でもヒットラーの誕生日を友人たちと祝っている。
学校でカエルの解剖が行われた日、級友のヘルマン(西山聖了)が口を滑らす。さすがおやじ譲りだと。
それでルディはヘルマンを詰問して、父親がアウシュビッツで人体実験をしていた医師だったことを知るのだ。ルディがヘルマンとホモセクシュアルの関係を結んだのは、父親への嫌悪がその根底にあったのは間違いない。
(ヘルマンは、ルディを本気で愛していたと思う。)
ルディは、ドイツに留学し、父の犯罪について調べようとする。そしてそこで、ユダヤ人学生のサラ(森尾舞)に出会う。二人はすぐに恋に落ちた。そして初めてアウシュビッツに見学に行った時、サラの妊娠がわかる。
結婚を申し込むルディだが、動揺を見せるサラ。それでも説得して、どうにか、結婚にこぎつけるが、その直前、ヘルマンがルディのもとを訪れ、ルディのいない間に、彼の素性を話してしまう。ルディは、サラに本名を告げていなかったのだ。
ルディがアウシュビッツでユダヤ人を人体実験の材料にしていたことを知ったサラは、ルディのもとを去り、電話にも出てくれない。
失意のルディはパラグァイの家に戻ってきた。ピストルを手に。そして、父の書斎のドアを開け―


衝撃的な幕切れだった。


ルディもサラも戦争には何の関係もない。けれど、逃れることはできなかった。
二人の間には、重い現実が横たわっていた。
そんな悲恋を縦糸に、もうひとつのドラマを作っているのが、ヘルマン。彼は、ルディの父親の正体をルディに知らせることで、彼を動揺させ、その動揺の中で二人は関係を持った。ナチでは、ホモセクシュアルもタブーなので、それを父親に見せつけることは、ルディにとって、これ以上ない父への反抗だ。
しかし、そもそもルディはゲイではなかったので、サラと恋をして結婚しようとしている。ヘルマンがそれを許せるはずはない。今度は、サラにルディの父親の正体を知らせる。それでルディを取り戻せるわけではなくても。ヘルマンの悲しい恋心が、この芝居の横糸になっている。


ルディの父は、こんな息子の人生をどう受け止めるのだろうか。


「屠殺人ブッチャー」とは全然違う、冷笑的なルディの長ゼリフを見事にこなした佐川和正、本当に素晴らしかったです[黒ハート]作品ごとに、全然違うキャラクターになってしまう彼の芝居の虜になってしまった…[揺れるハート]
森尾舞は、「屠殺人ブッチャー」のエレーナ役が印象的過ぎて、スカート穿いてるのすら、なんか違和感[あせあせ(飛び散る汗)]もう少し時間をあけて、観てみたかったかも。(それだけ、「…ブッチャー」の演技がすごすぎたんだけど。)
西山聖了は、ルディとの距離感を詰めていくところが超リアル。戦争もナチスも関係ない、「ヘルマンの悲劇」もまた、形を変えて今も生き続けているんだなぁ~と思った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇