So-net無料ブログ作成

落語に行ってきました! [┣コンサート・スポーツその他のパフォーマンス]

落語の会、またまたお誘いをいただき、行ってきました。


「第十回 古今亭文菊 SHINGO十番勝負」


古今亭文菊師匠(本名が“しんご”とのこと)が、大先輩の胸を借りて十番の落語会をやる…という会の十回目。
つまり、ファイナル[exclamation×2]
(その昔、「新吾十番勝負」という時代劇があり、それにかけたタイトルだそうです。)


今回は、いつものエコー劇場ではなく、紀伊國屋ホールでの開催[exclamation]
しかも満席[exclamation]
ゲストは、人間国宝、柳家小三治師匠[exclamation×2]


まず、前座の金原亭駒六さんが、「手紙無筆」を。今回は上演時間の関係で、18:30開演といいつつ、前座の開始は18:20。情報を知らないお客さんがゾロゾロ入ってくる中、噺を続ける…というのは、厳しい状況だったと思うが、動揺することなく聴かせてくれた。


無筆というのは、読み書きができない人のことで、職人の八五郎は、無筆だった。ある日、伯父から手紙が届いたので、「学がある」と吹聴していた職人仲間の通称“兄貴”に読んでもらおうと訪れる。しかし、“兄貴”は―
もう、どう考えても、兄貴も無筆なのに、どうにかやり過ごそうと、色々な手段を講じてくる辺りが笑いどころ。もしかしたら、もう少し長い噺なのかもしれないが、ジャスト10分で修了した。
口跡がよくて、とても聴きやすかった。味付けみたいな部分は、これから出てくるのだろうな。頑張ってください[黒ハート]


続いて、文菊師匠は、「厩火事」
「髪結いの亭主」という言葉があるが、髪結いのお崎の亭主は、仕事もせず、昼から酒を飲んでいるような男。夫婦はケンカが絶えず、ケンカのたびにお崎は仲人のところに相談というか愚痴を言いにやってくる。
業を煮やした仲人は、中国に孔子という偉い人がいて、ある日可愛がっていた白馬が厩の火事で死んでしまったと聞いた孔子は、馬のことより、弟子の無事を喜んだという話を聞かせ、同時に、麹町のさるお武家様は、瀬戸物に凝ったあまり、奥方が皿を持って階段を下りる際に、足を踏み外して下まで落ちてしまった時に、「皿は?皿は?」と皿のことばかり言ったために、離縁されてしまったという話もする。
そして、亭主が大事にしている皿をわざと割ってしまったら、亭主の本心が分かる、とお崎に伝え―
亭主は皿よりお崎を心配してくれたものの、ちゃんと落語らしいサゲが用意されている。


そこへ持って行くまでの、お崎さんの女心を丁寧に描いた辺りが、文菊さんらしいな~[揺れるハート]と思える一席だった。


続いて、本日のゲスト、柳家小三治師匠「出来心」
「出来心」は、以前、この「SHINGO十番勝負」でもかかった演目。あらすじは、こちらをご覧ください。
でも、さすが、人間国宝。
本題に入る前に、自由で長い枕がつき、俳句を披露されたり、フランク永井さんの「公園の手品師」という歌まで歌ってくれた。


「出来心」の方は、前座サイズの短い噺になっていたが、自由な語り口は変わらず、知っている噺なのに、爆笑していた。
体調不良でお休みされていたこともあって、心配半分で見ていたが、飄々としたベテランの芸風に、してやられた感あり。演劇でいうなら、江守徹みたいな感じかな。
こういう味を出してくるから、ベテランは恐ろしいのだ。 


休憩を挟んで、柳家小菊さんによる「粋曲」。
三味線を手にトークと「さのさ」や「都々逸」披露。
とっても粋な寄席の雰囲気を感じることができた。


最後に再び、文菊師匠の「抜け雀」
枕のところで、小三治師匠がたいへん上機嫌でお帰りになったと。そして、「どうして柳家の大御所の方は、歌いたがるんでしょうね~。我々古今亭には、いないタイプ」というような話に持って行く。
そして、江戸時代の旅において嫌われていたのが、「護摩の灰」と「駕籠かき(雲助)」であるとして、軽く解説をした上で、一文無しを泊めてしまった街道の宿屋夫婦の噺に入る。
一文無しなのに一週間も泊まった挙句、朝昼晩に一升ずつ酒を飲む。酒代だけでも支払ってほしいと言うと、居直って、金はないから、絵を描いてやると言い出す。やはり宿代が払えないから、と職人が作って置いていった衝立に絵を描くと言う。宿の亭主は、衝立だけなら売れば金になるのに、変な絵を描かれては売れなくなると思うが、男は強引に絵を描いてしまった。
それは雀の絵だったが、翌朝、亭主が部屋に行くと、朝日を浴びて雀が衝立を抜けてエサを求めて飛び立って行き、しばらくすると衝立に戻ってきた。この不思議な出来事はすぐに有名になり、とうとうお殿様が千両を出して買いたいというほどになってしまう。
ある日、一人の老人が宿に泊まり、この衝立を見るなり、この衝立には止まり木がないから、このままだと雀が死ぬと言って、止まり木を描かせろと言い出す。亭主はイヤだったが、老人に気圧されて絵を描かせてしまう。すると老人は、大きく鳥籠を描き、雀は、籠の中に収まったのだった。
またこれが評判となり、お殿様は二千両を出すとまで言っている。
そんな時、あの一文無しが、すっかり身なりもよくなって再逗留に来た。亭主はこれまでのいきさつを語り、鳥籠付の絵を見せると、男は涙を流して、この絵は父が描いたものです、と言う。
あなたがご立派になって、父上もお喜びでしょうと亭主が言うと、
「私は、親不孝です。父を籠描き(駕籠かき)にしてしまった」
とサゲる、というもの。


なるほど、あの、用語解説はこれだったか[exclamation]
と納得し、ここに至る物語を見事に聴かせてくれた文菊さんに感動のひとことだったが、帰り道、演目の解説を調べて、痺れた。


「抜け雀」は、その昔、上方以外では、志ん生師匠しかやっていなかったそうで、志ん生師匠存命中は、遠慮して他の人は演じていなかったと、書いてあった。
ああ、だから、枕のところで、軽いジャブみたいに「柳家一門」「古今亭一門」みたいなことを言ったのだ。
志ん生師匠から、弟子に受け継がれていった「古今亭一門」の大事な噺を、このファイナルに精一杯演じる[ひらめき]
ベテランには、抜け感の良さがあるが、今が旬の芸人は、フルスロットルの芸が見たい。今の最高を見せてもらったし、その気概も感じることができた。


コンプリートはできなかったが、この十番の間に、さらに魅力的になった文菊師匠。これからも応援していきたいです。


nice!(1)  コメント(0) 

2018年公演ラインアップ(花組) [┣宝塚情報]

集合日を迎えたばかりの大劇場公演「ポーの一族」終了後の別箱公演内容が早くも発表された。


2018年 公演ラインアップ【博多座】


2017/11/07


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【博多座】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


花組公演


主演・・・明日海 りお、仙名 彩世


◆博多座:2018年5月4日(金)~5月26日(土)


万葉ロマン 『あかねさす紫の花』
作/柴田 侑宏、演出/大野 拓史


博多座での「あかねさす…」は、2002年の春野寿美礼お披露目以来ですね。
その時は、中大兄皇子を主役にしたスタイルだったのだが、作品としての出来は、大海人を主役にした方が座りがいい。
でも今回、妻子のいる柚香に対してみずらの明日海というシーンが「有」なのだろうか。


レビュー・ファンタスティーク 『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~
作・演出/藤井 大介


大劇場・東京でも人気だったショー。博多再演は納得。えーと、サンテグラスどこいったっけ[exclamation&question]


バウホール公演は下記の通り。


2018年 公演ラインアップ【宝塚バウホール】


2017/11/07


2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚バウホール】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   


花組公演


主演・・・水美 舞斗


宝塚バウホール:2018年5月10日(木)~5月21日(月)


バウ・ラテングルーヴ 『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男—
作・演出/稲葉 太地


“CRUZEIRO(クルゼイロ)”とは、ポルトガル語で南十字星のことだそうです。
稲葉先生の作品で、バウホールでのショー仕立ての作品…というと、『インフィニティ』がすぐ浮かんでしまう。まっつファンなので。
あれは幸せな公演でした。
マイティも幸せな時間を過ごせますように。


nice!(0)  コメント(0) 

「ポーの一族」主な配役発表! [┣宝塚情報]

小池先生の脚本はまだまだ出来てこないのでは[exclamation&question]と、不安視しておりましたが、杞憂だったようです。集合日翌日には「主な配役」が大量に発表されておりました[黒ハート]


エドガー・ポーツネル… 明日海 りお
シーラ・ポーツネル男爵夫人… 仙名 彩世
アラン・トワイライト… 柚香 光
~*~*~*~
大老ポー… 一樹 千尋
カスター先生… 飛鳥 裕
老ハンナ… 高翔 みず希
レイチェル… 花野 じゅりあ
ブラヴァツキー… 芽吹 幸奈
フランク・ポーツネル男爵… 瀬戸 かずや
オズワルド/ポール・メイヤー… 冴月 瑠那
ウェディングドレスメーカー… 白姫 あかり
レダ/エレン… 鞠花 ゆめ
ビル/ハロルド… 天真 みちる
ジャン・クリフォード… 鳳月 杏
イゾルデ… 菜那 くらら
ジェイン… 桜咲 彩花
村長/ハリソン先生… 航琉 ひびき
キャロル… 美花 梨乃
村役人… 舞月 なぎさ
ドン・マーシャル/アボット支配人… 和海 しょう
マルグリット・ヘッセン… 華雅 りりか
牧師/オルコット大佐… 羽立 光来
イルリー乳母… 新菜 かほ
ユーシスの母… 紗愛 せいら
バイク4世/バイク・ブラウン… 水美 舞斗
市場の女… 真鳳 つぐみ
グレン・スミス/ジャック… 優波 慧
ユーシス… 矢吹 世奈
マーゴット… 城妃 美伶
エミリー… 春妃 うらら
ルイス・バード… 綺城 ひか理
レミ/マイケル… 飛龍 つかさ
ロッド/サミー… 亜蓮 冬馬
ペッペ/ピーター… 帆純 まひろ
ディリー… 音 くり寿
ビリー… 糸月 雪羽
ジョージィ… 聖乃 あすか
メリーベル… 華 優希
幼いエドガー… 鈴美梛 なつ紀


いやー、1本ものとはいえ、すごい役の数…[がく~(落胆した顔)]


小池先生&花組の皆様、頑張ってくださいっ[ぴかぴか(新しい)]


nice!(1)  コメント(0) 

次回月組大劇場公演出演者&主な配役発表! [┣宝塚情報]

来年2月に始まる月組大劇場公演の出演者が発表された。


(月組)憧花 ゆりの、綾月 せり、光月 るう、夏月 都、美弥 るりか、響 れおな、宇月 颯、玲実 くれあ、紫門 ゆりや、白雪 さち花、千海 華蘭、貴澄 隼人、珠城 りょう、早乙女 わかば、香咲 蘭、愛希 れいか、輝月 ゆうま、楓 ゆき、晴音 アキ、月城 かなと、優 ひかる、早桃 さつき、春海 ゆう、夢奈 瑠音、茜 小夏、叶羽 時、桜奈 あい、颯希 有翔、蓮 つかさ、海乃 美月、佳城 葵、朝霧 真、姫咲 美礼、蒼瀬 侑季、暁 千星、麗 泉里、周旺 真広、音風 せいや、清華 蘭、蒼真 せれん、美園 さくら、輝生 かなで、英 かおと、朝陽 つばさ、陽海 ありさ、風間 柚乃、蘭 尚樹、桃歌 雪、夏風 季々、空城 ゆう、妃純 凛、天紫 珠李、結愛 かれん、彩音 星凪、礼華 はる、花時 舞香、甲海 夏帆、佳乃 百合香、天愛 るりあ、菜々野 あり、蘭世 惠翔、柊木 絢斗、一星 慧、大楠 てら、摩耶 裕、羽音 みか、彩路 ゆりか、白河 りり、瑠皇 りあ、爽 悠季、まのあ 澪、あまの 輝耶、毬矢 ソナタ
(専科)京 三紗


※(専科)京三紗は『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』のみ出演いたします。


<主な配役>
青柳 誠二… 珠城 りょう
高崎 美波… 愛希 れいか
高野 悠… 美弥 るりか


以前上演された「Shall We ダンス?」の時は、登場人物がアメリカ人になってしまったが、今回は日本人のまま。
さてさて、どんな舞台になるのか、今からドキドキです。


nice!(0)  コメント(1) 

雪組新人公演配役決定 [┣宝塚情報]

初日まで一週間レベルになり、ようやく、新人公演の配役もすべて発表されたようですね。
本公演の発表時には、名前しかなかった登場人物の解説もいつの間にか追加されていましたので、一緒にご覧ください。


役名 解説 本公演 新公
マクシミリアン・
ロベスピエール
フランス革命における中心人物の一人 望海 風斗 綾 凰華
マリー=アンヌ ある目的のためマクシミリアンに近づく 真彩 希帆 潤 花
ジョルジュ・ジャック・
ダントン
フランス共和国司法大臣であり、
マクシミリアンの友人
彩風 咲奈 叶 ゆうり
~*~*~*~
タレーラン・ペリゴール フランスの政治家 夏美 よう 陽向 春輝
カミーユ・デムーラン 革命家でありジャーナリスト。
マクシミリアンの友人
沙央 くらま 永久輝 せあ
ルノー夫人 ルノーの妻 梨花 ますみ 彩 みちる
マリー=アンヌの母 - 舞咲 りん 羽織 夕夏
オランプ 女性運動家 舞咲 りん 沙羅 アンナ
ルノー 印刷工房の経営者 奏乃 はると ゆめ 真音
クレール 女性運動家 早花 まこ 羽織 夕夏
テロワーニュ 女性運動家 沙月 愛奈 夢乃花 舞
ポーリーヌ 女性運動家 千風 カレン 琴羽 りり
ジャン=マリー・
ロラン
ジロンド派議員 透真 かずき 叶海 世奈
マノン・ロラン夫人 ロランの妻。
通称「ジロンド派の女王」
彩凪 翔 星南 のぞみ
ジョゼフ・フーシェ ジャコバン派議員 真那 春人 鳳華 はるな
ジョルジュ・クートン ジャコバン派議員 久城 あす 眞ノ宮 るい
ルイ=マリ・
スタニスラス・フレロン
ジャコバン派議員 煌羽 レオ 星加 梨杏
ブランシュバイク公 プロイセン・
オーストリア連合の将軍
煌羽 レオ 眞ノ宮 るい
ルイ・アントワーヌ・
ド・サン=ジュスト
ジャコバン派議員 朝美 絢 諏訪 さき
イザベル 女性運動家 愛 すみれ 有栖 妃華
ジャック・ピエール・
ブリソ
ジロンド派議員 桜路 薫 汐聖 風美
マリー=アンヌの父 - 桜路 薫 叶海 世奈
ジャン=ランベール・
タリアン
ジャコバン派議員 天月 翼 朝澄 希
コロー・デルボワ 国民公会議長 橘 幸 一禾 あお
モーリス・デュプレ エレオノールの父 橘 幸 朝澄 希
ガブリエル・ダントン ジョルジュの妻 朝月 希和 優美 せりな
モニーク 女性運動家 妃華 ゆきの 美華 もなみ
ピエール・ヴェルニョー ジロンド派議員 真地 佑果 望月 篤乃
鳥売り - 華蓮 エミリ 真彩 希帆
フィリップ・ル・バ ジャコバン派議員 永久輝 せあ 縣 千
ビョー=ヴァレンヌ/
ルイ16世
ジャコバン派議員
フランス国王
叶 ゆうり 麻斗 海伶
オーギュスタン・
ロベスピエール
マクシミリアンの弟、
ジャコバン派議員
綾 凰華 真友月 れあ
エレオノール・デュプレ マクシミリアンの下宿先の娘 星南 のぞみ 桜庭 舞
フランソワ・ビュゾー ジロンド派議員 叶海 世奈 稀羽 りんと
デュムーリエ将軍 ジロンド派議員/
フランス共和国の将軍
鳳華 はるな 日和 春磨
マリー=アンヌの妹 - 夢乃花 舞 天咲 礼愛
ダヴィッド 画家 諏訪 さき 汐聖 風美
新聞売り - 諏訪 さき ゆめ 真音
ポール・バラス ジャコバン派議員 陽向 春輝 琥白 れいら
シャルロット・
ロベスピエール
マクシミリアンの妹 野々花 ひまり 花束 ゆめ
リュシル・デムーラン カミーユの妻 彩 みちる 野々花 ひまり
アニエス 女性運動家 桜庭 舞 涼花 美雨
フランソワ マリー=アンヌの恋人 眞ノ宮 るい 日和 春磨
フランソワ・アンリオ ジャコバン派議員 縣 千 彩海 せら


役が多すぎて、本公演も新人公演も一人何役も演じることになるようですね。


nice!(0)  コメント(0) 

「ポーの一族」退団者発表… [┣宝塚人事]

本日、2018年新春公演「ポーの一族」の集合日だったようで、退団者の発表があった。


専科 退団者のお知らせ


2017/11/04


下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   


(専科) 飛鳥 裕


2018年3月25日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


花組 退団者のお知らせ


2017/11/04


下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。   


(花組) 菜那 くらら
    紗愛 せいら
    矢吹 世奈


2018年3月25日(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


舞希 翼


2017年11月4日付で退団


飛鳥裕さんは、昭和51(1976)年入団で、近年は、夏美ようさんとの同期共演が微笑ましかったなぁ~[揺れるハート]


ななくらちゃん、小柄だけど、気持ちの良いシンガーで、年齢的な振り幅の広い演者だったので、残念。また、どこかで、歌ってくれないかなぁ…[バッド(下向き矢印)]


紗愛さんは、大人っぽい美貌の娘役さんで、たぶん、これから役が貰える時機になると思うのに…でも、そういう時、退団を決める生徒さん、多いのよね…[もうやだ~(悲しい顔)]


世奈くん…そっか、やめるか…[たらーっ(汗)]印念中佐、かっこよかったよ[exclamation×2]


そして、集合日退団は…あかんよ。


nice!(0)  コメント(2) 

宙組誕生20周年記念イベント! [┣宝塚情報]

宝塚歌劇宙組公演 宙組誕生20周年記念イベントについて

2017/11/03

1998年1月に誕生し、香港公演を経て、同年3月『エクスカリバー』『シトラスの風』が宝塚大劇場お披露目公演となった「宙組」が、2018年、20周年を迎えます。
これまでの多大なるご声援とご愛顧に感謝申し上げます。
この節目を記念し、3月の宙組宝塚大劇場公演に先立ち「宙組誕生20周年記念イベント」を実施いたします。
宙組出演者に、特別ゲストをお迎えし、宝塚歌劇団で最も新しい組の20年の軌跡を映像や歌唱で振り返ります。   

開催日時:2018年2月19日(月)18時30分~19時45分(1時間~1時間15分の予定)   
会場:宝塚大劇場   
構成・演出:岡田 敬二   

主な出演者(予定) (宙組)真風 涼帆、星風 まどか、寿 つかさ、美風 舞良 ほか
(ゲスト)姿月 あさと、和央 ようか、貴城 けい、大和 悠河、大空 ゆうひ、凰稀 かなめ(就任順)

※都合により出演者に変更が出る場合があります。   

料金 SS席5,200円、S席4,100円、A席3,000円、B席2,500円(税込)
※当日B席の販売はありません。(2階17列もB席2,500円で販売)
※来場者全員にプログラム付   


あれからもう20年か…
その時にはOGになっている朝夏まなとさんについては、今の時点では発表できないのかな。


これはプラチナチケットになりそうですね。


nice!(0)  コメント(0) 

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 [┣本・映画・テレビその他エンタメ紹介]

大好きな東野圭吾さんの小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が映画化されたということで、見てきました。 ネタバレもあり、辛口もあり、なので、これ以上は自己責任にて「続きを読む」からお入りください。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

星組振り分け発表 [┣宝塚情報]

現在上演中の大劇場公演終了後、来年上演される各公演への振り分けが発表された。


まず、トップコンビが出演する最後の中日劇場公演「うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA」の出演者は以下の通り。


(星組)万里 柚美、紅 ゆずる、七海 ひろき、如月 蓮、音波 みのり、大輝 真琴、紫月 音寧、夢妃 杏瑠、十碧 れいや、漣 レイラ、ひろ香 祐、綺咲 愛里、紫藤 りゅう、拓斗 れい、桃堂 純、華鳥 礼良、彩葉 玲央、澪乃 桜季、湊 璃飛、華雪 りら、七星 美妃、桜里 まお、隼 玲央、希沙 薫、極美 慎、きらり 杏、煌 えりせ、蓮月 りらん、碧海 さりお、草薙 稀月、星蘭 ひとみ、咲城 けい、紅咲 梨乃、奏碧 タケル、水乃 ゆり、鳳真 斗愛、瑠璃 花夏、侑蘭 粋、孔雅 といろ
(専科)凪七 瑠海


配役も発表になっていますが、ま、そりゃそうだろう…という部分だけですね。


<主な配役>
ルドルフ… 紅 ゆずる
マリー・ヴェッツェラ… 綺咲 愛里


専科のカチャがご出演ということは、ジャン・サルバドル=カチャということかな。とすると、かいちゃんは、何の役なのかしら[exclamation&question]


続いて、専科の轟悠主演のDC&ACT公演「ドクトル・ジバゴ」の出演者と主な配役は、以下の通り。


(専科)轟 悠
(星組)白妙 なつ、天寿 光希、輝咲 玲央、瀬稀 ゆりと、麻央 侑希、紫 りら、瀬央 ゆりあ、白鳥 ゆりや、朝水 りょう、有沙 瞳、天華 えま、天希 ほまれ、天路 そら、小桜 ほのか、蒼舞 咲歩、朱紫 令真、颯香 凜、夕陽 真輝、天飛 華音、都 優奈、澄華 あまね、星咲 希、紘希 柚葉、瑛美花 れな


<主な配役>
ユーリイ・ジバゴ… 轟 悠
ラーラ・ギシャール… 有沙 瞳


そして、「礼真琴ディナーショー」のメンバーも決まりました。


礼 真琴 ディナーショー(追)


2017/10/29


※タイトルと出演者が決定いたしました。


<タイトル> 『MOMENT』
<構成・演出> 中村 一徳
<出演者> (星組)礼 真琴、音咲 いつき、夕渚 りょう、遥斗 勇帆、二條 華


いーちゃんは、DSでしたね。男役2人女役2人というメンバーで、どんなコーラスになるでしょうか。


nice!(1)  コメント(0) 

茨城マルシェ [┣マイ・グルメとクッキング]

一度行ってみたいと思っていた「茨城マルシェ」に行ってきました。



マロニエゲートのある外堀通りを東京方向に向かって進み、高速道路の真下にある、茨城県のアンテナショップに併設しているお店。
念願かなって、行ってまいりました。


マルシェ.jpg


料理も茨城県産のものを使っていて、とても美味しかった。
そして、酒飲みの私には、茨城県のお酒をしっかりと出してくれたのが、嬉しい。さすが、アンテナショップのレストラン。


マルシェ1.jpg


特に今は、季節がら、この日本酒ひやおろし飲み比べセット(1000円)がおススメです。


nice!(0)  コメント(2)